さしみの法則  ブログ第427日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー
いつも日曜日と祝日には閉まっている八百屋さんが、日曜日に営業したのでのぞいてみました。
いつものパートの女性が、小学生くらいの子供と一緒に働いています。彼女の孫と言うことで、そこの社長(彼女がそう呼ぶ)は来ていません。
なんでも「仕入れた青物がこの連休だと痛むので、あるものだけを売りさばこうというので、朝から孫に鉄だわせて彼女一人でやっていたのです。孫は小学校2年生の女の子です。買い物にいらったり、お店の外に荷物を持ってきてもらったり、自分がちょっと店のレジを離れる時に、留守番をしてもらったりと重宝しているそうです。おつかいを頼んだらなぜかそれ以上に 自分の欲しいものを買って出費が多くなるがと笑いながら話していました。

いつも忙しく、てきぱきとお客さんとリズミカルにテンポよく接客している彼女ですが、その時にはたまたま私だけだったので、いろいろと話しました。
こういう時の給料はどうなるのか、尋ねたら、月給だからといいます。
ということは青物が痛んでも、わざわざ休日に自分ひとりでお店を開けなくても給料は変わらないのでしょうが、それを青物が痛むから、自分一人だけでも開けるところに責任感と頑張る気力がすごいな~と思いました。

いつもいろいろな工夫をしており、「前働いていた女性がそこの社長(大将)に怒鳴られまくっていたので、それも無くすごいな~と感心している」と言うと、「あの人は社長の奥さんで、ああやって奥さんを怒鳴るから、精神的に病気になって、実家に戻っているの。「社長も悪い人ではないんだけれど、口が悪いから」と言って、自分のエピソードを教えてくれました。

もともと7月というのはお客さんが落ち込む時期ですが、たまたま、その少し前から働き出した彼女は「お客さんが少ないのは、私が働き出したせいかな~?」というと、社長が「そうたい」と言ったと言います。
それが心の傷となって「ずきっとして、絶対忘れられない!だからぜったい負けない、見返してやる」と思い、一生懸命働いているそうです。

それ以降、自分で調べた野菜の作り方のメモをお客さんに渡したり、いろいろ工夫しているうちにだんだんお客さんが増えてきたのです。その話を聞いて、彼女の心の動きがよくわかりました。私も彼女の立場なら同じように傷つくだろうなあと思うのです。

そして、彼女が私のさしみの法則を教えてくれました。
さしみと聞いたらお刺身をイメージするでしょうが、そうではありません。
「あなたが何をやっても好きで受け入れてくれる人が3割なら、どんなに気を使って親切にしても嫌われるのが3割、その間の4割はどうっちでもないけれど、その4割は3割に引きずられる。だから7割の人に売る込めて認めてもらったら大成功なのだと、昔の上司に教わり、それを支えに生きている」と言います。

3割、4割、3割で、さしみです。うまい~!と思いました。
と同時に、彼女の上司が言ったという法則は大まかにそうかもと思います。

よくパレートの法則といって、20%と80%で、上からの20%が他の80%を支えているので、もしかしたら、その割合は、微妙に違うのかもしれません。
どちらかと言えば、自分を無条件で応援してくれる人2割、どちらでもない人6割、どうあっても合わず、こちらを嫌う人2割かもしれません。この場合、この6割をどう入れるかということも考えて、語呂合わせだと、「風呂に(ふろに)入る法則」とでも名付けようかなとは思います。まあ、さしみほど、語呂がぴったり来ないのが難点ですが。

そして、もっとシビアに言えば、こういうものは、1割と8割と1割の割合のような気がします。特に好きと言って応援してくれる人も10人いれば1人くらいだし、あと、どうしてもウマが合わず嫌いというのも1人くらいいるし、残りはそのどっちかの影響の強い方に引きずられます。これだと、いっぱい(1.8.1)の法則という語呂がぴったりはまります!これは、そこそこ、いいセンいっているかな?(笑)

それはともかく、彼女の物事に対する感覚は、私とよく似ていることを発見しました。清潔に関する感じ方がです。私が耐えられないと思ったことは彼女も同意見でした。そして、互いに苗字を知らないけれど、こういうゆるい人間関係のつながりがあるので、私は福岡で楽しくやっていけてるのだなあと思います。
とにもかくにも、そこにいけば彼女は工夫をしながら頑張っている姿を見ることができ励まされるので、これからも社長の口の悪さにめげずに立ち向かっていってほしいと思ったのでした。

今回もお読みいただきましてありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

by:schani
by:schani

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

ともに成長し健康貢献のできる、ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ

本日のアクセス 400! (^^)

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1216-6c580ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド