私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー
今月は、21日シリーズを続けて、いろんな幸せに関連あるものを紹介してきました。

今日は、幸せな気持ちになるDVDを紹介します。

風が強く吹いている [DVD]風が強く吹いている [DVD]
(2010/04/09)
小出恵介、林遣都 他

商品詳細を見る


1月も終わる時、ジムと水泳のバイトの大学生も卒業していく人が多いです。入ってきたときには、子供の顔をしていた彼らも、3年半の間に、逞しく成長していきました。

彼らといろいろ話すことで、気持ちを楽にしてきた私は、彼らが卒業していくと、私も変化を余儀なくされます。
若さのもつ、純真さや、きらめき、素直さが、励ましてもらったり、元気になっていったのです。

この映画を見ると、彼らとダブります。

当初の頼りなさげなところが、目標が決まり、練習を重ね、自信をつけ、大きなハレの舞台に挑戦していく。

若さがきらめき、走ることに一途で、本当に爽やかな気持ちになります。

また、弱小な集団や、個人が、いろいろな試練を経て、成長していくドラマには、素直に感動するのです。自分とダブる感じがするので、私は、そういう話が大好きなのです。

最初から、「は~、そりゃ、そうなるのも、当然でしょ」、と他人に言われるような、恵まれた環境にいない人が、腐らず、めげず、明るく頑張っていくのは、いいもんです。

詳しく書くと、ネタバレになるのですが、箱根駅伝に向かう朝の、二人の若者の覚悟を決めたシーンの会話と笑顔が、とてもいいのです。

その他にも、10人の若者が、黙々と走っているシーンも、これぞ、男!という感じがします。自分の決めた道をただひたすら走る。そこには、修行僧にも似た感じを受け、彼らが、一挙に大人になったと感じています。

エリートランナーだった、ハイジが、足の故障でそこから外れる。そして大学の陸上の弱所集団に入り、10人をそろえ箱根駅伝に参加をめざし、奮闘していく姿。

「こんな大学生いるのか」、というくらい人間ができているのです。これほど優れたリーダーって、社長でも、なかなかいないよ、と、突っ込みたくなるくらい、立派なのです。

箱根駅伝を走る、ゆきが、「カケルが(走って)見ている風景は、こんなにも孤独で、それゆえに美しい」と、言っていましたが、そうなんだろなと思います。

ここの出演者たちは、映画にありがちな、シーンに合わせて場面を、撮影していくのではなく、半年の歳月をかけて、時系列に撮られたそうです。

それゆえ、当初の出演者たちが、映画が進むにつれ、彼らの顔つきや、走る姿の変化が、著しくホンモノになっていってます。演技というよりも、人間として彼らが成長している、それがそのまま姿に現れています。

また、練習中、何かといがみ合った他の大学生と、駅伝中に、勝負は勝負としても、互いにエールを送る会話にも、清々しいものを感じます。こういう青春を送ったら、その後、どんな人生を送ったとしても、死ぬ時に、微笑んで逝けるだろうな、と思っていしまいます。

若さが、きらめいているのは、若いからではなく、自分に挑戦しているからなんだ、としみじみ思いました。自分がそういう青春を送ってなくても、こういうものを見ると、救われる気持ちになります。

そして、何かに挑戦するというのは、自分を幸せにするんだなあと感じました。

ラストで、皆が集まっている笑合っている顔が、とても印象的です。人生に退屈している人に、ぜひ、お勧めの作品です。

平成26年度、ローフードマイスター1.2級の、3日間集中講座 生徒募集!

2月26日(水)13:00~15:00福岡銀行小笹支店で、フレッシュジュースセミナーをします。
スポンサーサイト
 / Template by パソコン 初心者ガイド