不安やネガティブも抱きしめてバランスをとり生きる    ブログ第437日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー
人生で成功したいと誰もが思っているでしょう。

しかし、光が当たれば影ができるように、表があれば裏があるように、磁石にS極があればN極があるように、嫌だ、切り捨てようとしても、上手くいかないことはあります。完全なポジティブだけの人間は存在しないように、どんなに成功している人でも、不安やマイナスの部分は、必ず存在しているのです。それがその人だけに来ないなら、まわりの近しい人のトラブルに巻き込まれたりとか、家族にマイナスが及んでくる場合もあります。

宇宙はバランスをとろうとしているので、過剰にどこかの部分が、突出して良かったりすると、どこかの部分でマイナスとして表面にあらわれます。だからこそ、常にニュートラルの位置に心を置くようにして、全てのできごとに感謝して前に進むようにした方がいいのです。

ドクター・ディマティー・メソッドのセミナーで、それについてよく表しているところがあります。

自分があまりにもネガティブであることを自覚している男性が、これではまともに生きていけないと考えて、ポジティブであることを掲げる運動をして本にしました。現在主流を占めている思考体系において、私達はいつもポジティブであるべきとされています。

しかし、それを提唱した別の第一人者をおおっぴらに「これまで自分がとった行動の中で、人生にもっともひどい影響を与えたのはポジティブ思考をビジネスにしたことだ」と述べています。彼が、人間関係を損ない、あらゆる健康問題を引き起こし、家族に試練をもたらしたものはポジティブ思考でした。


「正負の法則 ドクター・ジョン・F・ディマティーニ著」から

ポジティブとネガティブを抱き合わせて、いつ、その面を利用すればいいか、その真ん中にある「今、ここに」集中している愛にみちは思考が、バランスをもたらすのです。

どちらかに一方的に偏った存在になるためではなく、自分の両方の面を受け入れること。

何かあった時に、いいことがあった、悪いことがあった、という風に一方的に決めつけるのではなく、統合して見るようにするのです。

故事ことわざの

「禍福(かふく)は糾(あざな)える縄(なわ)のごとし」
がそれを表しています。

幸福も不幸も表裏一体で、幸福だと思ったものが不幸に転じたり、不幸と思ったものが幸福に転じたりする。成功も失敗も縄のように表裏一体をなして目まぐるしく変化するものである」たとえです。

それを思考という体系にもちこんでいるのが、ディマティーニ・メソッドです。

宇宙は、たえず人に、試練と支援を与えてバランスをとっているのは、人生の7つの領域をマスターするためといいます。
その7つとは、精神性、知的活動、職業、お金、家族、人間関係、身体です。

1 精神性(スピリチュアリティ)
ネガティブ・・・お知れは、モラルや倫理に反することへの恐れがあるでしょう。多くの人から反対されることや所属する社会のルールから外れることを恐れて、何かのために立ち上がるのが怖くてやらない人がいます。

2 知的活動
ネガティブ・・・十分な知識がないと心配したり、「自分は、頭が良くない。必要な教育を受けていない」と、思っていると本当にしたいことを避けることがあります。これは別の幻想です。現在のレベルでどんなゆっをも叶える能力があるのです。

3 職業
ネガティブ・・・失敗を恐れること、目標が立てたけれど実現できなかったという経験があるでしょう。失敗と成功の繰り返して、両方必要です。伝説的な野球選手ベーブルースは、ホームラン記録と三振記録の両方を持っていました。成功だけを手に入れるというのは大きな幻想です。失敗するように自分を追い込むことと同じです。

4 お金
ネガティブ・・・社会に出てから自分が本当に好きなことをしたら十分な収入は得られないかもと心配することです。自分に大好きなことがあって、それを実現するためなら必要なことは何でもする覚悟があると、豊くなるために実証ずみの法則に従えば大丈夫です。

5 家族
ネガティブ・・・愛する人を失うことの恐れ、多くの人はもし自分が、好きなことをしたら、愛する人を失うだろうと感じて売ます。互いを愛するhどには互いを必要としてないと、うまくやっていけます。しがみつく種類8のせっぱつまった必死さではなく、分かち合いです。
そうしたら、ひとりがいなくなってももうひとりはきちんとやっていけるでしょう。失われるものなどなくただかたちを変えているだけだとわかります。

6 人間関係
ネガティブ・・・社会的な拒絶に関わる恐れは大きいです。人から受け入れられないこと恐れて、自分が好きなことをやらない人もいます。賛同と拒絶のバランスを維持されるのでちちらか片方だけを受け取ることはありえません。
非難されたくないなら、称賛も期待してはいけません。

7 体の領域
ネガティブ・・・不健康、死、病気に関する恐れ、
恐れから自分の夢を生きない人がいますが、病気、疾患、死を引き起こす最大の原因は、自らの夢を生きないことです。

これらに領域に愛を与えるようにすると、人が本楽もつ天性の才能が目覚めることができるのです。

何があっても自分の中でバランスよく見ていくことで、心はニュートラルの状態になります。それらの起ったことに対して、悪いように思えることでも後ろに隠れているポジディプな面を見つけ出し、それが宇宙からのギフトだと心から思える時、心に愛と感謝が満ちてきます。そして次の段かいに進めるのです。

そうすることで自己価値も上がります。富と健康もますますレベルアップしていきます。私も日々それらを抱き合わせて進んでいきます。

今回もお読みいただきましてありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

by:schani
by:schani

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

ともに成長し健康貢献のできる、ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ

本日のアクセス 400! (^^)

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1228-65f2030b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド