お勧めDVD

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

今日は、DVDで
KANO~カノ 1931海の向こうの甲子園
を見ました。

KANO.jpg

全編3時間の長編ですが、見どころたっぷりです。
特に弱小の野球チームが日本人の監督を得て甲子園に行くまでの前半と、甲子園に行ってからの後半の部分に大きな感動があります。
漢人(台湾人)、蕃人(台湾先住民)、日本人の三民族が混成になったチームです。
そこに日本人の近藤兵太郎が野球部の監督になり、徹底的に彼らを鍛え上げていくのです。

1931年、あの当時の人たちの素直で素朴な生き方がとても魅力的に描かれています。台湾の田園風景のみごとなこともこの映画を魅力的にしているのかもしれません。日本人技師である八田與一のダムと水路のエピソードもいいです。

これが実話というところがまたいいです。
またケガをしても最後まで投げたいと思う台湾人の球児の姿は、国を問わないのだと思いました。日本人の高校球児でもそういう人は何人もいたので、やっぱり甲子園というのは、そういう気持ちにさせるところなのでしょう。

負けた北海道の投手が、このチームを応援するところが、国を超えて素晴らしいものを認める日本人の度量を示しているかのようです。その彼が数年後、このKANO(嘉農=台湾農業高校)の練習場所を見に行って、こんな狭いところだったのかと感慨にふけるところもいいです。

けっして恵まれた環境でもないのに、みなが地道な練習を積み重ねて、甲子園という大舞台に出て、そこで決勝まで残るという奇跡。
しかし、それは単なる運の良さではなく、彼らの持っている資質が最大限に引き出され花咲いたものであることが明白です。
そして甲子園の応援席にいる日本人の観客たちが、日本のチームではなく、台湾のカノを応援してしまうところにも、ホンモンは国境を越えて共感されるのだと感じました。

おまけ

映画の舞台の嘉義市



嘉義に行ったら絶対に見ておきたい烏山頭水庫と八田與一記念館(台南)

今回もお読みいただきましてありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

by:schani
by:schani

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

ともに成長し健康貢献のできる、ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ

本日のアクセス 400! (^^)


スポンサーサイト
これはアメリカの大富豪の話です。
しかもドキュメンタリーなので、俳優ではない実際の人の記録映像です。



無一文から稼いでアメリカでも有数の大富豪になった夫婦の過程を撮っていくうちに、リーマンショックがあり、その影響でこの夫妻が大没落していくのです。それが計算されたものでないというところがポイントです。

夫婦のどちらも生まれた時は貧乏でしたが、夫のデヴィット・シーゲル氏が、仕事で大成功して富豪になりました。そして家庭を顧みず、離婚しています。
奥さんのジャッキーは、元ミセスフロリダです。頭がよく高校の時からウェイトレスやモデルのアルバイトしながらも勉強して、大学に行きIBMに入ります。そして結婚。しかし、最初の結婚は、失敗。このジャッキーは、ミセスフロリダにもなっているように、頭が良く美人です。×一の時に、現在の夫、デビット・シーゲル氏に見初められ結婚。二人は再婚同士です。

2000年に31歳という年の差を超えて結婚し、2人の間には7人の子どもがいます。そして妻は姪を一人を引き取っているのです。この娘がとても冷静です。おまけに白い犬もたくさん飼っています。
夫のシーゲル氏は、お金があるせいか若い娘、若い娘にへと目が移って行っています。

このシーゲル夫妻を見ていると、お金を使っているけれど、文化の香りが感じられません。たぶん買ってくるものがアメリカ的なものだからかもしれません。アメリカンドリームを体現した大金持ちの生活です。すごいですが、なぜか、バラエティー番組を見ているようで可笑しくなって笑ってしまうのです。だから、あこがれるか?となると微妙に違うのです。

この夫妻が大邸宅を建設しようします。ベルサイユ宮殿そっくりな家で総工費は100億円。さすがアメリカ人!スケールがでかいです。アメリカ最大規模で、ホワイトハウスよりも大きく、テニスコートにプール、スパはもちろんのこと、野球場にボーリング場、500人収容できるパーティーホール、洞窟には滝、ひいては核シェルターまで建設するという、とんでもない大豪邸です。
その建設途中で、リーマンショックがあり、夫妻はものすごい額の借金をおいます。1200億円です。抵当にいれていた建設中のベルサイユ宮殿ちっくな邸宅も手放すのです。雇っていた使用人19人も3人に減らします。

ただこの妻のジャッキーが人が良く、お金に執着しないので、見ていて救われた気分になります。困っている友達にお金を送ったり、自分がお世話になった人に対して、ちゃんと礼儀をつくしたり。夫が解雇した社員たちを可哀そうに思ったり、子供たちやペットを可愛がっており、いい人なところが、見ていてほっとします。それに、もちろん、高価なドレスやバックや靴も売りに出そうとしています。

しかし、一旦ぜいたくすると、生活をつつましくすることができないのか、頭では分かっていても無駄な買い物をして、解雇しなかった子供たちの乳母からさえ止められる始末。ワゴンにびっしり買い込んだビニールの買い物袋が、ごみ袋に見えてくる不思議さです。倉庫には子供たちの自転車が数十台もあるのに、まだ自転車を買ってくるし。
地頭はいいジャッキーですが、それも子供たちが喜ぶならともかく、なんか面倒くさそうにプレゼントの包装紙を破るのです。また、屋敷の中が、モノがあふれているせいかゴミ屋敷に見えるのです。いっそのこと、貧乏になったからクリスマスプレゼントは無し!という方が子供たちにとってもいいことかもしれないと思うくらいです。

それでもまだ、一家は大邸宅には住んでいるのですが、モノがあるとと、部屋が広すぎて掃除が行き届かないのか、犬のフンがあちこちにある始末。私なら、これが自分の家として画像に残ることが耐えられないのですが、これはアメリカ人の神経だからでしょうか?
それこそ、断捨離して掃除をし、あるいは潔く、小さなうちに引っ越して住んでいたら、この夫妻はもっといい形で解決できるような気がしますが、これも他人事なればこそ言えることでしょう。

他人事だから笑える部分もあるけれど、これはドキュメンタリーです。
この夫妻には、日本でいうところの長者(いわゆる大金持ち)の智恵が足りてなかったようです。「じゃあ、あんたは偉そうに書いているけれど、どうなん?そういう智恵があるんかい?」と問われたら、私もこの智恵がどこまであるかわからないということはあります。
それこそ代々続く、ヨーロッパの貴族の考え方や生活ぶりを参考にして、お金をとりあつかう智慧を身に着けるようにしておかないといけないなあと思いました。お金があってもお金に溺れないようにしておかないと、庶民がいくら自分で稼いで大金持ちや富豪になっても、お金によって人生がふりまわせれてしまうんだなあと思いました。

この夫婦は今はどうしているのかわかりませんが、すくなくともジャッキーは人から好かれるので、何とかやっていけるでしょう。また元気で復活し、どうせなら、建設途中のベルサイユ宮殿のような大邸宅も作ってもらい、その生活も見せてもらいたいなあと思います。

クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落 [DVD]クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落 [DVD]
(2015/03/06)
デヴィッド・シーゲル、ジャッキー・シーゲル 他

商品詳細を見る


今回もお読み下さりましてありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。
 / Template by パソコン 初心者ガイド