帰省してブルーベリーを路地植えしてきました  ブログ第439日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

土曜から月曜日まで帰省して、ブリーベリーを路地植えしてきたヒュギエイアです。
お昼ちょっと前に実家に戻り、昼食を食べてちょっと休んだ後、2時ごろから地元の家電フェアに母と近所の母より3つ上のおばちゃんと一緒に行きました。
小さいころからおばちゃんと言っているので、お互いいい年になってもそれは変わらないのです。まあ、おばちゃんと私が言っていた頃は、今の私よりも確実におばちゃんも若かったのですが、当時の風習はそういうものでした。子供のいる女性は皆おばちゃんと呼ばれていたのです。

開催場所がバス停からやや遠く、ちょっと不便なところにあります。一番近い市役所バス停から徒歩で会場に向かうのです。私にとってはどうってことない坂なのですが、母とおばちゃんは坂がきつそうでした。年をとると公共交通機関がないところに、自分たちで行くのは大変になるのです。

それから、ようやく会場に到着しました。入る前に、来場者にチケットと引き換えにお土産が配られます。ABCコースの3つの中で母は、品物ではなく、食べ物の2㎏ジャガイモを選びましした。おばちゃんは特に招待券を持ってなかったので、その時点ではもらってなかったのです。
ただ、会場で母が家電を選び、そこの担当者と話をしているのを前にして、おばちゃんも、たまに泊まりに来る孫娘のために家電を買いました。それで、電気屋さんが気を聞かせて、おばちゃんの分も、ジャガイモ2㎏を持ってきました。けっこう重いので私がおばちゃん家の分も持ってあげることにしました。

そのあと、商談成立の人用のくじでおばちゃんと私がピーナッツを引くことになりました。それも、もらってから今度は徒歩で帰ります。行きと同じバス停に行くより、裏道を通って帰った方が近いと母が言いだしました。母が、裏から近道があると強く言うので、裏にある公共施設のところに向かいます。以前は、そこに老人ホームがあったのですが、移転して今は駐車場と広場になっています。
その近くの公共施設では家族向けの何かのイベントが行われていたようで、そこで片付けをしていた小学生か中学生くらいの女の子に、このあたりに通り抜けられる道があるかどうか尋ねました。
そうしたら、「わかりません」と言うので、私達は元来た道を引き返していました。そのすぐ後で、その女の子が気を聞かせて、施設の人に道を尋ねてくれて、結局、「裏の方に細い道があります」ということを、大きな声で教えてくれました。
母とおばちゃんは「確か道があった」と言い合っていたのですが、私が何のこと?という感じでした。しかし、確かにその道はありました!

道といっても階段がずっと下って続いている状態のものです。狭く、一人が通るのがやっとです。私は生まれ育った土地で、そのあたりはギリギリ校区になるのに、そういう道があったことを、その時まで知ることがなかったのです。ある意味、衝撃でした。何十年かぶりに新発見したのですから。
母とおばちゃんの二人は「ここは一人では怖くて帰れない」とか「以前は見晴らしが良くて、あの向こうまで見えたのに、木が生い茂っているね」と言いながら、階段を下りて行きました。私は、両手にジャガイモを持っているから、後ろから慎重に降りました。そうして降りた先には家々が並ぶ住宅街の道に出ました。

そこでも、2人は「ここには昔○○があった」などと言いながら、懐かしそうにして歩いていきます。ある程度の場所に来ると、私にもどこかわかる地点になりました。あの階段が、こういうところに繋がっていたんだ~ということを知って良かったです。まあ両手にジャガイモの袋は重かったのですが、ゆったりゆったり話しながら30分ほどして家に帰りつきました。おばちゃんのうちにたどりついてジャガイモを渡したとき、「まあ重たいのに悪かったわね。ありがとう」とお礼を言われました。やっぱり私がついて行って良かったと思いました。もしおばちゃんがそれを持っていたら途中で動けなくなっていたでしょう。

そして夕方、ちょと休んでから、ブルーべりーのポットを植え替えをしました。一応、育て方や、どのよう移植したらいいか調べたものをプリントして持って帰っていたので、それを参考にしたがら母と一緒に作業をしていきました。
40cmくらいの深さのなだらかな円を2つシャベルで掘ります。だいたい1メートルくらい離して掘りました。まず底に化成肥料をやります。それから土をうっすらかぶせます。そのあとブリーベリーの苗木をポットから出して置くのです。ブルーベリーを育てるには、土地を酸性にしないといけません。

そして固まっている根をほぐすようにして土を落していきます。そうしないと根が広がらないのです。ブルーベリーを置いた後も、肥料のピートモスと赤玉と掘り返した土をバケツに入れ、水でこねてドロドロにした状態のものを横に流し込むようにかけていきます。
母が2つのブルーベリーの苗木に添え木を指して、紐でゆわえました。それから完走した土と乾燥したピートモスをかぶせました。
そして終りに根本に水をかけて終了です。

ブリーベリー(マグノリア)

ブリーベリー(マグノリア)

ブリーベリー(シャープブルー)

ブリーベリー(シャープブルー)

ブルーベリー(マグノリアとシャープブルー)

これだけの作業ですが、かなり時間がかかりました。1ヵ月ほどで根ずくといいます。
生長が楽しみです。

母からはもう、こういうものは買ってこないように言われたのですが、ブラックベリーとラズベリーも植えたいと思っている私です(笑)まあ大きな鉢植えで育てるなら、実家のどこかに植えた方がいいですし、いい苗があったらやっぱり買うかもしれません。

とはいえ土曜日は、結構体を動かした日でした。

今回もお読みいただきましてありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

by:schani
by:schani

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

ともに成長し健康貢献のできる、ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ

本日のアクセス 400! (^^)




スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1231-d3ef8df5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド