冬に不安を思える時には、何かするか体を動かしたらいい   ブログ第488日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー
ここのところ寒い日が続きます。

20120122122210.jpg

小雪やみぞれが舞い、風邪が冷たく、外がうす暗かったりします。
「寒い」とみな体をかがめて歩いている人が多くなります。私も出勤途中、風に強さに息が止まることがあり、こういう時には縮こまってしまいます。

救いは、職場の雰囲気が温かいことです。みなが互いに労わりの言葉を掛け合ったりします。しかし、それでも、うちに帰る時に、ふと孤独感に陥ったり、漠然とした不安を覚えることはあります。もともと冬は、日照時間が短く、冬季うつ病になりやすいことも関係あるかもしれません。冬季うつ病対策はいろいろありますが、睡眠はたくさんとった方がいいようです。今からの時代にそなえる意味でも、私は8時間睡眠を目安にしていますが、このところ睡眠時間がやや短めです。

おまけに日中、コーヒーを飲んでとにかく覚醒させようとしております。眠くて書類に集中できないといけないので、コーヒーの力を借りるのです。これは、健康に良くはないのですが仕方がありません。
そして、家に戻ってから、すべきことを、片っぱしらからくしようと動くことで、かなりいいのですが、それでもあっという間に時間がたってしまいます。

冬季うつ病になるような気分の時には、忙しく何かをすることがいいです。そして、幸福ホルモンであるセロトニンを脳からたくさん分泌させ、いい気分になるようにすることがいいのです。とにかく、気分が暗くなる前に、早め早めに手を打つことが大切なのです。一旦、落ち込むと、それに対応するにはかなりのエネルギーが必要とされるので、早めに対応していってます。

以下に冬季うつ対策に対して、いいHPがあったので、一部抜粋します。
http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2014/003930.php
1 自宅・仕事場を明るくする

 季節性うつ病の改善に必要なのは、自然の光により多く当たること。とはいえ、冬は日が短くなるので、なかなかそうもいかない。可能であれば、自宅や仕事場の照明を明るいものに取り替えると効果的だ。
 治療では「高照度光療法」が行われることが多い。太陽光やそれと同等の光を浴びることで体内時計を調節して生体リズムを整える治療法で、多くの患者で効果があるという。

2 運動を習慣化する

 運動をすることで、爽快感や活動的な気分を得られる。寒い季節はできるだけ動きたくないかもしれないが、運動を習慣化することで心身にもたらされる改善効果は大きい。
 活発な運動によって、気持ちをコントロールする神経伝達物質のひとつ「ドーパミン」が分泌され、気分が落ち込んでいたり、イライラに悩まされているときに、症状を改善する効果を得られる。
 日光のもとで早歩きするだけでも大きな違いがある。運動をはじめることは、生活スタイルを改善するための第一歩になる。

3 「ToDoリスト」を作り整理する

 やるべきことが山積みになっていると、気分も萎えがちだが、タスクやプロジェクトが順序良く、きちんと整理されていると、落ち込みや憂鬱感を緩和できる。
 「ToDoリスト」を作成し、実行可能なものに優先順序を付けて、自分に合った生産性向上スタイルを身に付けることが、うつ病の対策になる。
 生産性を高め、自分が取り組むべき目標やタスクを明確にすることで、時間の有効活用につながる。手付かずのタスクだらけになり、頭を悩ますことからも解放される。タスクからタスクへスムーズに移ることができれば、気分が落ち込むことも少なくなる可能性がある。

さてっと、明日もあるので、お風呂に入って早めに寝るようにします。

今回もお読みいただきましてありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

by suneko by suneko

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

クリックするだけで無料メルマガ登録できます。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ





スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1282-608ed456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド