血液検査の項目は、クレアチンではなくクレアチニンだった。見間違っていた! ブログ第513日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー
今日は2月29日でうるう年すので4年に1回の日です。考えればめったにない日なので、風水的によいと言われていることをします。

そして血液検査の結果をよく見ていたら、私は2月27日のブログ記事が間違っていたことにか気が付きました。
訂正をします。クレアチンと思っていたものが、違っていたのです。

昨日の記事より、
血液項目はそれぞれ34項目ある中で、ただ一つ?と思ったのがクレアチンです。
クレアチンの数値が 0.4mg/dL 正常値(0.5~1.0)で Lの文字です。L=(Low)つまり低くなっています。しかし、特にお医者さんから説明はありませんでした。で自分でクレアチンとは何ぞやと調べてみました。今はネットがあるのでありがたい世の中です。


これはクレアチンではなくクレアチニンなのです。

クレアチニンとは、何か?

クレアチニンとは筋肉を動かすときに必要なクレアチンというアミノ酸が分解されたあとに出てくる老廃物です。

クレアチニンは筋肉周辺の血流に乗って、最終的には腎臓にたどり着きます。そこで血液がろ過されると、老廃物であるクレアチニンは体には不要な物質ですので、血液に戻されることなく尿として排出されます。


やっぱりありがたいことにネットで詳しく検索するとどういうもので、それが低いとどういう症状になるか出てきます。
もっともこのクレアチニン検査は、尿検査と血液検査があるのですが、私は血液検査だけしかしていません。

クレアチニン値が低いとどうなる?低くなる原因や理由と病気についてから一部抜粋

クレアチニンは
高負荷の筋肉運動をおこなった後に
残る物質の事です。

人は無酸素運動などの
高負荷の筋肉運動をする時には

アミノ酸の一種であるクレアチンを
エネルギー源として消費します。

クレアチンを消費(代謝)した結果できる物質が
クレアチニンとなります。

車で例えるならば

ガソリン(クレアチン)を使って走った後
排気ガス(クレアチニン)ができる

こういったイメージです。

クレアチニンが体内にできた時には
腎臓が濾過をして
尿と一緒に体外へ排出することで除去していますが

腎臓の働きに異常があれば
体外へ排出されずに
血液中に溜まってしまい血中濃度があがっていきます。

調べ方は クレアチニン血液検査を行います。

検査結果の値の見方ですが

基準値は

男性(mg/dl) 0.6~1.1未満
女性(mg/dl) 0.4~0.8未満


となっています。


ということで私はクレアチニン数値が、病院で、0.4mg/dL 正常値(0.5~1.0)なっており、女性の基準でいくと、ギリギリ大丈夫な数値でした。まあ病院によって正常値の設定数値が微妙に違っているので、そこでは、私は低いということになったようです。でも私のこの数値は女性の正常値内です。ただ、もっと筋力をつけたほうがいいのは言うまでもありませんが。

このクレアチニンは、高くても低くてもよくありません。
高いと、腎臓病、急性腎不全、慢性腎不全などの腎臓の病気の可能性が高いのです。

そして低いと、筋ジストロフィーの病気になって行く可能性があります。

身体の中のあらゆるホルモンは、高くても低くてもよくないのです。ちょうど適正な量が体にあることが、健康をもたらすのです。

こうやって調べると、自分の課題がわかります。
私はもっと週2~3回くらい 30分~60分程度の筋トレをした方がいいということでしょう。とはいえ、別に何かの競技に出るわけでもオリンピックを目指しているわけでもないので、むやみやたらと強い負荷をかける筋トレには意味がありません。

毎日を快適に過ごせる筋肉を作って、代謝や免疫力を上げ、血行を良くすることが最大の目的です。筋肉鍛えて、マッサージをしてリラックスして、元気に楽しく人生を過ごします。

今回もお読みいただきましてありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

by:Sarah_Jones  by:Sarah_Jones

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

クリックするだけで無料メルマガ登録できます。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ


スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1309-f286026d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド