夢とは現実と絶妙な配分で見るものだと感じた不思議な夢を見た   ブログ第309日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー
CIMG8640.jpg

友達が2か月働いた職場をやめることにした話を聞きました。
仕事自体は気に入っていたのですが、女性パートの一番古く年上の人が、ある日突然、態度がおかしくなり、まったく口をきかなくなりました。その前日まで普通の態度で接していたのに、翌日から急に変わったといいます。
わけがわからなくて、「私が知らない間に何かやらかしていたら、言って下さいね」とその友達が、その女性に言ったところ、もっと癇に障ったのか、さらに態度を固くさせ口を利かなくなりました。
接客業だったので、お客さんが来ている時は、ふつうですが、入って間もない彼女がわからないところを尋ねようとしたら教えなかったり、仕事も教えなかったりだったので、もう無理だなと思ったと言います。

「ねたみでしょ?」と、ずばっと言った私に、彼女は、ほっとしたのか、いろいろと思うところを語りました。

どうも、友達が結婚していて旦那がいて子供がいて、その子が大きくなり手がかからなくなった、という表面から見えることに対して、バツイチで苦労して子供を育てた年上の人が、いらついたようです。そして、その女性は、職場の一番若い女性をいじめており、それに加担するのも嫌だった友達が、どっちとも組みせず、つかず離れずの態度をとったことも気に入らなかったようです。ただ、そのいじめられている女性が、タンタンとして働いているので、強いなあと感心していました。

職場の社員さん達も他のパートの人も、その女性がベテランで仕事ができるせいか遠慮があるので、そいうことを知っていても見て見ないふり。
「その人、(友達に)自分の地位をおびやかされると思ったんじゃない?」、という私に「そんなつもりはまったくないのにな・・・」という彼女。

そこは、女性がパートばかりいるのですが、結婚して子供がいて大きくなって手がかからくなった、一見幸せそうに見えるのは友達だけだったということです。あとは30代、40代の独身だったり、結婚しても子どもがいなかったり、いうことだったそうです。仕事自体は気に入っていたのですが、これから先、その人と一緒に仕事をしていくのは、大きなストレスになるということが目に見えており、違う職場に行くことにしたといいます。そういえば、よく求人広告が出ているみたいだったけど、そういうことだったんだ~と思ったそうです。

ふ~、なんとも言えない話です。ただ、友達がそういう決断をしたことは、よかったと思っています。
救いがあるのは、大人は、子供のいじめと違って、対応に選択肢が広がり、相手にいじめられても、やり返しを選ぶこともできるし、彼女のように、さっさとその職場を辞めるという、ストレスを避ける行動をとることができることです。子供の場合は、経済力がないため、いじめられたとしても、ひたすら我慢するか耐えるしかないのが実情です。

また、確かに、彼女が生活のために嫌な職場を我慢する必要がないというのは、友達の恵まれている部分の事実としてあります。しかし、彼女とて100%幸せで満ち足りた人生というわけではないのです。旦那さんとさほど仲睦まじいわけではなく、むしろ別れようとしたくらいだし、それでも自分のやりたいことや欲しいモノは、家族を優先して我慢していることがほとんどです。
だからこそ今度、働く職場が、彼女にとって良い職場であればよいなと思います。

そういう話を聞いたせいか、不思議な夢をみました。
かつて、私をねたんで、いろいろと悪口をいっていた同じ職場だった女性、Aさんの夢です。

私が妹といろいろ駅のようなところで話をしていると、突然、何枚も重ね着をしたAさんがニコニコして来ました。風のうわさで、すごく太ったと聞いていたのですが、それはあまり感じませんでした。
ただ、私たちを見て、
「妹さん?いいわね~。一緒に写真を撮ってあげる」といいました。私はボーゼンとして、Aさんに言われるまま写真を妹と一緒に撮ってもらいました。そのあとAさんは、私も一緒に写ろう」と言い出したのです。そしてAさんは、自分のバックからカメラを取り出そうとして、咳き込み、その場にうづくまりました。私はそれに驚きました。それらは、彼女がうずくまったことと、その態度にですが、そこで目覚ましがなって起きたのです。夢ってそういう風に突然、目がさめることもありますよね。

それにしても、かつて同じ職場にいた時、Aさんと一度も遊びに行ったことなく、むろんのこと家族同士の交流もないのです。
というのもAさんが、いつも私の悪口を言っており、まったくの第三者から「むつかしいわね。(彼女が私に対して)ねたみがあるんでしょうね。いっそ2人の年がすごく離れていたら良かったかもしれんね。」と言われたことがあったくらいだからです。そして、私はもう何十年とAさんと会ってもいず、現在どうしているか知りません。
だけど、ねたみという言葉がキーワードになって、彼女の夢を見たようです。

夢とは現実との微妙な配分で見るものなら、これはどういうことを意味するのだろうかと思います。まあ、夢だからと思えば、そういうあり得ないこともあるのでしょうし、もしかしたら別次元のパラレルワールドでは、私は意外に気さくにAさんと付き合いしているのかもしれません。
友達の話を聞いて、ふとそういうことを思ったのでした。

今回もお読みいただきましてありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

mamesiba.png

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

ともに成長し健康貢献のできる、ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

 驚きの美肌になる3日間酵素ジュース断食のご案内

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ

本日のアクセス 400! (^^)

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1095-ea6c62f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド