花粉症の季節には身体に良くないものは食べない方がいい   ブログ第250日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

数日前、友達から化粧品の割引券をもらいました。天神にそれらの化粧品を買ってきたあと、デパートで北海道展をやっていたので、のぞいて見ました。
いろいろな食品が売っています。人も多くにぎやかです。ざっと見て回るだけのつもりでしたが、販売のお兄さんの差し出す誌食品を思わず手にとってしまいました。それは、お肉の入った肉まんのようなものでしたが、受け取った手前、返すのもなんだし、少しの量だからと思って口にしました。久しぶりですが、美味しいなあと思いました。

そのあと、お寿司のコーナーに行き、そこでお寿司の弁当を買って食べました。
まあ、これらはローフード的には、消化に良くない組み合わせです。
お肉は避けた方がいいし、動物性のものと炭水化物が一緒になったものは、消化に時間がかかり、身体への負担も大きいのです。生の魚はともかく、酢と砂糖も入っています。これらもローフード的には良くありません。
おまけにデザートでアイスクリームまで食べてしまいました。普段は食べなくても、何かのタガが外れると食べてしまいます。
アイスクリームも乳製品とお砂糖ですのでタブーに当たります。とくに花粉症の人には良くないものです。でも口当たりは良く、美味しいです。

そしてそのあとは特に何もなかったので、うちに帰りました。うちに帰っていろいろとやっているとデパートで試食したことは忘れていました。
ただ、その日の夕方にかけて、くしゃみと鼻水が結構でました。やっぱり花粉症だと思っていました。タブー食を食べたことを思い出したのは、夜寝ていると、途中で息苦しくて目が覚めた時です。花粉症の季節には、タブー食は堪えるなあと感じました。鼻が詰まっているのと、のどが、カラカラになっており、しかも、いがらっぽいのです。そして呼吸ができず、咳き込んでしまい、ぜん息のような感じのセキがでます。
ああ、やっぱりそうか、と思いました。てきめんだったのです。

もともと花粉症だったのですが、お肉を食べないでいると、症状はかなり楽になります。お肉のタンパク質が人の腸に刺激を与えて、花粉症の症状がひどくなるのです。
現在、耳鼻科に通っている人も、この時期、お肉、お酒、牛乳や乳製品を控えてみて下さい。
クスリや注射を打って特に花粉症対策の効果があらわれなかった方もこれをやると、その効果に驚くと思います。

そうは言っても効かないと思えば、またこれらの食品を摂ればいいだけですから、これはお金のかかることではなく経済的な対処法なのです。

これらの食品が、なぜ、身体に悪いかを詳しく書こうと思ったら書けますが、それらはローフードの講義の内容なので割愛します。
まあ、こういうこともあって、改めて、食と健康のつながりを実感できたことは良かったです。
花粉症でお困りの方はぜひ、これらを試してみて下さいね。

今回もお読みいただきましてありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

imagesRKXXJQX3.jpg

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

ともに成長し健康貢献のできる、ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

 驚きの美肌になる3日間酵素ジュース断食のご案内

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ

本日のアクセス 400! (^^)



スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1041-fe8a54b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド