私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2009/081234567891011121314151617181920212223242526272829302009/10

 このところ急速に秋を感じるヒュギエイアです。いつも長い記事ですが今回はさらにものすごく長い記事を紹介します。これも本山さんのHPの過去のものですが、今私のまわりには小さな子供さんを子育て中の人が多いし、新型インフルエンザに備えて予防接種をお子さんにしようと思う親ごさんもいらっしゃると思いますので、そんな方々にぜひ読んでほしいと思ったのです。
私は以前これをを読んで、小学生の頃、ンフルエンザの予防接種の注射をさせられた後はいつも高熱を出して寝込んでいたことを思い出しました。

予防接種の害...2007年3月31日
http://homepage2.nifty.com/motoyama/my_bbs3.htm#mybbs304
 『キッズ・トラウマ』(由井寅子著、ホメオパシー出版)の第3章、由井寅子さんが2002年11月10日に熊本で行った講演「予防接種と出産」を紹介する。
 由井寅子さんの経歴欄を見ると、ロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー学長、HMA認定ホメオパス・名誉会員、Ph.D.Hon(ホメオパシー博士)となっており、日本におけるホメオパシーの第一人者のようである。
 『キッズ・トラウマ』の第3章のタイトルは「予防接種の害」で、講演で語られる内容は、知らなかった人には衝撃的なものとなると思う。子育てをされている親御さんには、ぜひ読んでいただきたい内容である。

・・・<由井寅子さんの『キッズ・トラウマ』の第3章から抜粋>・・・

 まず、今回“予防接種”をお聞きにおいでになった方というのは、手をあげて(パラパラと手があがる)。そうでもないのか。でも、これも大事よ。産婆さんにとっても、知っておいたほうがいい。私が一番困るのは、産婆さんが「予防接種をしたほうがいいよ」と勧めたり、「フッ素を歯に塗ったほうがいいよ」と勧められると困るんだわ。町の女医というのは、どちらかというと産婆の役目なんですよ。「だんなが殴るんです」という相談も受けるわけでしょ、産婆さんというのは。人生相談やどう生きるかといったことも教えなければならないですしね。ですから産婆さんは、何が本当に正しいこと、自然なことかということを分かって、正しく指導できなければならない。予防接種もどれだけ体に悪いかということを知っていたほうがいいわけです。ただ、体に悪い、悪いというだけではだめなんで、なぜ悪いかというのを今日説明したいと思うわけです。
 予防接種というのは厚生労働省が1994年に、<義務>から<努力義務(勧奨)>に変えたことは皆さんご存じでしょうか? <義務>というのは、せねばならないという法律です。<努力義務(勧奨)>というのは、するように勧めるというもので、強制はしないということです。ですから予防接種を自分の子供に受けさせたくないと思えば、受けなくてもいいんですね。選択する権利は親にあるわけです。でも任されても予防接種に対する知識がない場合、結局、皆が受けるからとか、子供が病気になったらたいへんだからという理由で受けさせてしまうわけです

 お医者さんに聞いても誰に聞いても「そりゃ、受けたほうがよいに決まっている」と言うわけですね。それに、一人だけ受けないとなると村八分にされてたいへんなことになってしまうわけです。本当ですよ。何でお前だけ受けないんだって、お前んとこの子供も注射しろって感じなんですね。
 うちの息子も娘も、一本も予防接種を受けてないんですけれど、(英国で)あなたのところはなぜしない、どうしてしない、宗教上しないのかなどとGP(ホームドクター)や学校、近所の人にしつこく言われ結構たいへんでした。結局予防接種を受けないという理由で、GPから二度と来るなと言われたわけです。予防接種を受けないならGPをやらないと言われても、子供に不必用なものを入れさせたくないという思いは変えようがありませんでした。だから私たち家族は主治医を持てなかったんです。英国もなかなかすごいですが、日本に来て話を聞くと同じように、家族、近所、学校、保健所、お医者さんのほうから予防接種を受けさせようとするいろいろな圧カがあって、受けないことを貫き通すのは結構たいへんのようです。しないことで軋礫、というよりも村八分にされちゃって、えらいことになるんだ。本当はホメオパシーで全部やりたいと思っているんだけれど、このままいくと私は友達が一人もいなくなると言って泣いて私のところに来た方もいました。本当なんですよ。世間一般の人は自立しようとしている人を嫌う傾向があるみたいですが、自分たちの価値観が覆されてしまう恐怖が根底にあるんじゃないでしょうか。何事もなく平穏無事に生きることを望んでいる人より、人生につまずいて問題を抱えている人のほうがホメオパシーと出会って根本的に変わっちゃうなんてことはよくあることでね、何がいいかなんてことは本当に分からないですよ。話を戻すけど、予防接種の害と無意味さを心底確信できなければ、世間の風潮に流されてしまう。けれど心底確信できれば、何があっても動じないわけです。

 本当に心底確信するには、ホメオパスになって自分の目で見るしかない。でも正しいことを聞いて正しいと感じる能力があればそれでもいいと思うんですね。心が自然体に近ければ何が自然かということは自ずとわかると思うんです。
 だから予防接種を勧める・勧めないというのは、本当にあなた方の生き方、考え方そのものを表しているんですよ。症状をどう考えるか、子供のかかる病気をどう考えるか、生きるということはどういうことか--こんなことと関係してくるわけです。
 予防接種をしないと私たちはえらいことになる、怖いんだという、プロパガンダといいますか、宣伝にどっぷり浸かっている方々というのは、頭では予防接種は悪いと思っていても結局予防接種をしてしまうわけです。でも私はそういう人に無理にやるなと口を出すことはしません。人の信念に対して、そこまで口出しをすることはできないのです。人は自分の意志で何かを信じる権利があるし、いろいろな宗教を好きになる権利がある。もしその権利を無視して、何かを押しつけようとしたら、それこそ悪い意味で宗教になってしまう。ホメオパシーはすばらしいとか、予防接種はまったくすばらしくないとか自分の信念に基づいてそれを言う分にはよいと思うけど、だからといってそれを人に押し付けない、ということが予防接種で相談に来られた方に接していく基本です。逆に言えば、予防接種を盲信するように私たちに強要してくる今の状況は、予防接種というものが悪い意味で宗教になってしまっていると言えます。だから、予防接種というものを固く信じている人は、信じない人を攻撃してくるわけです。たくさんの人が信じることに価値がある、たくさんの人が信じていればいるほど安心できるから。だから反対する人を自分の味方にしなければならないんですね。自分の手の内に入れようとするわけです。予防接種が悪いと知っていても、無理に説得しようとやっきにならないことです。あんまりしつこくやると友達なくすからね。ただ事実は事実として伝えることは大切だと思うんです。それで第三の目が開いているような人や、聞く耳をもっている人であれぱ、すぐに分かりますから押しつけなくていいんですよ。

 さて、何がいけないかということですね。私たちがやる予防接種の中には何が入っているのか。特にジフテリア、破傷風、百日咳という三種混合のDTPというのがありますね。その中に入っているのを申し上げますと、ホルムアルデヒド、ホルマリンのことですね。有機水銀、リン酸アルミニウム。こういうものが入っています。なぜこんな毒物が入っているのかというと、一つは防腐剤の役目です。日本脳炎、DTP、インフルエンザHA型、B型肝炎のワクチンで使用されています。特に有機水銀は、DTP、インフルエンザHA型、B型肝炎のワクチンで多量に使われています。 
防腐剤以外のもう一つの目的は、抗体を作らせるためなんですねウイルスや細菌だけでは、体は抗体を作れないんですどうしてかというと、これは体にとって自然なものだから、これだけでは体は抗体を作ってくれない。抗体が作られないと予防接種は失敗と判定される。だからワクチン会社は、体が抗体を作るようなものを作らなければならいんだけど、そのためには、ウイルスや細菌だけではだめで、水銀だとかアルミニウムだとかいう毒を一緒に入れなけれぱならないんですよこれが予防接種の中に毒が入っている理由です
ウイルスや細菌は体にとって自然だと言ったけど、たとえば誰の腸の中にも、ポリオウイルスがいるんですね。ただ、それが発症しないだけ。ポリオウイルスが発症するためには、ポリオワクチンを摂取して腸内細菌のバランスが崩れ、免疫が著しく低下しなければならない。だから、ポリオワクチンをとることで、ポリオになるんですアメリカのロビン・マーフィーは「今どきポリオにかかるのは、ポリオワクチンをとった人だけだ」と言っているんですね。ポリオが生ワクチンだということも理由の一つです。 

そして肝心な点は、抗体というのは、免疫の指標とはならないということだ。抗体がなくても免疫を持っている人もいれば、抗体があっても免疫のない人もたくさんいるわけです。抗体がないから危険だ、というプロパガンダは誇張であり真実ではないんですね。予防接種をして体が抗体を作ったとしても、抗体と異物が一緒になったものを押し出すことができなければ、それは、体にとどまり続けるんです。この異物を押し出す免疫力というものを獲得するには、数年かかる。だから、生後1年以内に予防接種をするなんて本当はとんでもないことなんですね。 それから抗体というのは、体の非常事態に作られるもの、血液中まで侵入した毒物に対して取る手段なわけです。そうなると、通常の免疫、T細胞(ヘルパーT細胞)というのが大きな役割を果たしているんですが、抗体が作られるときというのは、そのT細胞の働きが抑圧されるんです。どうしてかというと、抗体を作る働きとT細胞の働きは役割が違うから。本来ならば、血液中に直接異物が侵入するなんてことはない、だけど予防接種では直接血液中に異物が侵入する、それに対して体が一生懸命抗体を作る、だけどT細胞は学習していない。免疫のすべてが抗体を作ることに力を注いで、T細胞の働きは抑えられるんです。それでもT細胞が学習していれば、T細胞が抗体とくっついた毒物を認識して排泄することができるんですね。 
だから、抗体は作られるけれど、免疫はないという状況になるし、抗体を作ることに免疫のエネルギーが注がれてしまっているから、外から侵入してくる異物に対して無防備になってしまう。いわゆる免疫力が低下した状態になる。だけど体の中では一生懸命闘っているわけです。闘っているけれど、それが毒物の排泄につながらない。こうして、やがて慢性疲労症侯群や免疫不全の問題になってくるんです。皆さん、エイズっていうのは、エイズウイルスがないんですよ。抗体だけがたくさんあってウイルスはないんだよ。だから何がエイズを引き起こしているかっていうと、ウイルスではなくて、抗体ばかりが作られることで、T細胞という本来の免疫機構がおろそかになっている病気なんですね。症状を抑圧するということは、毒物を体の中にとどめさせる勢いなわけです。これをどんどんやることによって、毒物がどんどん血液中に侵入してくるんですが、そうなると抗体ばかりが作られ、実際の免疫力はどんどん落ちて排泄できないという状態です。

 もう一度言うけど、よくよく分からなければならないことは、抗体=免疫という間違った考え。抗体を作るためにワクチン会社は頑張っているけど、頑張る方向を間違えている。抗体というものは、血液中に侵入した毒物に対しての最終手段で、最初から抗体を作らせようとする予防接種は免疫力を低下させるだけなんだな抗体を作るためには、胸腺にあるT細胞を抑圧する。T細胞が抑圧されるということは、免疫力が抑圧されるということです。エイズというのは、抗体ばかりがあってT細胞の免疫力を失った状態。だから、エイズウイルスなんか探したって見つからないわけだ。血液が濁り、抗体だけがどんどんできて、T細胞が抑圧されて毒を追い出せない状態、免疫が低下している状態。これがエイズという病気です。エイズ治療は、抗体を作らせる方向ではない。抗体を作らせないで、T細胞を活性化させる方向が正しいということです。これは予防接種がやっていることと完全に正反対ですね。抗体が作られたかどうかを検査する抗体検査なんて意味がないわけです。そして無論、抗体を作らせようとする予防接種は意味がないわけです
 抗体値だけがすごく高くて、免疫力が下がっている状態は、いかに抗生物質、予防接種、インフルエンザの注射をたくさん打ったか、あるいは症状を抑圧し続けたかという表れです

 イギリスの方でしたけれども、私の知っている患者さんは50回も淋病にかかった。1日に3人以上の違う人とセックスをするわけですよ。そうすると淋病にかからざるをえない。そのたびに抗生物質で抑えてきたわけです。一番の問題は、彼としては愛されたいという欲望が強いわけです。この人は子供のころ、よく親に殴られたり、けられたりしていました。主に男親にけられていました。男の人に愛されるのが、彼としてはテーマだったわけです。だから次から次へと男の相手を変えて行ったのですよ。そして淋病に50回もかかって、馬のように抗生物質をとらされて、最終的にエイズになって。最初私のところに来たときには免疫が低くなっていて、ちょっとした傷なんかでも一切治らない。ゴフォ、ゴフォと咳をして。そんな感じでしたね。T細胞を抑圧されて毒を追い出せない状態。免疫が停滞している状態ですね。
 はしかの予防接種を受けました。はしかの抗体ができました。「やったー」と喜ぶわけですけど、実際何が起こっているかというと、体はたいへんな状態になっているわけです。はしかにかかれない。だってもうすでにはしかのウイルスが体の中に入っていて押し出すこともできないから、異物じゃないわけですよ。あるいはですね、はしかにかかれるほどの免疫力を失っているんですね。はしかに“かからない”のじゃなくて“かかれない”んですよ。はしかとういうのはですね、マヤズム(注1)という汚れをきれいに掃除してくれる、ありがたい役目があるんですよ。子供がはしかにかかることで、親から受け継いだこだわりをきれいに掃除して行くんです。だからとても大切なものなのですよ。体ははしかにかかりたがっているのに、かからせないようにしているんです。だから「予防接種はアロパシーだ(注2)」って言うんです。誰ですか? 予防接種はホメオパシーと似ていると言って嘘をついているのは? まったく違うものです。はしかにかかって血の汚れをきれいにすることができるんです。抗体はなくても免疫を持っている人はたくさんいるんですね。そしてはしかを予防接種で防いだとしても、思春期になってから結局かかってしまうんですね。それは体がはしかにかかれるだけの力をやっと取り戻すことができたということなんです。ただそのときは症状が激しくなって本当にたいへんです。子供のかかる病気は子供がかかるようになっているのです。それが自然で正しいから、自然に任せれぱよいのです。分かりますか?

 話がそれてしまいましたけれど、水銀がどれだけ入っているかというと、私たちにとって有害とされている100倍もの量が入っているわけです。水銀というのは普通、取り扱いはドクロのマークがついているんですよ。ドクロのマークってわかる? 頭蓋骨と、その下に骨がこうクロスしているやつ。こんな猛毒が薬だって言うんですよ。何か変ですよね。ワクチンの発癌性は一度もテストされたことがないけれど、もしやったらすごいことになりますよ。すごいことになるから、一度もテストされないんですね。ホメオパシーでももちろん水銀を使っています。でもホメオパシーは10の60乗倍ぐらい薄めています。10の60乗と言ったら、銀河系を湖としたらあなたの涙1滴ぐらいの薄さだ。何にも入っていないのよ。だけど予防接種の場合は、通常毒と言われる分量より100倍も多いということですよ。それが直接皮下注射で血液中に入ってしまう、これは本当に恐ろしいことだ。血中にこれほどの量の水銀、これほどのホルマリン、アルミニウムが入ることはありえないんです

 たとえばDTP(ジフテリア、破傷風、百日咳)の予防接種をやりますと、子供の耳がはれて中耳炎、内耳炎、外耳炎を繰り返して、切開しなければならなくなってしまう。予防接種を受けて以来そうなった場合は、この中に入っていた水銀というものがひどく作用したということです。なぜそう言えるのかというと、ホメオパシーにはマテリア・メディカという物の性質・症状が書かれた辞書があって、そこには、マーキュリー(水銀)をとるとどうなるかが書いてあるわけです。そうしますと、リンパの障害、リンパ節のはれ、膿を作る、中耳炎、内耳炎、外耳炎という症状があることが分かるわけです。
 それでマーキュリーを処方すると反応するんですね。反応するということは、マーキュリーと同じパターンを持っていたということなんですね。そうして自分で治ろうとする力が動いて排泄が始まるわけです。
 水銀の害は、ほかに子供に奇形を作ってしまうという恐ろしさがあります。三つ口などというのも水銀の害です。それから子供がよくキレてしまう。ギャーッと怒ったりとか、刺してしまったりとか、いつのまにか暴力をふるっているという子供は、予防接種の中に入っている水銀のためにそうなっている可能性がある、ということを頭に入れておいてください。予防接種プラス歯に詰め物をした場合。だいたい思春期になりますと、どうも歯がやられるわけですよ。こういうDTPをやっていて水銀が入っている中に、またアマルガムとかいう水銀を詰めます。そうすると体内にある水銀は立ち上がります。そうするとブチッと切れるわけですよ。癇癪玉になるわけですよ。ベビーのころはかわいくて、コロコロ笑って本当にいい子だったのに、思春期になったらすごく難しくなったとか。歯の治療をして以来、体がグッタリして慢性疲労症候群になっているとか。水銀の害であるということを頭に入れること
 それから魚介類に有機水銀が多く含まれていることは有名ですね。こうしたものを食べることで有機水銀が胃腸で吸収される。だけど、こうした水銀の量というものは、絶対量としてはそれほど多いものではないんですね。それよりも虫歯治療で使われる歯のアマルガムやワクチンに含まれている水銀が体内に入ってくる量は、魚介類に含まれる量なんかと比べものならないぐらいすごいんですね。ビタミンC(アスコルビン酸)の錠剤なんかを摂取することで、口の中に残ったビタミンCがたまって、歯のエナメル質を溶かし、アマルガムから水銀が出てくるんだけど、これがリンパ液や血液の中に入っていく。それで妊婦さんなんかだと、これが簡単に胎盤から胎児に入っていくことが知られている。
 アメリカでは、有機水銀は最初DTPだけに使われていたんだけど、1989年にインフルエンザB型、1991年にB型肝炎に有機水銀を使うようになった。それで、1990年から小児自閉症が急激に増えだした。これは偶然ではないんです。自閉症というものが流行した原因があるわけです。その原因は予防接種である可能性がとても高いんです。そして予防接種が原因であるとして、アメリカでは今裁判になっているわけですね。

 そして次のアルミニウムですね。アルミニウムというのは生活の中にあふれていますね。アルミの鍋、アルミ缶、アルミホイル。ちぎれやすくするためにアルミが入っているチーズなんかもあります。そういうものをとり過ぎているだけでなく、予防接種で血液中に直接入ってしまうわけです。アルミニウムの害としてアルツハイマーがありますね。これはホメオパシーでは昔から知られているんですね。アルミニウムが心身にどのような影響を及ぼすかということは、徹底的に調べられている。そういう意味で重金属やいろいろな物質が身体にどのような悪影響を及ぼすかなんてことは、ホメオパシーのほうがはるか先を行っているわけです。それで、アルミニウムをとりすぎると集中力が50%以上に落ちます。「おや、私、何をしにここに来たんだっけな」。またもとのところに戻らなければいけない。「あーそうだった。あっちに包丁を取りに行ったんだ」。それでまたキッチンに行ったら、また「何しに来たんだっけな」。これはアルミニウムの害だ。ボケる。このアルミニウムの方々は、人が目をかけてあげて、愛情をかけてもかけても、その愛情が伝わらない。あるお母さんが、「子供がDTPの予防接種をして以来、本当に目をかけているのに、全然そしらん顔をして意思の疎通ができないんです」と言いましたが、そういう子供になってしまう。要するに愛が分からない子供です。それからどうやっても皮膚の乾燥が止まらない子供がいます。大人でもいいですよ、ポロポロ、ポロ粉をふくような人。体全身がかゆくて、寒冷蕁麻疹(かんれいじんましん)になってしまうような方々。そういう方々はアルミニウムの害を疑ってください。軟らかい便なのに出なくて便秘してしまう人もアルミニウムです。アルミニウムを一言で言いますと代謝不足。汗をかけない。うんちが出ない、おしっこが出ない。皮膚疾患もなかなか治癒しない。そして、水を飲んでも飲んでも乾燥するような皮膚の体質になってしまいます。生まれたときには子供は、ツルツルの湿り気があってプヨプヨの皮膚だったわけですよ。三種混合のDTPを注射して以来、カサカサのザラザラになってしまい、ひいてはアトピー性蕁麻疹を作ってしまう。こういうのはアルミニウムの害が考えられます。

 ホルムアルデヒドは何が悪いか。これも、とっても忘れっぽくなる。そして鳥肌・鮫肌を作ってしまうホルマリンは呼吸器系、喉、鼻、気管支をだめにします。ですからどうしても喘息になりかけたり、口頭炎、咽頭炎になったりとか、そうやって肺をやられてしまうのですよ。ホルムアルデヒドというのは接種だけじゃなくて、家の新建材だとか、皆さんが買うタンスだとかそういうものに防腐剤として入っていることが多いです。こんなものが体に直接入ってしまうわけです。喘息のレメディー(注3)をやっても治癒しないときに、ホルムアルデヒドというレメディーを出すと治癒することが結構ありました。予防接種が原因で喘息になっている場合は、ホルムアルデヒドのレメディーも重要になってきます。それと、ホルムアルデヒドは発癌物質です。

 次に予防接種の害を考えるとき、ワクチンの中に人っている異種蛋白質(人間のものではない蛋白質)が大きな問題です。どうしてこんなものがワクチンの中に入っているかというと、ワクチンを作るために菌を培養しますが、そのときに使うのが、卵、鶏肉、蛙、動物の胎児や組織なんですね。予防接種を受けるとこれらの蛋白質が直接血液に入ってくるわけです。体はびっくりして、二度とこのような蛋白質の侵入を許さないぞと警戒しまくるわけ。そして、食べ物からこのようなものが入ってこようとすると非常に強い反応を起こす。これがアレルギーの原因となるわけです。
 特に恐ろしいのはSV40というウイルス。今子供がこれにかかることが多い。このウイルスは、普通人間はかからないんですよ。猿しかかからないウイルスなんです。今のワクチンというのは、SV40をはじめ、いろんなウイルス汚染が本当にひどいんですね。そして悪性腫瘍の原困となっている。これはワクチン会社が極秘にしていることです。ですからSV40のウイルスを持っている子、すごく多いですよ。妙に高熱が出たりします。そして脊柱に入りますと、小児麻痺という形になってしまうこともある。ポリオを培養する場合には、猿の腎臓を使ってやります。猿の蛋白質、ウイルスが入っていきます。それから抗生物質も入っていきます。ポリオというのは生ワクチンなんです活性を持っているウイルスなんですね。それで生きたウイルスを使うときは、マルチプルな大量の抗生物質が入るようになっています。だから3か月の子供のときに予防接種を受けたら、もうすでに抗生物質がこの子たちに入ってしまうんですね。抗生物質の害に合うPenicilinum(ペニシライナム)というレメディがありますが、これがとってもいいんです。「この子は一回も抗生物質を注射していないし、抗生物質の薬なんかとっていないです」ってみんな言います。私たちはその子供がポリオの予防接種を受けていることを知っていますので、山ほどの抗生物質が生ワクチンに入っていますから、Penicilinumを出します。そうすると案の定すごく反応します。反応するということは、抗生物質が障害となっているという表れですから、ホメオパスたちは予防接種はよくないということを事実として実感してしまうんですね

それとポリオワクチンの中には、牛の漿液(しょうえき)が入っています。だからポリオというのをやりますと蛋白質アレルギーというのになりやすくなります。同じ蛋白質、あるいは、似たような蛋白質に過剰に反応するようになってしまう。植物蛋白質でも似ていれば反応してしまう。予防接種の講義をしてくれた英国ホメオパスのトレバー・ガン氏は、「今のピーナッツは昔のピーナッツより強力になっていると思いますか?」って冗談を言っていました。ピーナッツが強カになったのではなく、現代人の免疫力の低下が本当の原因なんですね。腸から未消化の蛋白質が血液中に侵入して、大豆、納豆を食べるとアレルギーになるという子供たちがいますが、この子供たちというのは、ポリオワクチンをとっています抗生物質は腸内細菌のバランスを崩し、免疫力を奪ってしまうのです。腸内細菌は免疫系の重要な部分を担っているんです

 もう一つ、そういう蛋白質が入っているものはMMRという三種混合。はしか、耳下腺炎、風疹。これらは動物性蛋白質が入っています。これらを皮下注射することによって血中に蛋白質が入ります。血中に蛋白質が入りますので体はたまげるわけです。血中に蛋白質が直接入ることはありませんので、体の中は戦争状態になる。こうして免疫力は低下して、子供がちょっとばかり食べた納豆やナッツに反応を起こすようになってしまうわけです。これがポリオとMMR(はしか、耳下腺炎、風疹)のワクチンの害からきているということを頭に入れておいてください。だから二度とこのようなことにならないように、非常に強い反応を示してしまいます。これをアレルギーと言うのです予防接種で免疫が下がるんですね

 アレルギーは何であるかというのをまた考えなくてはいけないんですよ。血中に入ったウイルス、水銀、アルミニウムとか蛋白質、そういうものが入ったまま押し出せない状態、このような未解決な問題を抱えている状態をアレルギーと言うのです。例えば、私は昔“男アレルギー”だったわけですよ。ずいぶん男にいじめられましたからね。働いているときは頑張れば昇進できると思っていましたが、男社会ですから、なかなか上に行けませんでした。それで男は大嫌い、特におじさん族は大嫌いでした。上司のおじさんが私を昇格させないんですね。そのおじさんが来ると、なんかソワソワして痒くなるんですよ。彼が喫っている煙草のにおいとか、おじさんのにおいとか、とっても嫌で「あんたは来ないで」って。これもアレルギーだよ。未解決な問題がある場合、そしてそれを解決することができない場合、その問題が生じたときにすごい勢いで拒絶するようになるんですね。すごい勢いで回避するようになる。これがアレルギーですね。アレルギーがあるということは、未解決な問題があるということの表れなんですね。
 食物アレルギーも、血液中に蛋白質が人っていてそれを抑し出せない状態だから、それと似たような蛋白質が入るだけで、「ヒィー、また来たー、これ以上入れるなー」って過剰に反応するようになってしまう。これがアレルギーです。私も男にすごく過剰反応を示したわけですよ。でもそれが解決されたとたん、男だろうが、じいさんだろうが、平気になったんですね。皆さんも何かにアレルギーを持っていますよね。それは、自分の中に「未解決の問題があるよ」という表れなんですね。
 体の中でもそういうことをしているんですよ、、蜂アレルギーの人。蜂に刺されて、キッチリ出し切ってない場合、その蜂の毒がまだ体内にあるから、もう一度蜂に刺されたときにえらい反応を起こすのが蜂アレルギーです。アナフィラキシーショックって言いますよね。
 子供の場合でも脂漏性湿疹だとか発疹が出た。軟膏を塗るんです。なんとか軟膏とか、でもちょっとここでは言えないんですが、私の勘が当たっていれば、すごく良く効くものは恐ろしいその発疹を止めますと、今度、肺がゼイゼイして来ます。肺炎になりやすくなる。端息になる。アトピーを止めると喘息になるよね。皮膚の問題から、より深い喘息の問題に移行する。そうすると、気管支拡張剤とか去淡剤をとるわけだ。そうしてどうなるかというと、喘息が起きない代わりに、肺の粘液が抑し出せなくて、酸素を吸収できなくて窒息してしまうんだな。粘液で溺れてしまうわけです。あるいは、肺をきれいにする抗生物質をとっていく。すると出口がなくなるので今度、泌尿器系に来るわけですよ。膣炎だとか膀胱炎だとか腎盂炎だとか前立腺だとか、そういうことになる。それを止めますと、腸がやられて下痢をする。大腸炎になったり、腸がおかしくなる。最終的に血液がやられるんですよ。そこまで行くまでにあなた方、どれだけの薬をとった? 皮膚発疹の薬をとり、肺の薬をとり、泌尿器系の薬をとり、腸の薬をとり。血液まで行ったときに、毒血症という名前が付くわけですよ。でも、予防接種は一足飛びに毒血症に行くのです。薬による抑圧はホップ・ステップ・ジャンプで毒血症になる。それを頭に入れなければならない。

 じゃあ、どうして予防接種を受けていないうちの子にアレルギーがあるのかって言う人がいます。それは親から問題を受け継いでいるんですね。詳しいことは、トレバー・ガン氏の講義を特別に出版することが決まりましたので、それを読んでください。すばらしい本ですから(『海外ホメオパスによるホメオパシー講義録②トレバー・ガン予防接種は果たして有効か?』)。
 もう一度言いますが、抗生物質で腸内細菌のバランスが崩れます。そうすると腸から容易に異物が侵入しやすくなります。ですからハチミツを食べて腸から花粉が入ってしまった場合、花粉アレルギーというのを起こします。抗ヒスタミン剤で炎症を止めてしまうと、今度はそれらが大きな大きなアレルギーになっていくわけですそうしたらもう花粉症じゃあないですよ。慢性鼻炎とか、喘息とか、もっとより深いところにどんどん進んでいくという構図がここにあります。
ですからヒスタミンを出すというのは戦っている証拠です。皆さん、炎症を起こすというのはどういうことでしょうか? 例えば蜂に手を刺されました、そこがパーッと赤くなってはれて痛みました。赤くなってはれるというのはどういうことかというと、血液が患部に集中して、血管を膨張させて、赤血球や白血球を漏れ出させているんですよ。千島学説によれば、赤血球は白血球に変化しますから、こうして漏れ出た白血球が炎症部位で戦うわけです。そういうことをやっているんです。大事なことだ。はれなくてはいけないし、赤くならなくてはいけないし、痛まなければいけないんだ。痛むのは血液がいっぱいそこに集まって来ますので神経をペッタンコにしてしまうんですよ。神経がペッタンコになるから痛むわけです。赤くはれて痛んで、その構図を炎症と言います。この炎症を止めるように抗ヒスタミン剤をとりますと、こういう炎症を起こさないわけ。そうすると蜂の毒は、容易に体の中に入って行きます。炎症が起きる、血を出すということはありがたいね。熱が出るということはありがたいね! 皆さん自身、これが分からないと

 でも薬がいけない、予防接種がいけないと言っても、皆さんが「瞬時に治せ」とか「症状は怖いものだ」というのが頭にある以上、それらは減らないんですよ。症状とは何でしたか? 不調のお知らせですね。あるいはバランスを取るための排毒ですね。症状の抑圧は病気を複雑にして、心身の奥深くへ抑し込んでしまうんですね。こういう考えをしっかりもっていないと、薬がだめとか予防接種がだめとか言う権利はない。そんな感じです。 

それから自然界でウイルスがアルミニウムや水銀と一緒になった姿はないんですね。これは人工的に作っているので、DNA的には分からないんですよ。そうしますと、そういうものを押し出すというか、これに向かって「怪しいぞ」というふうに見張り番を立てるわけです、常に。これは悪人かな、いや、それほどの悪人ではないのかもしれない、という判断がつかず、ただ見張っている状態です。こういう状態が、<抗体値がすごく、上がっているのに免疫ができてない>ということです。あるいは、異物だと印は付けたんだけど、それを押し出すだけの力がない。既に体の内部に侵入してしまっていて、押し出すことができない。だから、その非自己を自己とする方向で、バランスを取らなくてはいけない。これは右の肩に荷物を背負わせてそれを降ろすことができず、やむをえず左の肩にも荷物を担いでバランスを取っているようなものです。こうして免疫力は低下していくわけだ。

 毒物とウイルスが一緒になったものに対して抗体が作られるけど、そういう得体の知れない混合物は腎臓、肝臓、関節、心臓の弁なんかに付着します。そうすると、そこの細胞が変な刺激を受けて細胞分裂するたびに少しずつ違ってくる。そうすると、そこに向かって「何かこれおかしいな」と思ってアタックし始めます。付着したところにアタックしますので、心臓弁膜症になったり、肝炎になったり、腎孟炎になったり、ネフローゼになったりする。自分が自分をアタックしている姿、自己免疫疾患と言いますけれども、その場合、一気に押し出せばいいのに、半分ぐらいしか押し出せないから、ずっとそこにアタックし続けることになる。押し出せないんです。なぜなら免疫力が低下しているし、自分の組織が変になってしまっているから、、そんなわけで、細胞が遺伝子組換えをしたような形になっているんですよ。免疫体は働くことができない。働いたとしてもパートで働く。自分の内側にあるものだけに目を凝らし、アタックするようになる。そうすることで外への防御がおろそかになるんですね。これが外側への免疫力の低下です。

 風邪のウイルスなんかに簡単に負けてしまうわけ。風邪をひいている方々が、予防接種を受けてはいけないという理由はどこにありますか? お医者さんがそう言うんですよ。なぜならば、えらいことになるからだ。風邪をひいているときに予防注射を打つと、免疫はすべて血液中の異物に向かうんですよ。だって血液の中に毒物やウイルスが侵入するなんてことは、体にとって非常事態、一大事なんですから。外からのウイルスなんかに構っていられないわけです。その結果どうなるかというと、ウイルスがどんどん体の奥深く侵入し、たかだか風邪のウイルスで命を落としてしまったり、脊柱がおかしくなって一生寝たきりになったりするわけです。体の中と外で、いっぺんに両方に免疫力を向けることはできないんですね。こんなことになると、風邪は恐いとか言い出すんですけど、風邪のウイルスが恐いんじゃないんです。それだけ免疫カが低下することが恐いんです。そんなことは血液中に直接異物を注入したり、症状を抑圧し続けない限り起こらないことなんですよ。ここのところは、本当にしっかり分かったほうがいい。インフルエンザが怖いんじゃない、インフルエンザの時に症状を抑圧したり、強い薬で毒を体に入れることで免疫が低下するのが怖いんです。

 1994年に厚生省が<努力義務(勧奨)>に変えた背景には、予防接種をした後に風邪をひいた子たちが死んでしまったりとか、寝たきり状態になって麻痺した子供たちが多かったのですけれど、予防接種との関係が指摘されて、1990年代にはどんどん国が訴えられたことがあると思います。
 <努力義務(勧奨)>に変えることで、何かあっても、強制じゃない自分の判断で行ったことであるからとして済まそうとしているわけです。
 私たちが病気になるのは、菌やウイルスがはびこるという行程があります。まず、鼻。鼻水が出る。喉に落ちると扁桃腺がはれますね。アデノイドがはれます。それは何をしているかというと、それらの門番たちが戦っているんです。クイーンの衛兵連中が、門で戦ってクイーンの部屋に入れないようにしているんですよ。それが扁桃であり、アデノイドであり、胸腺であり、盲腸であるんですよ。こういう器官や臓器というのは嫌われます。なぜなら、いつもはれたり熱を出したり、厄介者と思われているからです。でもこれは不便なものじゃないんですよ。一生懸命戦っているのに、厄介者だと思って、切り取ろうとするわけです。しまいには胸腺もスプーンでポロッと取ったり、牌臓まで取っちゃうんだな。脾臓というのは一番大事な臓器です。血液を噌加させる、一番大事な臓器です。
 そういう門番の役目をしてくれる器官があるおかげで、100%の菌が10%ぐらいの力になる。10%が入ってきても、体としては力がありますから押し切れるわけですよ。ところがその門番がいないと、炎症が起きない代わりに、スコンと体の中に菌が侵人してしまう。それで簡単に血液が濁ってしまうんですね。すぐに毒血症になって大病するわけです。

 予防接種が一番恐ろしいのは、病気が出てこないという姿、慢性疲労症候群です。これは一番悪いです。この人たちは熱すら出せないんだよ。ずっと微熱が続くんです。そして働けないんですよ、だるくて。私がインフルエンザの注射を打たなかったかと聞くと、毎年かかさず打っていると言うんだ。まあ4年も続けて打ってごらん。スコンと慢性疲労症候群になりますから。リピートして打たれるものが一番悪い。

 BCGというレメディーがあります。BCGの予防接種を希釈振とうしたものです。それを与えると、一様に発疹が出たり、耳だれが出たり熱が出たり。ツベルクリン反応で陽性にならない限り、BCGは打ち続けられるわけです。子供にとってリピートするものは何かといったらBCG、それから三種混合も3回ぐらいリピートしています。それを頭に入れることです。BCGというのは、唯一、二重盲検法でその有効性がテストされたものなんですね。それも大がかりなテストです。その結果は驚くべきことに、BCGの効果は0%、それだけではなく、結核にかかりやすくなるという副作用が明らかになったんですね。それでその後BCGがどうなったかというと、絶対に即座に中止すべきなのに、今も続いています。これは本当に不思議なことだ。どうしてこういうことになったのかという秘密をトレバー・ガン氏が緊急特別インタビューで明らかにしています。私がここでこれを言うとちょっと問題ですので、トレバー・ガン氏による講義録を読んでください。その中ですべてが明らかにされていますから。

 ホメオパシー的に言いますと、病気というものは、二つしかない。それは、急性か慢性なんですよ。それしかないんです。病気の名前を付けてくれというなら、慢性病と付けるわけにいきませんので、毒血症という名前になります。毒血症というのは字の通り、血液が毒に侵されたということです。急性病というのはどういうことかというと、はしかにかかるとか、風邪をひくとか、下痢をするだとか、高熱が出るだとか。これを急性病と言います。正常なバイタルフォースのバランスが崩れた状態です。急性症状は、バイタルフォースが強いから激しい症状となって表れる。だからこのときに必要なものは、症状を抑圧する薬ではなく、症状を押し出してくれる同種のレメディーなのです。急性症状は治ろうと一生懸命努力している姿です。それを分かってやらなければいけない

 一方、慢性病は、バランスの崩れを取り込む形で適応した姿です。急性症状を抑圧すると、病気を取り込む形でバランスを取ろうとします。これをやっていると、どんどんバイタルフォースが複雑になって、どんどん病気が心の奥深く、細胞の奥深く侵入してしまうのです。この慢性病というものは、病名で見るとしたら、たった一つの名前=毒血症しかないんです。それを今の医学は400以上のカテゴリーを作り、400以上の病気の名前で呼んでいるわけです。敗血症だの血友病だのエイズだの。いろいろなカテゴリーを作って、名前を付けているんです。だけどそれは、全部慢性病、血が濁って毒になった、その毒によって不調になるわけだ。血液というのは自我だから、血が濁るっていうのは、非自已を白己としている自分がいるんです。こだわりの自己ですね。予防接種は、心がさまざまな人生の苦しみによってこだわりを作るまえに、直接、こだわりを体の中に埋め込んでいるのです。分かる? 血液に異物を入れるということは、その異物がこだわりの心を作り出すんだよ。血液に直接水銀を入れたら、その人格は水銀のようになってしまう。赤血球が、細胞を作っている、というのは千島学説ですが、間違いないと思う。濁った血が細胞になり、私たちの体を作るのです。自分の思いが自分の体を作って行く。自分本来の生命を生きないなら、非自己を生きるなら、非自己の体が作られ、自分を攻撃するようになるのはしょうがない。毒血症の度合いが進んで行ったら、エイズや癌が生じます。あるいは、膠原病だとかリウマチだとか自己免疫疾患になってしまいます。

 私たちが大事にしなければならない臓器は多いのですが、その中でも肝臓は横綱です汚いものを排毒する、解毒する、そういうものが肝臓です。この肝臓を皆さん、いじめている。要りもしない酒をバンバン飲んで、要りもしないビタミンEだのCだのをとっちゃって。これも毒です。自然からとることです。要りもしない健康食品をとったりとか。怒ってばっかりいるじゃないか、皆。肝臓が悪くならざるを得ないです。A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎とか言うが、そんな肝炎なんかないですよ。それは“酒”肝炎、“怒り”肝炎、“薬”肝炎と言い換えたらよい。分かる? 肝炎は、最終的にプリオンという病気になって行きます。プリオンというのは肝臓が解毒できなかった証拠の病気です。プリオンは肉を食べて、その中のヤコブソンディジーズというのがプリオンになった、なんて、本当じやないの。肝臓というのは、毒を出すときにはカプセルに入れてふたを閉める! カプセルのふたを閉めてそれを排出するわけですよ。プリオンの方々というのは、カプセルに入れはするんですよ、肝臓も頑張ってね。そのふたが合わないんだな! この状態がプリオンです。その毒がそこから漏れ出ている姿です。プリオンの方々というのは、いかに新薬、予防接種が多かったかということです。それから肝臓をきれいにするためには刺激物をとらないことだ。離だ、いつもキムチばかり食べているのは! 誰だいつも激辛ラー一メンを食べているのは! コーヒーをガブガブ飲むのは誰だ!

 それが欲しいということは、生きていることがつまらないからだよ。ホメオパスになると、酒も煙草もなーんもいらないよ。甘いものも辛いものもあまりとらないようになる。人生はつまらない、あまりおもしろくない。尼みたいな感じだもの。ただ、本質が分かると、この単純な生活が一番すばらしいと思うようになります。そして夜9時になったら布団に入って。朝4時になったら庭をじっとみつめて。なんかばあさんの域だなと思いまして。とうとうそうなりましたね。
 話がずれちゃったけど、要するに肝炎というものは、肝臓の状態が悪いから肝炎になるのであって、AだのBだのウイルスで肝炎になるのではない、肝臓の状態を悪くする生活や薬や予防接種で、それらのウイルスがはびこっただけなんですね
 私もカンジダがあります。帝王切開を2回やっていますので。帝王切開している方々の、点滴から入る抗生物質は馬のようです。ですからおかげさまでカンジダがはびこりまして、ボタモチが大好きで、こればかりは止められません。ということはカンジダがまだ治まってないということですよね。もっともっとレメディーをとらなければいけないかなと思いますけれど。

 アメリカでDTP(ジフテリア、破傷風、百日咳)のうちの、百日咳だけの予防接種の害をドキュメンタリーでやったわけですよ。市民団体が怒って、もうやめようと。百日咳をやめる親が増えたんですね。そのあとで百日咳がまた流行したとうそが流れて、また百日咳が導入されてしまったわけですけれど。FDAの人が調査したら、なんのことはない、百日咳にかかっていた人は、ある州で5人、別の州で8人しかいなかった。そして分かったことは、これら全員が百日咳の予防接種を受けていたということ。本当は、流行していたわけです。だけどそれは予防接種による流行だったわけですよ。だけど、予防接種を受けると病気にならないと言われていたから、百日咳になっても違う病気だと思って報告されなかったわけです。予防接種を受けないと百日咳になると言って国民の恐怖心をあおっていたんですね。ポリオでもBCGでもDTPでもそうだけど、予防接種を受けて、予防しようと思ったその病気にかかるケースはほんと多いんですよね。予防するどころか、病気を無理矢理感染させているんじゃないかって思うときあります。しかも押し出せないから、悲惨なことになる。

 私たちがウイルスを押し出すときには不思議なことに、赤い発疹になるわけですよ。ヘルペスだって、帯状発疹だって、ブツブツとできるじゃないですか。ですから私たちにとって、先ほどの流れの、血液から腸、腸から泌尿器系、泌尿器系から肺、肺から皮膚湿疹、というところに上がっていく姿は治る方向性です。治る方向性ですので止めません。血液が濁っている方々が「もう痰が出て止まりません」と言いますが、「良かったね、排出です」とおっぽり出される。発疹が出て「よかったね」とおっぽり出すわけだ。これは治る方向性だからです。病気の流れというのを考えなければいけない。だから皆さん、病気を起こすもの、例えば病原菌がいけない、細菌がいけない、ウイルスがいけないなどと言いますけれど、それは細菌やウイルスに失礼だよ。土台がなければ、土壌がなければそういうものははびこれないんだから。その土壌を作っているのはあなただ。汚くしているのはあなただ。血を汚くしているのはあなただ。日々の生活を正さないことには、土壌はきれいにはならない。種は土がないと芽が出ないんだよ。土ってなんだ? あなたの汚い土だ。そこに種を植える。その種がウイルスであり、バクテリアであるわけだ。だからバクテリアやウイルスやカビをだめ、だめと抗カビ剤、抗バクテリア剤、抗ウイルス剤をとったって何のこっちゃない、より土壌を腐らせる一方です。土壌を良くするためには生野菜も食べなくてはいけない。よく咀嚼して食べてくださいよ。咀嚼すれば冷たいものが温野菜に変わるんですよ。フルーツもとらなければいけない。太陽の光をバンバン浴びたフルーツをとってくださいよ。ビニールハウスでなるようなものをとってもしょうがない。そういうふうに土壌を良くしていかなければ。そしていい水を飲むことだ

 何よりも大事なのはあなた方の考え方と、感じ方だ。この、考えていることと感じることを間違えていると、あなたを腐らせる。そして発酵させて毒にしてしまう。あなた方を回復させるには、あなた方自身の考えとか、感じることを変えなければいけないんだ。こんなに良くしているのに、あの人には下心があるに違いないとか、あの人はどうもこうやって親切にするけれど、町の議員になりたいからだよねとか、なんでもこう、複雑に考えようとする。シンプルになればいい。例えばキリストが「物を持たない者、単純な者は幸せかな」と言えるのはなぜか。天真爛漫でおられるからだ。天真爛漫でいないと神なんか降りてきませんからね。複雑に物事を考えてしまう。複雑に複雑にしてしまう。複雑に、何枚も何枚も面を付けてしまう。すごく面倒くさい。辛気くさいです。だってある日、この人にこう言って、あの人にこう言って、ある日どの人に何を言ったか分からなくなるよ。そういうことをやっているからこそ、体が腐っていくんですよ。
 日々の生活というのはすごく大事です。人をねたまない、憎まない。病気は一足飛びに治すものではないということを頭に入れておくこと。一足飛びに治るような副腎皮質ホルレモンなんか恐ろしい。それは一足飛びに症状が消えるからだ。先ほど、症状とは何だと言いましたか? 排泄口です。すごく大事なものだ。人間というのはレメディーがなくても、毒が入ったら解毒する力はある。レメディーを人れると、ホップ・ステップ・ジャンプで解毒することができるようになる。
 だからもし、あなた方に解毒力がないと思うのなら、それはあなた方に自分を信じる力が少ないということだ。特に出産なんかしようとするときに産めない。産めるからこそお乳も股も付いているんじゃないか! 産めないんだったら最初から付いてないよね。そういうふうに、いかにあなた方が悪い方向に啓蒙されて、「自分たちはだめなんだ」「自分たちにはそういう力がないんだ」というふうになってきたかということを頭に入れておかなければいけない。排泄はありがたい、発疹はありがたい、熱はありがたい、下痢はありがたい。吐くのはありがたい。分かる? みんなありがたいんだ、解毒しているから。耳だれはありがたい。目が充血するのはありがたい。それを許してあげてくださいよ。体が発するメッセージを、いかにして聞くかだ。

 <いかにして聞くか>というのがあなた方のテーマだ。体は、いかにして自然になるかを教えてくれるからです。あなたの感情や心は、いかにしてずるくなるかを教えてくれる。いかにして人をけ落とすかというのは感情や心や前頭葉だ。体は正直です。疲れたよ、寝てちょうだい。今は講演中だけれど、寅子よ、うんちに行ってちょうだい、と言うんだよ。しょうがないから「ごめんね」と言って行くしかない。体がメッセージを出しているんだもの。

 ・・・<抜粋終了>・・・

(注1)ホメオパシーでは,マヤズム(Miasm)という概念があります。病気の源と考えられていて,繰り返し出てくる症状,毎年同じ季節に出てくる症状(例:花粉症),適切なレメディを与えてもまた再発する症状などにはマヤズムがベースにあると言われています。マヤズムには,人類の病気の歴史にちなんで,疥癬(かいせん)マヤズム,淋病マヤズム,梅毒マヤズム,結核マヤズム,癌マヤズムという五大マヤズムがあります。

(注2)アロパシーとは、逆療法という意味で、「症状を抑制する」療法です。つまり現代医療に代表される療法はすべてアロパシーとなります。同種療法ホメオパシーは「症状を押し出す」療法ですので、逆療法アロパシーとは対極にあります。

(注3)レメディーとはホメオパシーで処方する療剤です。ホメオパシーの簡単な概念はここを参照して下さい。


ヒュギエイアです。今回も長い文章をお読み下さりありがとうございました。
みなさんの健康をお祈りします。


スポンサーサイト
 / Template by パソコン 初心者ガイド