ウコンとターメリック   ブログ第482日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー
今日、職場での出来事です。

saru.png

窓枠下の棚にいっぱい観葉植物が、ずら~と並んで飾ってあります。そしてところどころに表彰状もあります。また、去年に、職場がもらった表彰状も増えました。これは、長年の成果が表彰されたもので、年末からずっとそのままであり、いつまでも箱に入ったままではいけないと思ったのです。

それらを飾るために、棚の観葉植物たちを少しずつ横にずらして行きながら、土で汚れている棚などを拭いていってました。そうしたいるうちに中の一つの鉢が、こてっと横に倒れ、緑の枝が折れてしまいました。でもその時、私は植物のどこのところだ?と思いながら、それを鉢の横に置き、そうじと移動と続け、何とか空間を作って表彰状を飾りました。そうして、他にもいろいろすることがあったので、その鉢のことはすっかり頭から抜けてしまいました。

課長が、お昼近くに
「花芽が折れている」と言いました。近くにいた男性が「私ではありません」といいました。
「私です。すみません」と私。
「○○さんかと思ったよ」と男性の名を上げながら、その男性も「いやあ、良かった。私でないことがわかって」と笑いながら答えました。そばにいた係長も笑っていました。なんということ!とはいえ、もう折れてしまったものは仕方がありません。次の花芽がちゃんと育ち花が咲いてくれるのを願うばかりです。

そうくこともあったせいか、課長が、自宅でウコンが育っている話をしました。
私はウコンの花がどういうものなのか知りません。

「ウコンはどうやって使いますか?料理の先生」
と職場の男性が私に尋ねます。
まあ、それで
ウコンがすぐにピンとこなかったのですが、
「ウコンはターメリックですよね」と言うと「そう」と課長がうなずきました。

「私はウコンとは言わず、ターメリックとしか言わないからピンとこなかったのですが、だったらやっぱりカレーです」
と言うと、「ほ~」と課長を含めて3人の男性が感心したようにいいました。それほど大したことを言ってはないのですが、やっぱり料理の先生というところで、妙なところで感心されるので、ちょっと可笑しかったです(笑)

「量はどのくらい?」とくだんの男性に尋ねられたので、
「そんなにたくさん使いません。好みですから」と答えました。
こういうスパイスは入れりゃあいいというものではないです。入れ過ぎればまずくなりますし、これはどんな香辛料だったり調味料も同じことです。

「ウコンは肝臓にいいけれど、食べ過ぎたら肝臓にも悪いからね」と課長が言います。
「としたら、アルコールの二日酔いのあと飲むのはどうでしょうか?」
「う~ん、どうかな」と課長
「ここのところ酒を飲まないので、どんどん弱くなっているから、ウコンを飲んでいると肝臓強くなりますかね」とその男性。

こういうのは、個人差があることですし微妙なところです。なんとも言えません。
私が使うのは、自然食のお店で買った有機のターメリックです。だからといって、肝臓をよくするために、それをわざわざ水で溶いて飲もうという気にはなりません。
とはいえ、無理してお酒を飲む必要はないし、弱くなったなら弱くなったままで全然構わないのではと思うのですが、それは言いませんでした。

「実のところ、ウコンの植物を知らないので、どんなものかわからないのです。私は買ってきたターメリックを使ってますから」と答えました。
「そりゃあ、つまらんね~」と笑いながら課長から言われます。他の2人の男性も笑っています。
「ははは」と笑う私。たぶん、ベランダ菜園でウコンには手を出さないでいるでしょう。
ちなみに、課長宅のウコンは、紫ウコンといいます。もしかしたら課長の気が向けば、代わりにウコンの苗を持って来られるかもしれません。それとも、私が花芽を折った鉢の代わりに、うちの鉢のどれかが花が咲いたら職場に持っていこうかなと思ったのです。

それらはさておき、今の職番のまったり感と仕事のバランスが実にいい感じです。ここの職場も2月下旬までですが、それまで楽しく働きます。

今回もお読みいただきましてありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

by suneko by suneko

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

新月になったので、ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

クリックするだけで無料メルマガ登録できます。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ







スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1276-09c50d8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド