私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2010/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/04

先月の誕生日からずっと目まぐるしいくらい毎日変動の日々を送っているヒュギエイアです。その間友達によくしてもらいとても感謝しています。母を始め周囲の人たちの優しさやいたわりが身にしみます。一時期、気持ちがものすごく神経質になってしまったのですが、今はかなり落ち着きを取り戻しました。そしてこれらを乗り越えられた自分自身にも思いがけない胆力や知力を発見したこともよかったです。
今回は自分自身への励ましもあり女性にエールを送る記事を紹介します。

0566.jpg
http://mademoiselleai.nifty.com/madeailog/2010/03/post-772f.html


2010年3月 5日 (金)
profile_photo.jpg
マドモアゼル・愛
1970年代のデビューから第一線で活躍する、日本を代表する西洋占星術者。西洋占星術の枠にとどまらず、恒星占星術を始めとする独自の占法を研究。自然と人間を見つめ、未来社会への提案、エッセイストとしても活動中。現在、執筆活動以外に出版事業を手がけ、ニッポン放送テレフォン人生相談の人気回答者である。
日本女性はアマテラス

日本女性の可能性について前の日記で書いたが、本当に世界の主導的な立場に立つ人たちのあこがれが日本女性である。
日本の女性を妻にすることが最大の希望と言ってもいいくらいで、なぜそういうことになったのだろう。
いくらでも理由はあるが、男性に感動を与えるケースが多いのだと思う。
日本の女性は最近では非常に強くなったとは言え、やはり世界のほかの女性に比べると、やはり断然やさしい。
主張はするがかわいいレベルであり、海外の女性と違うことは、日本女性と交際したことのある外国人なら一様に認めるこれは事実である。
旦那にお金がなくなってもあっさり捨てたりはせず、自分が働いても、、、の気持ちになる。
またお金が十分にあっても本質が変化しない安心感を与える。
世界の金持ちにとって、この人は自分の金だけを愛しているのではなく、本気で自分を愛してくれている、、、という実感。
人間のずるさをよく知っている世界の金持ちは、どうしても日本人女性を愛してしまう、そんな構図があるのかもしれない。
しかし、こうした背景には、日本女性特有の悲しい歴史もあると思う。
戦国時代にやってきた宣教師は立派な人もいたかもしれないが、国策の代理人という面があり、日本女性を海外に連れて行き、売りさばくルートとしての働きもあった。
素直な日本人女性は疑うことも知らずに海外に連れていから、それはひどい待遇を受けたことがある程度わかっている。
着るものも与えられず、垂れ流しのような状態で船に乗せられて縛られて連れて行かれた、、、という。
おそらく性奴隷としての生涯をだまされて甘んじなくてはならない、そういう状況があったのだろう。もっとも素直で正直で誠実な者がもっともずるい人間たちの犠牲になり、ひどい生涯を送った歴史があるのだ。
この世は、女性の性と麻薬を商売にするのが、もっともコストがかからないという考えの人が運営している。人間の歴史の悲しみの基本にこれがあるのだ。
なので、当然、武器もつくるし、戦争も起こすし、、と、当たり前の利益構造となる。
最近では人体が金になるということなのだろう。
間違いなく、この世は悪魔が支配権を持っている、、、という認識を持つ必要がある。
ユングはよくわかっていて、そのことをはっきりと口に出している。
この世は悪魔が支配している、、、と。本当にそうなのだろう。
歴史をよくながめればそのことはわかる。豊臣秀吉はこれを知り、本当に怒ったらしい。
徳川家康もおそらくそうだったと思う。
鎖国にはこうした背景がおそらくあった。こうして裸で垂れ流し状態で海外に連れて行かれた何十万人の日本人女性がその後どう暮らしたかは、、、想像もしたくないしまたできないことだが、これはどこかできちんと供養してやらなくてはいけないものだ。
ほとんどの女性が悲しみと絶望の中で死んでいったのだろうが、中には運よく、やさしい貴族や温情を持つ人に囲われた女性もいたことだろう。
そして上流層の男性の中に、本音として、日本女性は違う、、、これは本当に素晴らしいという評価が、認知され伝えられていったのだと思う。
海外の支配層の中に戦国以来数百年にわたって築かれてきた、暗黙の了解なのだ。そしてそれは見事に当たっている。だから、私は平和の復讐を果たしてもらいたいと思っているわけだ。
世界の指導層の意識を変える力を日本女性は持っている。
争いの無価値、みにくいことの金儲けが、どんなに不幸となって自分たちに戻ってくるか、、、というセンス。
そして特権も選らばれた血脈などもなく、人はどういうところで生まれ、育ち、何を学ぶかによって、人間が作られていくことなどを、日本女性は支配層に教えることができるはずだ。
日本の企業人に、政治家に、そんなことはできはしない。
海外と日本女性のえにしには、悲しい悲しい歴史や物語があり、それは間違いなく日本人女性の遺伝子に記憶されたに違いない。
それによって日本女性はすべてを照らす、アマテラスとなって、支配層の意識変革の大仕事に就くべき使命というか仕事があるように感じるのだ。
本当の歴史を作れるのは、男性ではなくて女性である


マドモアゼル愛先生の言葉には励まされます。
記事の中にある戦国時代に大名が火薬欲しさに女性を売ったということですが、以前にも別のところで火薬たる1つに日本女性50人を売ったというのを読みました。そしてそれは私がよく読んでいる本山さんの記事にもありました。

キリシタン大名にもとの、ある史実...2009年4月12日
http://homepage2.nifty.com/motoyama/info_5.htm#info_507


 私が歴史で習ったなかではこういったことは一切教えられませんでしたが、実際のところこういうことがあったのかもしれません。そうだとしたらその女性たちはどんなにつらく大変だったでしょう。しかし過酷な境遇でも精一杯生きた日本女性はやっぱり素晴らしいと思います。私が21世紀の日本に生まれていることは日本の戦国時代に生まれたことに比べてはるかに幸せで恵まれています。そういった意味でも今の日本に生まれているのだから何があっても大丈夫です。

 愛先生によると日本女性には計り知れない程のパワーがあるようです。そういえば私も外国に行くとよくもてます。
文化の違いを越えて世界の流れというとてもつもない程の何か大きなものを変えるくらいのパワーを日本女性が秘めているのですから、毎日、明るく希望を持って生きていこうと思っています。

今回もお読みいただきありがとうございました。
みなさんの幸運をお祈りします。

スポンサーサイト
 / Template by パソコン 初心者ガイド