私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2013/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312013/09

こんにちは、ヒュギエイアこと、舛谷 暢子です。

あかちゃん

最近、なぜか、妊婦さんや子供を産んだばかり、という人に接することが多いです。

「妊娠したら、食べ物の好みが変わった」
ということはよく聞きますが、中には
「赤と、ピンクが受け付けなくなった」という女性もいました。

そうなんだ、様々ね~と思いつつ、そういう方たちに、松田麻実子先生の本を勧めています。

これは、果物がいかに、赤ちゃんの離乳食にふさわしいか、幼児のおやつにふさわしいか、がわかりやすく書かれています。

子供たちは何を食べればいいのか―子供のからだは家族が守る!子供たちは何を食べればいいのか―子供のからだは家族が守る!
(2003/07)
松田 麻美子

商品詳細を見る


本当は2歳までは、母乳で育てた方がいいのですが、最近の傾向として、半年くらいで、離乳食にするようです。

しかし、それは早すぎます!

まだ、消化酵素が出来上がってない段階で、特に、穀類の離乳食を与えると、将来、食物アレルギーになる、可能性が高いのです。

だからこそ、果物が最適、なのです。これは、「完熟した果物」自体が、消化がなされた状態、であるので、赤ちゃんに与えても、大丈夫なのです。

もちろん、どういう風に、赤ちゃんに与えたらいいか、詳しく本に書かれているので、ぜひお読み下さい。

また、お手軽な加工食品が、いかに危険か、ということも、時間があれば話すようにしています。
ちょっと古いですが、下記の記事を転載します。


gooブログ > 記事投稿 > 3歳までの食生活が勝負?

3歳の子どもに加工食品などを与えすぎると8歳時点での知能指数(IQ)が低くなる恐れがあるとの研究結果を、英国のグループがこのほど発表した。

調査では1万4000人の子どもたちを対象に、3、4、7歳と8歳半での食生活を、親へのアンケートに基づいて追跡した。結果は7日、公共保健の専門誌JECHのオンライン版に掲載された。

それによると、3歳の時に脂肪や糖分の多い加工食品を多く食べていた子どもは、8歳半で測定したIQがやや低い傾向にあり、両者に「弱い相関関係」があることが新たに分かったという。

調査を実施したグループによると、4歳と7歳の時点での食生活にはIQとの相関関係がみられなかった。

米小児科学会で肥満対策部門を率いるサンドラ・ハシンク博士はこの研究結果について、加工食品とIQとの間に因果関係が確認されたわけではないと述べる一方、3歳までの生活環境が発達に与える影響の重要さを示していると評価した。

出展元の英語版を載せておきます。英語が得意な方は、目を通してみて下さい。

fd58df67.jpg

Epidemiol Community Health doi:10.1136/jech.2010.111955
Research report

Are dietary patterns in childhood associated with IQ at 8 years of age? A population-based cohort study

Kate Northstone1, Carol Joinson1, Pauline Emmett1, Andy Ness2, Tomáš Paus3,4,5
+ Author Affiliations

1School of Social and Community Medicine, University of Bristol, Bristol, UK
2Department of Oral and Dental Science, University of Bristol, Bristol, UK
3Rotman Research Institute, University of Toronto, Toronto, Canada
4Brain & Body Centre, University of Nottingham, Nottingham, UK
5Montreal Neurological Institute, McGill University, Montreal, Canada
Correspondence to
Dr Kate Northstone, Department of Social Medicine, University of Bristol, Oakfield House, Oakfield Grove, Clifton, Bristol BS8 1TQ, UK: kate.northstone@bristol.ac.uk
Accepted 21 December 2010
Published Online First 7 February 2011
Abstract
Background Little is known about the effects of overall diet in childhood and intelligence later in life.

Methods The current study, based on the Avon Longitudinal Study of Parents and Children, uses data on children's diet reported by parents in food-frequency questionnaires at 3, 4, 7 and 8.5 years of age. Dietary patterns were identified using principal-components analysis and scores computed at each age. IQ was assessed using the Wechsler Intelligence Scale for Children at 8.5 years. Data on a number of confounders were collected, and complete data were available for 3966 children.

Results After adjustment, the ‘processed’ (high fat and sugar content) pattern of diet at 3 years of age was negatively associated with IQ assessed at 8.5 years of age—a 1 SD increase in dietary pattern score was associated with a 1.67 point decrease in IQ (95% CI −2.34 to −1.00; p<0.0001). The ‘health-conscious’ (salad, rice, pasta, fish, fruit) pattern at 8.5 years was positively associated with IQ: a 1 SD increase in pattern score led to a 1.20 point increase in IQ (95% CI 0.52 to 1.88; p=0.001).

Conclusion There is evidence that a poor diet associated with high fat, sugar and processed food content in early childhood may be associated with small reductions in IQ in later childhood, while a healthy diet, associated with high intakes of nutrient rich foods described at about the time of IQ assessment may be associated with small increases in IQ.

IQALSPACdietary patternsprincipal-components analysischild developmentnutrition
FootnotesFunding The UK Medical Research Council, the Wellcome Trust and the University of Bristol currently provide core support for ALSPAC.
Competing interests None
Ethics approval Ethics approval was provided by the ALSPAC Law and Ethics committee and the three local research-ethics committees.
Provenance and peer review Not commissioned; externally peer reviewed.

CiteULikeComploreConnoteaDel.icio.usDiggFacebookRedditTechnoratiTwitter
What's this?

Responses to this article
Not all fats the same
Thomas D. Anderson
J Epidemiol Community Health published online February 9, 2011
[Full text]



ヒュギエイアです。

赤ちゃんは可愛く、微笑ましいです。すくすく育っていってもらいたいと思います。
そのためにも、女性がまず、身体にふさわしい食べ物の知識を、持ってもらいたい、と思います。

ローフードマイスター2級は、その知識が、わかりやすく身につきます。
お勧めです。

今回もお読み下さりまして、ありがとうございます。
健康であることに感謝して、あなたの健康を祈ります。

9月の毎週土曜日に、福岡県の筑前町役場施設「めくばーる」内の「すろ~カフェで」、ローフードマイスター2級(4回レッスン)の受講生を募集中です!
スポンサーサイト
 / Template by パソコン 初心者ガイド