温度計と体温計の値段   ブログ第225日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

冷え症になったかもと友人と話していたら、部屋の温度と、体温を尋ねられたヒュギエイアです。

どっちも持ってなかったので、そう答えると、「持っていた方がいいよ」と言われました。
まあ確かに生活に絶対必要と言うものではないけれど、冷え症うんぬんといって、部屋が寒いというだけでは、客観性はありません。「温度計は100円ショップでも売ってるよ」とその友人から言われたので、まあそれでいいかなと思いました。ものすごく必要とか、絶対的に好き!というものでなく、インテリアとして目立つところに置くものでもないので、それでいいかと思ったのです。

近所の100円ショップでは数種類ありましたが、微妙にどれも温度が違っています。中でも、温度計の大きさと書かれている数字と木でできている一番気に入ったモノは、27度と、一番温度が高いのです。同じ壁に種類ごとに横3つに並んであるのですが、やっぱり温度が微妙に番うのです。
それもどうかなと思って、店員さんに尋ねると、商品のところまで来てくれいろいろチェックしてくれましたが、「やっぱり100円ですから、そこのところはお含み下さい」と言われました。

まあ、そうでしょう。結局、その中で同じ温度25度をさしている模様の中で、一番きれいそうなものを選びました。
そして、とりあえず、暖房が入る部屋にかけておきました。暖房を20度にしてもそれは18℃になっています。他の部屋にも暖かい空気が行くように戸をあけているので、18℃なのかわかりません。暖房を20度にして、部屋を閉め切ってしばらく置いて20度になるのだったら、これはこれでいいと見なすのですが・・・。
そうならなかったら、しょせん100円ショップのもの。安もの買いの銭失いということで、反省材料にするしかないです。
そして、違う部屋の温度計を買うなら、せめて量販店の1000円以上のものにした方がよいのかもしれません。

さすがに100円ショップに体温計はなかったのですが、近所のマツキヨにはありました。
それもいろいろな種類があるのですが、電子体温計は4~5千円もなっており、これも温度計と同じ理由で、一番安いアナログの水銀の体温計を買いました。1000円以下ですが、まあこれでいいかなと思いました。必要といえば必要だけど、対して思い入れのないモノは、安くても全然平気です。

そして朝、手足が冷えている時に、その体温計で測ったら35℃から温度があがりません。わき下5分以上とあったのですが、5分で取り出してみると、体温計は35.4℃で、これは何かの間違いではあと思いました。そのまま測り続け、10分くらいたつと、体温が、ようやく35.7℃になったのです。そして、白湯を飲んだり、リンゴを食べたりすると、体温が36℃になりました。しかし、この体温対していい数値ではありません。う~ん、今、体調が悪いから低体温なのか?悩むところです。

ついでにランチに行ってそこで食べる時にも体温計で測ったら、今度は36.4℃です。これは平熱で、これが免疫力がある36.5℃まで、もう一息です。ただその時には、手の指先にも赤みが出てきて暖かくなったので、この温度は意外と、正確だし合っているのかもしれません。

もっとも大切なことは、私が体が温かいと感じることですので、体温計が正確なのかどうかに、あまりこだわる必要ないかもしれません。

体温計や温度計の部屋の数値よりも、自分の体感の方を重視して、結局のところ元気に活動できるかどうかが大切ですから。

それにしても、温度計と体温計、何かと断捨離をして要らないものを捨てようとしているけれど、ついこういうものを買ってしまった私。
まあこれもこういうこともあるさとして、せっかく買ったのだからどっちもチェックの日々を送っていきます。

by:Nesster  by:Nesster

今回もお読みいただきましてありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

ともに成長し健康貢献のできる、ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

 驚きの美肌になる3日間酵素ジュース断食のご案内

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ

本日のアクセス 400! (^^)


スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1007-33324d17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド