私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー
 先日ヘアメイクをプロにしてもらいそれがとっても楽しかったヒュギエイアです。
夏の暑さでメイクをするのは大変ですが、それでもメイクが完成した時は別人になったようで嬉しいものです。
だけどそれを毎日するかというと・・・やっぱりちょっと夏にメイクはねとなってしまいます。
今回もエイジさんおブログから転載します。

4223889471_f72eb9a1ca.jpg
by:TonyChen

困難な時こそ余裕が大事である。
<< 作成日時 : 2006/05/31 01:07 >>

ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 15

ある女流小説家が随筆で「心に余裕がないと化粧なんてする気が起きない」と書いていたが、実際にそうであろうと思う。
仮に愛する伴侶や子供が病気であるならば、化粧をする気も起きないであろう。
しかし、私は「心に余裕が無い時ほど化粧をする気持ちが大事」ではないかと思うのである。
これは化粧に限定されるのではなくて、例えば、家族の者が病になって介護しなくては為らない状態だとしても、毎日、玄関に活け花を飾るような気持ちを無くさないことが大事ではないかと思うのである。

しかし、私は困難な時期に、たとえば音楽や絵画鑑賞などの芸術によって、沈んだ心に癒しや安らぎを求めるのと同じ理由で、すなわち気晴らしを目的として「困難な時期こそ化粧をする心を無くすな」と言いたいのではないのだ。

そもそも、芸術の必要性とは何であろう?
道路を作る意味なら説明できるけれども、美術や音楽、文学などの芸術の必要性とはいったい何であろうか?
芸術なんて、しょせん娯楽的なもので、生きていくために水や空気のように生存に必要な物では無いのではないか?
もしも、生きるか死ぬかの戦争に為ったら、真っ先に必要とされなく成る職業は実用性が感じられない芸術家ではないか?
しかし私はそうは思わない。
芸術は、生きていくために水や空気のように生存に必要な物であると思う。
アメリカの西部開拓時代、ピアニストが極端に少なかったため、酒場にはよく「ピアニストを撃つな」という文句が掲げられていたという随筆を読んだことがある。この理由は、ピアニストが死んだら、他にピアノを弾けるピアニストの代わりがいないという事情によるものであろう。西部の荒野の酒場に心を癒すピアノの演奏が無いということは耐え難い苦痛なのであろう。荒くれ用心棒の替わりはいるが、芸術家は西部には希少価値であったようである。

戦争でも、アウシュビッツの捕虜のうち、最期まで生き残った人々は、どんな困難な時でも、美に感動できる人間らしさを失わなかった人であったとフランクルは「夜と霧」の中で書いているが、実際には、絶望的な困難な状況に遭遇すると、人間は人間らしさを失うものであり、美に感動する気持ちが枯渇してしまうのである。

いわば、美を感じる心こそ、人間を他の動物と分ける、根本的なものなのではないか?また、生活に美を求める心こそ、人間が人間であることを忘れずにいられる礎ではないのか?

芸術とは、芸術作品によって癒しを感じるだけが目的では無くて、どんな時期にあっても、人生を自分で創造して、美しく調和のとれたものに創り上げるようとする意志こそ芸術ではないか?
私達は誰もがすべて芸術家なのであって、例えどんなに状態の悪い生活だとしても、生活の中で美を忘れない余裕を大事にしたい。

だから、化粧をする気も起きない時に、化粧をする気持ちを持つべきなのである。それは他人に見せる為に化粧するのではなく、自分の心に人生を創造しようとする意志を刻み込む為である。

そう考えると化粧は、人の為に装うか?自分の為に装うのか?判らなくなるけれども、私が思うには、化粧や衣装が他人の為ではなく、自分の為だけのものであるとき、それがそのまま生きる喜びになるのではないかと思うのである。


ヒュギエイアです。
母方は色白の家系で母の一族みんな色白で私も子供のころからずっと色が白いと人から言われていました。
ここ何年か、面倒になって日焼け対策をしなくなりました。それでも冬になったら元の色白に戻ったからです。そうしたらここ2.3年がそうでもなくなりました。その時に友達から「焼けたね~。昔はめちゃめちゃ白かったのに」と言われショックでした。だけどナチュラル・ハイジーンは日光を浴びることは良いことと言っていますので日焼け止めクリームを塗ることをしていません。さすがに日中はくらくらするから帽子はかぶります。

ナチュラル・ハイジーンをすることでデトックスして体内の不要なものを出し、健康になって肌の健康を保っていきメイクも楽しんでいこうと思います。

今回もお読み下さりありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。
スポンサーサイト
 / Template by パソコン 初心者ガイド