私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2009/101234567891011121314151617181920212223242526272829302009/12

 4年前から仲の良い友達が毎年一人つづ結婚していきます。不思議なことに4人中3人が11月に結婚式をしています。今年も11月23日の勤労感謝の日に仲のよい友達が結婚式を挙げました。私はその式に招待されており、また友達からスピーチを頼まれていたので手書きで何度も原稿を書き直しました。文章はノートパソコンで作ったのですがプリンタの調子が悪くおまけにノートパソコンのキーボードにお茶をこぼしてしまい結婚式前の3日間ほどパソコンが一時的に全く使えなくなってしまったからです。それでも本番の時には手書き原稿を見ずに新郎と新婦の方を見て話したので、何か所が文章を飛ばしてスピーチしたヒュギエイアです。だけど全体としてはそう上がることもなくスピーチできましたし一緒に結婚式に招待された友達は私に「(スピーチに)慣れてる」と言いましたがスピーチをするのが今回で2回目です。
しかし新婦はニコニコして聞いてくれましたし友達の両親やおばさんといった親戚の方々にもお礼を言われてスピーチをして良かったと思ったヒュギエイアです。その結婚式は老舗の料亭なのでとても料理が美味しく、また参加者も140名以上の盛大だけど心温まるいい結婚式でした。

友達は出会ってから1年そこそこで結婚ということになったことを考えると人と人の縁というのは不思議なもんだとつくづく思います。そして縁ということを考えると運ということがセットになる感じがしています。どうせならいい運の人と縁を持ちたいものです。

 そういえば以前ヒュギエイアがマクロビオティック料理に凝っていたころ、友人たちから「マクロビオティックのような変わった料理をしていると、このままでは男にひかれてしまうよ。もし結婚するならマクロオティックを止めるか、あえてマクロビオティックが好きな男性を探すか、どちらしかないと思うよ。だけどマクロビオティックを好きな男性というのは少ないと思うよ。」と言われたり別の友人からは「ヒュギエイアさんは今までさんざんお肉をがっつり食べてきたんだから、お肉を食べたらダメといったら男性が可哀そうですよ」と言われたことがありました。マクロビオティックはお肉は食べないからです。その時は友達の言うことはもっともで、それで男性が引くのは仕方がないと思っておりやっぱり食事に妥協は必要だろうなと思っていました。

そして今はマクロビオティックどころかある意味さらに尖がったというか強烈になったナチュラル・ハイジーンを実践しています(と言っても私は100%の実践ではないですが・・)しかしナチュラル・ハイジーンはお肉もお魚も食べていいですし、まあその時には必ず生野菜を食べましょうというものですから大丈夫だと思っています。だけどこれで引く男性だとしたら、たぶんその人とは根本的に合わないということなんだろうと思います。だって私はナチュラル・ハイジーンを止めるつもりはありませんから。
なぜなら私が知るナチュラル・ハイジーンを実践している人(特に男性)っていうのは割と悲惨な過去や状況から抜け出し結構社会的に成功している人が多いからです。つまり運のいい人ということなんですね。またそういう人はある意味自分を律することができて前向きな人だと言えるでしょう。そういう男性だとしたら魅力的ですし、そんな人と人生を共にできたらもっと素晴らしくなっていくと思うからです。

「あなたは運がいいですか?」と問われたらどう答えますか?
ヒュギエイアは間髪いれず「はい。運がいいです」と答えます。
そしておそらくナチュラル・ハイジーンを実践しているか、または実践しなくてもそれに理解のある男性ならおそらく「はい、運がいいです」と即答することとでしょう。
そして何よりそういう風に答えると元気になってきます。言霊ってありますから。

 実際のところ私は運がよく、福岡で地震があった時も実家に戻っていて全然怖い目にあってないし、今年の夏の大雨の時も以前住んでいた所なら確実に避難しなければならなかったのに引っ越していて安全だったし、映画や舞台の試写会もよく当たります。それは感謝するという気持ちの持ち方と、「ありがとう」をつぶやくことを口癖にしているところからこういった幸運体質になったと感じています。それまでは不平不満が多かったし実際間の悪いことが多い日々でした。それが引き寄せの法則を知り、その他にもいろいろな人の本を読むことで心の傷を治したり自分の考え方や物の見方を明るくして物事をいい方にとらえようとする姿勢が良かったのだと思います。私は去年から今年にかけて引っ越ししたり資格をとったり海外に一人で出かけたり、ブログの作ったりと着実にいい方へ変化と向上していってるなと感じています。

 ただ今までの経験を踏まえてネガティブな人に出会ったらなるだけ関わりを持つのを避けようと決めています。以前は、私自身を反映しているのかよく、私の周りにはマイナス思考の人が多かったです。
「私って年でしょ?」とか「私って情けないでしょ?」とかマイナスのことを言い私から否定してもらいたがっている人が多く、それらを私は律義に否定してあげていましたが、そうすることにかなり疲れていました。一度なら否定してあげられても、そういう人たちは何度も何度も否定してもらいたがるのです。
気持ちはわかるけど、疲れるよ~たまらん!という感じです。

 恋愛に喩えて言うと彼女が彼氏に甘えて
「私って年だから」とか「私って可愛くないから・・・・」ということを何回も言って彼氏に否定してもらい安心したがる女性のような感じです。男性だって1回くらいは「そんなことないよ」と言ってあげるでしょうが、毎回毎回それを求められたら「いい加減にしてくれ」と言うのではないでしょうか?もちろんその逆のパターン(男性が毎回毎回愚痴を言い女性が否定する)も勘弁してほしいものです。
それならばいっそ「私って○○なの。すごいでしょ?」あっさりとあっけらかんと自慢した方がなんぼかいいと思います。それは男性でも女性でもです。特ににっこり無邪気に自分で自分をほめている男性ってなんか可愛いし憎めないじゃないですか?(笑)まあ私もようやく最近になってそれができるようになったのだからあまり偉そうにはできないのですが。

とにかく特に男性は
「運がいいですか?」と尋ねたれたら「はい。とても運がいいです」とすぐに答える方がいいと思います。そう答えられる男性はさわやかで快活な人だろうと思ってしまいます。松下幸之助も面接で「あなたは自分を運がいいと思っているか?」と尋ねて「はい」と即答した人だけを採用したというくらいです。自分で自分を運がいいと思っている人間は強いということでしょう。またそういう男性は人生でどんなに悲惨な状況にあっても何とか解決策を見出したり、とりたてて何かしなくても結果オーライのいい状況に持っていける底力がある気がするからです。

 私は運のいい女ですから当然運のいい男性と出会うでしょう。そして女性と出会ってもその人は運のいい人でしょう。どんな人と出会うか今後が楽しみです。
もちろん私は「運がいいですか?」と男性に尋ねます。これを読んでいてくれる男性なら当然「運がいいです」と答えるでしょうし、たとえ読んでくれてない男性でもいい男性であれば「はい、運がいいです」と答えるでしょう。そういう人はまさに私のストライクゾーンに入ってきます(笑)
ふふふっ。ワクワクします。

今回もお読みいただきありがとうございます。
みなんさの幸運をお祈りします。
スポンサーサイト
 / Template by パソコン 初心者ガイド