お勧め本

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー
暗く悲観するよりは、今ダメだからさぞかし運気がたまっているなと、思うこともいいかもしれません。
このタイトルが励ましを与えてくれます。今、現状がダメだと思っている人が読むのに、ちょうどいいと思います。

欽ちゃん自身は第2弾を出そうとは思っていなかったようですが、まわりに勧められて書いたといいます。
思うに、この人は、人生においてバランス感覚があるんだなあと思います。

売れ出すとお金が一金に入ってくる芸能人は、やっぱり知らず知らずに有頂天になったり慢心したりすることがあるのかもしれず、それを自身で戒めているのが、欽ちゃんのもつ売れないまでの周りからの暖かな支えだったりするのだろうと思うです。
それを忘れないでいるからこそ、家族にも自分にも大きな不幸にまみえることなく、芸能界でひょうひょうとして生きてこられたのでしょう。

個人的には、第1弾の方がいいかなと思いますが、こちらの第2弾もいいことが書いています。
ぜひどうぞ。

続・ダメなときほど運はたまる (廣済堂新書)続・ダメなときほど運はたまる (廣済堂新書)
(2015/02/03)
萩本 欽一

商品詳細を見る










スポンサーサイト
この本の作者の飯島和一氏は、著名な文学書を辞退し続けた人で、出せば傑作を出すという人です。
私はこの人の小説、「黄金旅風」を読み感銘を受けました。
この内容は
江戸寛永年間、栄華を誇った海外貿易都市・長崎に二人の大馬鹿者が生まれた。「金屋町の放蕩息子」「平戸町の悪童」と並び称されたこの二人こそ、後に史上最大の朱印船貿易家と呼ばれた末次平左衛門と、その親友、内町火消組惣頭・平尾才介だった。代官であった平左衛門の父・末次平蔵の死をきっかけに、新たな内外の脅威が長崎を襲い始める。そのとき、卓越した政治感覚と強靱な正義感を持つかつての「大馬鹿者」二人が立ち上がった。

というものです。この2人の男が、まさに漢(オトコ)!であり、身近にいたらこの二人に絶対ホレるなと感じました。しかもどっちも背が高く顔が良く頭が良く、度量が大きく行動力に富んでいると、なっています。

この飯島氏の作品はとにかく、男が男らしい生き方をする人が多く出てきます。
もちろん、トリックスターといういうべき、嫌な奴や情けない男もいろいろ出てくるのですが、主人公がなんといっても魅力的でありスケールが大きく読んでいてしゃんとなるのです。

その飯島氏の最新の小説です。ワクワクして買いました。

そしてやっぱりというか、出てくる主人公のバックボーンとして、大坂町奉行所の与力でありながら、幕府の圧政に対して反乱を起こした大塩平八郎が出てきます。それを支える男たち一人の息子が、主人公です。
15歳になって流された島で、成長していく西村常太郎。
そして、それを支える暖かな周囲の人々です。

そうして読んでいくうちにP.80に木の種類だけれど、わからないものがありました。
「榀」
木辺に品が付くのです。
漢和辞典を調べたけれど載ってない字です。
前後の文章の難しい漢字にはふりがながふってあるのに、どうしてこれにはふりがながないのだろうと思いつつ、「やっぱり読み方がわからない?」と思いました。
友達に電話して尋ねてみたら、ええどうなんだろう?といいつつ、それは国字かもと言います。
国字は漢和辞典に載ってないというのです。

国字は,中国に典拠がないために誤りとみなす学者もいましたが,現在では使用の蓄積により,その存在が認められるようになってきました。 ... 実は,辞書に載っている漢字にも誤字はあり,あえて「譌字(かじ)」などと称して過去の誤字を載せることもあります。
そうだったのかと、感銘を覚えました。この年まで生きてきて、辞書に載る漢字と国字の違いを知らなかったのです。新しい知識を得て良かったです。

もっとも私が調べた漢和辞典は、小ぶりなもので、大辞典だと「榀」も載っているかもしれません。

そして、ネットで調べてみました。
IMEパッとの手書きで、木辺を書いて、品を手書きで、「榀」のを書くと、木辺の文字がいっぱい出てきてます。その「榀」、の上にマウスを置くと読み方が、こまいと出てきます。

どういう木なのかよくわからないのですが、ネットを立ち上げて調べたら、実はそれはシナノ木であることがわかりました。

シナの木「榀」

写真 「榀」=シナノキです。

ああと、納得しました。

「こまい」だけだと、そういう名前の木もあるんだ~と思っていたのですが、
シナノキとわかったら、よけいすっきりしました。山に入って気を見ても、どれがシナノキかわからないのですが、そういう木の名前は知っていたのです。

ここのところは、小説の中においてかなり大切な場面です。
できたら、この「榀」の字に、ふりがなを振っておいてほしかったと思うけれど、この小説はまだ読みかけですが、とても面白いです。

途中の段階ですが、ぜひ、お勧めします。

狗賓(ぐひん)童子の島狗賓(ぐひん)童子の島
(2015/01/28)
飯嶋 和一

商品詳細を見る
よく読む作家の本に三浦しをんのものがあります。

彼女の作品は、登場人物がどこか抜けていたり、世間的な基準と作品の中の人物の価値観がズレている人が多いのですが、その独特の世界が味わいがあります。
このまほろ駅前便利軒も、架空の街ですが、こういう街ってあるだろうなと思わせるものがあるのです。

あらすじは、架空の街、まほろ市の駅前に位置する便利屋、「多田便利軒」。
その経営者である多田啓介、そして彼の元へ転がり込んできた行天春彦。二人の下へ舞い込んでくる、どこか奇妙で、きな臭い依頼に係わっていくうちに、さまざまな人間模様が見えていく。痛快便利屋物語。

物語の舞台となっている「まほろ市」は、神奈川へ張り出した東京都南西部最大の街という設定であり、著者である三浦が在住している町田市がモデルとなっている。

東京都南西部最大の住宅街であり、歓楽街であり、電気街であり、書店街であり、学生街であるがゆえに、スーパーマーケットやデパート、商店街や映画館といった施設は軒並み揃っている。そのため、生涯を通して大凡のことがまほろ市内だけで済み、街から出て行く者が少なく、たとえ出て行ったとしても、また戻ってくる者が多い。作中に登場する「ハコキュー」、「小山内町」と言った地名や風景の多くは、町田市内に実在する地名や建造物をモデルとしている。


だけど、大人といっていい男性2人が、便利屋をしながら遭遇する事件(設定)が、普通、あり得ないだろう!と思いながらも、まあ、そういう事件があっても不思議はないかもと思わせるのです。便利屋の設定だから、人と人との出会い方や事件への巻き込まれ方が自然です。

これは第135回直木三十五賞受賞作品で、文藝春秋より出版されています。また、それを原作とした漫画、映画、テレビドラマも作られているだけあって、知っている人は多いでしょう。
漫画、映画、テレビドラマそれぞれで、この作品の楽しみ方が違ってくると思います。

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)
(2009/01/09)
三浦 しをん

商品詳細を見る


これが映画化され、俳優の名前で 瑛太と松田龍平の名前が出た時、私のなかでは、主役は松田龍平でした。松田龍平が、主人公の多田 啓介(ただ けいすけ)が頭に浮かびました。便利屋を営み苦労して働いている絵柄が自然にうかんできたのです。松田龍平が高校時代、仲間とワイワイとやっていく姿が彷彿されるのです。まあ実際の松田龍平の高校時代は知らないのですが、あくまでイメージであり、それがこの多田の基本性格だからです。

ちなみに、多田啓介は、まほろ駅前にて「多田便利軒」という名の便利屋を営んでいる三十半ばの男。十数年ぶりに再会した行天と生活を共にすることとなる。バツイチ。の設定です。

そして、瑛太が、行天 春彦(ぎょうてん はるひこ)だなと思ったのです。無口な感じと、妙に感受性が強いイメージと孤独で飄々とした雰囲気がぴったりだと思ったのです。
行天晴彦は、多田の高校時代の同級生。十数年ぶりに多田と再会し、彼の下で生活を共にすることとなる。高校在学中に右手の小指を切断した過去がある。多田と同じく、バツイチ。という設定です。

ところが実際の映画では多田と行天が、私のイメージしたのと反対の役になっていました。

多田啓介 - 瑛太
行天春彦 - 松田龍平

これが本当の配役です。

う~ん、
そう来るか~という感じです。
この2人の俳優はどちらも個性的ですが、私のイメージした配役について、どう思われますか?
なんか、そちらの配役で作っても良かったんじゃないだろうかと、思われないですか?私と同じくそう思ってくれる人がいたら、嬉しいです。

と言っても、別にこの映画が悪いと言っているわけでないので誤解しないで下さい。
まあ、この辺の、そう来るか~という感覚も含めて、楽しめる作品です。

まほろ駅前多田便利軒 スタンダード・エディション [DVD]まほろ駅前多田便利軒 スタンダード・エディション [DVD]
(2011/11/02)
瑛太、松田龍平 他

商品詳細を見る
男女年齢問わず、生まれてから一度も人生で、トラブルや嫌な出来事にであったことなく、ストレスを感じず、心に傷を持ってない人はいないんじゃないかと思います。

その傷をどう自分で、どういう見方をし、どういう風に納得させ、人生をよりよくするものにしていけるかが、ポイントだと思っています。運命を呪い、周りの人々に当たり散らしたり、アルコールやクスリに走っても、一時的には忘れることはあるでしょうが、それ自体が新しい傷を作ることになると思います。

ではどうしたらいいか?

それを教えてくれているのがこの本です。

この著者は、デイヴィット・バーセリ博士は、15年にわたって、アフリカと中近東の戦争に引き裂かr多国々に住んでいました。それゆけ、平和な日本で生活する以上に過酷な場面に遭遇しています。
それゆえに、受けたトラウマ(心の傷)も、深く強いものです。PTSD心という的外傷後ストレス障害についても、丁寧に書かれています。

この本は2001年の9:11の出来事、9月11日にアメリカのニューヨークで起きた同時多発テロで、世界貿易センタービルとペンタゴンに旅客機が突っ込んだことによる、心の傷を負った人たちに対して書かれいるといっていいものです。
しかし、日本でも2011年の3月11日の、東日本大震災の津波で、突然、家族を失った人たちにも当てはまる内容になっています。

トラウマが私たちの心と体にどういう影響を与えるか。

恐怖を感じて震えることがいかに大切か。
この震えという動作を通じて、脳が恐怖を解消しようと処理しているのです。

私たちが見てきたすべてのことから、震えは筋肉組織を離ラックうすさせえようとする身体の自然のメカニズムだとわかりました。それはDNAの中に組み込まれています。震えが私達の遺伝子に組み込まれているのです。P.204

そしてTRE(トラウマ解消エクササイズ)という運動をデイヴィット・バーセリ博士は考え出しました。この運動は。博士自身の経験から作り出されたものです。
それはしっかりやれば30分くらいかかります。しかし年をとってもできる体操になっているので、これをしたら、仕事柄ショックな現場に遭遇しやすい消防士、警察官、過去に軍隊で戦場で戦った兵士の、トラウマがかなり改善されたそうです。

避けれないトラウマを避けようとするより、トラウマを与えらえてから、そのトラウマを解放した雛が、前よりも回復力が強くなっていた、という事例は、勇気がでます。

ぜひ、このトラウマ解消運動をやってトラウマを解消してもらいたいなあと思います。

人生を変えるトラウマ解放エクササイズ人生を変えるトラウマ解放エクササイズ
(2012/05/08)
デイヴィッド・バーセリ

商品詳細を見る
おいしい博多出張おいしい博多出張
(2014/12/10)
宮崎由希子

商品詳細を見る


博多を含む福岡市は住みやすいところです。
食べ物は美味しい、女性はきれい(と巷で言われています)、海と山とに囲まれた自然とコンパクトにまとまった都会が、程よく混ざり合っている利便性、何といっても天神から福岡空港まで地下鉄で11分、260円で行けるこの便利さ。夜ゴミを収集するので、街が清潔。
他にも挙げれば、人が親切で、お祭り好き、新しモノ好きで、明るい気風などあります。
東京在住の人から見たら、福岡はマンションの広さに比べて、家賃や分譲の金額がとんでもなく安いということです。

と、もろもろ良いところはあるのですが、欠点を挙げるなら人口の男女比。福岡市は、どこの地域も、どの年代も女性が多いのです。福岡市では、適齢期の男性一人にトラック一杯の適齢期の女性、と言われるほど、結婚適齢期の女性にとってはアンバランスな具合になっています。婚活女性には大変なところです。もっとも、これは福岡市に限らず、田舎の県や地方都市では、珍しくないことでしょう。まあ、それでも、どんな田舎で男性が少なくても、結婚する女性はいるし、これは縁があるかないかになるのでしょうが・・・。

というせいなのか、とにかく福岡は独身女性が多いです。しかも、可愛く、きれいで情の篤い女性が多いときています。それも博チョン族(博多で独身で働いている男性)には人気にある理由でしょう。言葉をかえせば、独身男性で福岡に住んでて彼女ができなくてどうする!といった感じですが(笑)

そういう中で、この著者が、独身なのか既婚なのかはわかりませんが、福岡ライフを食を通して十分楽しんでいるのがわかります。
写真で紹介されているのは40の飲食店
中には私も行ったことのあるお店もありますが、女性の著者が出かけて行き、居心地良いと感じたところがわかるラインナップです。

ペスコ・ベジタリアンの私は、お肉関係のお店は行くことないかもしれないですが、この本のお店を、女友達に教えてあげようと思います。きっと喜ばれるだろうなと感じます。女性が満足するお店の基準は、美味しいだけではダメです。インテリアが素敵でないと美味しさも半減するし、お店のトイレが汚いと、たとえ安くて美味しくても二度と行かないというのはあります。
私が行ったことがある、この本にあるお店はトイレがきれいだったので、この本にある他のお店もたぶん、そういうレベルだと思います。

また、本にあるお魚関係のお店は、ぜひ、行ってみようと思うお店です。特に柳橋連合市場の中のお店は、前をよく通るのに一度も入ったことがないので、ぜひこの本のおすすめのお店に行こうと思います。
コラムでは屋台の魅力も挙げています。私は屋台に行くことがほとんどありません。だいたい近所の個人でやっているお店が多いです。

福岡以外にお住まいの方も、福岡に出張に来るときに、ぜひこの本にあるお店に行かれると、満足度が高くなるでしょう。

images4T7J95JC.jpg

今回もお読みいただきましてありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

ともに成長し健康貢献のできる、ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

 驚きの美肌になる3日間酵素ジュース断食のご案内

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ

本日のアクセス 400! (^^)







 / Template by パソコン 初心者ガイド