西新に靴をとりに行ってきた   ブログ第560日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー
午前中、少しポツポツと雨が落ちていたけれど、自転車で西新まで靴をとりに行ってきたヒュギエイアです。

なぜか昨夜から片頭痛がしており、本当は何もしたくありませんでした。しかし、今日行くとお店の人に言っているので、行かないとと無理をしていったのです。
靴の幅を広げに出した靴屋さんに先週日曜日に、とりに行ったところお店が締まっていました。それで仕事が終わってからの平日木曜日の夕方に、靴をとりに行った時にもお店が閉まっていたので、やっぱり行くのは土日しかないと思ったのです。
電話も留守電になっていなかったのでメッセージが吹き込めずにいましたので、金曜日のお昼休みに電話したところ、土曜日なら開いているということでした。それで11時にお店が開くので11時半過ぎに、お店に向かったのでした、

もともとここの靴屋さんで買ったわけではないので、お店の人の事情は知らないのです。私が買ったところと同じシリーズの靴も売っているのですが、出張で足裏マッサージもしており、そのためにお店を閉めた日に私が行った日が重なったのです。
まあ、そういうこともここで買っていればわかっていたんでしょうが、なんせ靴を買ったお店が違うので、仕方のない部分はあります。

お昼頃行くと、そこのオーナーがお店の前で赤ちゃんを抱いて立っており、こやかに迎えてくれました。足裏マッサージをしているお客さんの赤ちゃんを預かって、あやしていたのです。お母さんに赤ちゃんを戻すと赤ちゃんがちょっとむずかりました。

そして、靴を持ってきて、実際、店内で歩いてみましょうということになりました。
そうして、靴の履き方から教えてもらいました。忙しいと靴ひもを丁寧にゆるめることをせず、全体的に緩めてスポッと履けるようにして履いていたので、それだとせっかくの靴の効能がなくなりもったいないということでした。また実際に靴を履いて歩いてみて下さいと言われ、歩いてみました。

私は、足の開き方としては、足先が11時の方向にあり、上半身はまっすぐ安定していて良いけれど、太ももの付け根から足を出すようし、かかとからしっかり足をつけてけり、足の指が地面につくときに、体重も前の方にかけるようにして、後ろ側の足の指が地面についているように、さっそうと歩いた方がいいといわれました。左右の足の着地が、波をうっているようなリズムになった方がいいということです。そうしないと腰に負担が来るといいます。とくに足のつけねのところはリンパが流れているので、ここからしっかり足を前に出して、さっそうとやや大股で歩いた方がいいのです。何度か歩く練習して、これでいいですと言ってもらいました。

また、私の足は左の足首の方が少し歪んでいるので、靴をきちんと靴ひもで締めてしっかりと履いて、上記の歩きをした方がいいと言われました。とても参考になりました。

やっぱりお店の開いている時間に来てよかったと思いました。ちゃんと歩くということは、なかなか難しいことです。誰もですが、生活スタイルなどで歩き方に癖が出てきます。それによって足の形も変わってきます。そこのお店の人も、ここの靴を履き8年かけてようやくここまでにしたといいます。

良かったらぜひ、福岡在住の方は西新のお店を除いてみて下さい。今靴のバーゲンもやっています。歩き方を教えてくれるし、マッサージもできるのです。

お店は
癒し庵めぐみ
福岡市早良区西新5-6-2
092-845-7988

店長が丁寧にお見送りしてくれて、家に戻り一仕事を終えた気持ちになりました。ちょうどこの日の午後には、郵便箱に、母からよく効くという頭痛薬も送られていており、ラッキーでした。

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1358-8e36d83b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド