お肉を食べるなら愛情深く育てられた動物のものであること  ブログ第419日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ここのところセミナー参加をよくしているヒュギエイアです。
土曜日は、21億円の借金を返している男性(ただし名前は非公開)のミニ座談会に行ってきました。
場所はホテルニューオータニの地下のお店で10名ほどです。
この方は、一時は手広く事業をしていたのですが、例のリーマンショックで莫大な借金を抱えてしまいます。しかし、それを自己破産にすることなく12年かけて借金を返す現在にいたっており、残りの借金は1億とあと少しといいます。
ただ、マラソンでもそうですが、ゴールが見えてきてからの残りがきついということで、今はとてもきついと言います。それでも絶対に借金は返す!としており、そこのところがすごいなあと思いました。

教えてもらったことは個人情報に引っかかるので、シェアはあまりできないのですが、一つだけ参考になることは、税務署関係の借金は早めに返しておくに限る!ということです。なんでも延滞料が付き、その方は、毎日3万円の延滞料が加わっているということです。やっぱり借金は、仕事の取引先にまず支払うので後回しにしてしまったそうです。
また、身内に借りたお金もどうしても後回しになってしまい、親戚の集まりにも顔を出しにくいといいます。家族には本当に迷惑をかけて大変だったということ。それにしても税務署の税金は負けてくれるわけでもなく、日々延滞料が加算されており、確かにそれはきついだろうなあと思います。これは知っておいた方がいいことだと思います。

ただ、自己破産をしない、借金を返す道を選んだことが、この方の人生を、ある意味面白く、挑戦的で積極的なものにしたんだなと思いました。

そして、今日です。
地元にある自然食品のお店でのミニセミナーに参加してきました。
これは健康と運がよくなるメカニズムのお話で、肉体と生命が一緒になったものが、人間であるということ、人は自分のことを肉体だけと思っていますが、そうではないのです。
命というのはもともと宇宙全体であっても一つであり、大きな木の枝についている葉っぱも生かしているのです。

そして毒とは偏(かたよ)ったものであること。
PH1~14まであるとしたらph1が酸の状態、PH14が超アルカリの状態、
だからその中庸であるph7のところにあるものが、バランスのとれたものであり、中和、調和、中庸をされた状態というものです。そこのところにある状態が健康であることなのす。
次元上昇ということも言われており、この3次元でいろいろな経験を積みながら、そこを目指すことが、それに繋がるといいます。

また独身女性で子供を産んでいない人が増えていることについて、今、結婚してなくて子供がいないという人は、この3次元での卒業が近いということであるということです。人は何万回も生まれていろんな人種や人生を経験するのですが、今生では、もうそれはいいということなのでしょう。
もし、現在、独身であることが、みじめで悲しいと思っている女性は、もしかしたら、もうその結婚して出産する経験は必要ないということかもしれません。とはいえ、そこは全部が全部とも言えず、絶対とも何ともいえないのですが、これに勇気が出る女性もいると思うので、聞いたことをシェアしておきます。
また会場ではよい波動のでる機械もありました。これに当たらせてもらったので、私の波動も上がることでしょう。

そして質問で、何を食べているのか尋ねたら、牛などお肉の話になりました。愛情を持って育てられた牛は、殺されて人間に食べられる時に、自分の波動が上がることがわかっているので、覚悟ができているといいます。そして、そのお肉も身体に悪影響を与えないといいます。それでは、そういう育てられ方をしてなくて、大量生産、大量消費で作られたお肉はどうかと尋ねたら、やっぱり食べるときに、私はあなたの命をもらい、生きていきます、と言うことで、その食べたお肉も身体に対していいものに変わるようです。また魚や牛のお肉も食べた方が、波動を上げるためにはいいと言われました。それらは人の身体の一部となり自分の波動が上がることがわかっているからといいます。

あと、そこのお店の卵の話も印象深かったです。そこのお店で扱っている卵は特別なものです。
そこが味にとてもこだわっており、以前の卵を食べたら気持ちが悪くなったということで取り扱いを止めました。そうしたら、その話を聞いたある男性が卵を持って売り込みに来たといいます。そして食べてみたらとてもびっくりするほど美味しいし、身体が自然にあったかくなるようなエネルギーのある卵だったと言います。
それでお店の人は、この卵は宣伝だと思い、1個50円で仕入れたものをそのまま50円で売っていたといいます。宣伝にお金をかけるとしたら儲ける必要はないからで、その卵はそれくらいすごいものだそうです。

その男性は東京で最大大手の広告会社に勤めて2千万という収入を得ていたのですが、どうしても自然の中で鶏を飼って育てたくなり、奥さんに相談したら、奥さんが「待っていました」と言ったと言うこと。奥さんも変わった人だったと言うことです(笑)
鶏舎を作る時、山の上の段々があって広場になているのですが、見晴らしよく風当りの一番いい位置に鶏舎を建て、その裏に自宅を建てたといいます。
最初は大工さんも「これ、場所が違っているのでは」と言ったというのですが、そこの男性は「いえ、間違っていません。自分は働かないし、働くのはこの鶏たちだから」という返事をしたそうです。

そして、そこである集まりがあったとき、そこの男性は「2羽、鶏をつぶします」と言ったそうです。
で鶏舎に入り、どの鶏を選ぼうかと思っていたら可哀そうで選べず、立ち尽くしていた。ところが、ある鶏が自ら近寄ってきて、そこの男性の左の長靴をちょんちょんとくちばしで突っつく。そして、まるで自分を選べというようにです。またもうしばらくして、もう1匹の鶏も寄ってきて、違う方の長靴をちょんちょんと突っつく。それから、ちょいとその男性の腕の中に飛び込んできたのです。それでその2羽を殺して食べることにしたそうです。

ふつう鶏を殺す時には首の動脈を切るのですが、殺す時にも皆で腕を組んで、ありがとう、あなたの命をいただきますと言いながら、刃物を充てたそうです。ふつう、首を切って血を出す時には、鶏は声を出すそうですが、その時も、その鶏は抵抗することなく、まるで自らの運命を受け入れるがごとく、声を立てることもなかったそうです。

なんとすごい話だな~と感心しました。
とはいえ、取り立てて卵を食べることはしないので、そこで卵を買うことはしなかったのですが、それでも機会があれば買って食べてようと思いました。

また違うセミナーに参加することがあればシェアします。

今回もお読みいただきましてありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

by:schani
by:schani

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

ともに成長し健康貢献のできる、ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ

本日のアクセス 400! (^^)













スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1210-68e086b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド