アトリエ戯座での「ひとつ灯せ」を聞く   ブログ第470日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー
CIMG9502.jpg

黄色い花をそろえてみました。

今日は朝から雨です。
昨日は、黄色い花を4種類を買って来てベランダ園芸をしました。先日買った黄色水仙と右にある黄色のローズ型のプリムラがいい感じです。雨の日でも黄色の花がぱ~と輝いています。

今日は近所にある、アトリエ戯座
での 独演会に行ってきました。
毎月10日と20日に行われていたようですが、いつも日程が合わず、何年も行かないままでした。
部屋の中はこんな感じなんだ~と思いつつ、暗く照明を落したマンションのサロンの部屋でコーヒーとお菓子をもらい、ソファーで座って3時の講演を聞きました。

佐藤順一氏による宇江佐真理のひとつ灯せの朗読です。
時間がきて、氏が登場して、台に正座してから、おもむろに話し始めます。

落語を聞いている感じであり、江戸時代の様子が目に浮かんでくるようです。

真面目に働いてきた老舗料理や「平野屋」の7名代目、清兵衛。家業を息子にゆずり隠居してから原因不明の病気で倒れてしまいます。そこに幼馴染に「伊勢屋」の甚助が唱える般若心境で、すっきりと病は癒えたのですが、それから、甚助によって清兵衛は話の会なる不思議な集まりへと出かけていきます。
そこで集まった人たちが話す不思議な話と、それを聞いて帰ってからの清兵衛と妻との会話と不思議な出来事の話になって完結します。

時々朗読に合わせた照明の強弱や効果音の音響が、その場面をくっきりさせます。お囃子だったり、庭に聞こえる獅子脅しの音だったりです。
江戸に思いをはせて遊ぶ、こういう時間を持つのもいいなあと思いました。

また今日初めて知ったのですが、作家の宇江佐真理氏は先月に亡くなられていたのですね。

彼女の作品で読んだのは、映画にもなった雷桜(らいおう)です。他にも彼女の時代小説を読んでいます。
しかし、ニュースや新聞に流れたのでしょうが、私は今日言われるまで、その死去に気が付かなかったのです。

これも何かの縁かもしれないと思い、また彼女の作品を読んでみようと思ったのでした。

今回もお読みいただきましてありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

by:schani
by:schani

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

新月になったので、ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

新月です。クリックするだけで無料メルマガ登録できます。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1265-734e6d4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド