片付け講座受講と実家に帰省しました   ブログ第527日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

今週火曜日に城南保健所主催の片付け講座に参加したヒュギエイアです。

午後2時からでしたがあっという間の90分でした。
講師は、ハウスキーピングSan代表の 里舘 友子先生です。このレッスンは初心者のためのものですが、分りやすく面白いレッスンでした。こういうレッスンを受けると、要らないモノを捨てようという気持ちが高まるからいいのです。

私は過去に断捨離講座も受けており、衣服はかなり減らしました。あとは本と書類ですが、これはまだまだです。
里舘先生は、仕事でいろいろなお宅を見てきています。一軒屋の家にどれほど多くのものがあり、扉やドアの前にもモノが床に置かれて戸棚やドアが使えなくなっている例を写真で挙げていきました。今回のレッスンで、先生は、「まずは家にある紙袋が何枚あるか数えましょう。家中にある紙袋を一か所に集めて、残してしておく数を決めて、それ以外は捨てましょう」ということを、最初の一歩としてあげられました。多いお宅では家のあちこちに紙袋が置いてあり、全部で500枚近くあったそうです。

また、「タダのモノをもらわないようにする」ことが、いかに大切かと言われました。どうせゴミにしかならいのだったら家に持ち帰らない、家の中に入れないと、きっぱりと決めることが肝心です。また「化粧品の試供品などは、もらったらすぐに使ってしまう」ことを言われました。これらのことも納得です。

それにしても、紙袋は盲点でした。ただ、その日は、夕方から実家に帰ることになっていたので、レッスンが終わった後は、一緒に参加していた友達とお茶をしてから、そのあと実家に帰省したので、その日に紙袋を数えることはしませんでした。
友達はこういうレッスンに参加するのは初めてだったとかで、「とても面白かった」と言っていました。元々すっきりと暮らしているので、彼女には必要ないように思ったのですが、やっぱりそれなりに、捨てた方がいいものがあるようです。

そして数日後に紙袋の整理をしたところ、サイズがいろいろあり全部で60袋ありました。私の場合は、生徒さんが荷物を持って帰る時に、「何か袋があれば下さい」と言われることもあったり、何か人にあげる時に紙袋を使うことがあるので、きれいなデザインの紙袋を意識して残しています。

あきらかに黄ばんでいたり痛んだものを捨て、仕事などで使う紙袋を大、中、小と全部で40袋にしました。この残しておく枚数がいいのか悪いのかわからないのですが、今回は自分でこれだけにすると決めたのです。下着や衣服などを捨てる場合には、紙袋に入れてくるんでから捨てるので、それ用のものは10袋にしています。

紙袋は、寝具が入っていたボタン付きのビニール袋に入れています。ごみ袋用の紙袋は別にしています。押し入れに入れて、スペース的には12㎝~13㎝幅といったところです。これを多いと思うか少ないと思うかは、人様々かもしれません。あまりにも使わないもの、ガラクタが多いと、金銭的にももったいないと、こういう講座ではよく言われます。高い家賃のところだと、ゴミにお金を払っていると言われる所以です。

この紙袋にしても、断捨離や片付けの上級者はもっと数を減らすでしょう。私もそうしてもいいのですが、まずは、1か所に集めてある程度捨てたことで良しにします。何といってもこういう行動を実際にしたことが大切なのです。以前だったら、それすらできなかったのです。やった分だけ、確実に進歩しています。

今回の片付け講座や他の講師やその関連の本でも言われていることがあります。

まずは捨てようとするものを1か所に集めて広げる。それから残しておくものを決め、あとはゴミ袋に入れるということが共通しています。

これもエネルギーがいるし、面倒に感じるのですが、やり終わると成果が目に見えるので、すっきりします。風水では、紙類は仕事に関連してくるといいます。だから思い切って、要らない書類などを処分すると、いい仕事がくるのかもしれません。

3月4月は、実家の所要でちょくちょく帰省します。実家でも、断捨離や掃除などできるだけしています。ただ実家の断捨離は難しく、私が押し入れにある要らない紙袋などを捨てようとしても家族がストップをかけるので、一人で進めるには難しいのです。
だから、実家では雑巾で拭けるところを拭いていく掃除が中心ですが、断捨離であれ断捨離であれ、やればやる程いい空気になっていくので、できる範囲のことをできるだけやることで良しとします。

今回もお読みいただきましてありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

by:bryce_edwards by:bryce_edwards

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

クリックするだけで無料メルマガ登録できます。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ



スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1322-bbede8c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド