スイスで世界初となるベーシックインカム導入の国民投票は? ブログ第564日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

今日からまた出勤して働きに行ったヒュギエイアです。

CIMG9878.jpg

写真)今日のお弁当  ナチュラル・ハイジーンに沿ったお弁当です。
果物と、サラダ(黄色パプリカ、紫キャベツ、山いも、トマト) とタコと根菜類の煮物、

今日も仕事を終えて家に戻り、一日を終えて、なんということなく年をとっていくのか~という感慨に打たれました。
昨日の時点で、スイスのベーシックインカム(最低生活保障)の国民投票の結果が、否決になったという記事を読み、まだ夜明け前なのかと思ったのです。

スイス「最低生活保障」否決へ 国民投票、働く意欲低下懸念

といっても絶望しているわけでありません。ちょっとガッカリしたのは事実ですが・・・。

まあ働かないでお金をもらったらダラダラしてしまう、というのは白人ならあるかもしれません。
しかし、これが日本人だったら同じようにベーシックインカムをもらえば、日本人の民族性として、ぼ~とすることなく、生活できるのだからと、トコトンいいものを追求していきそうな気がします。生活の保障や安定があったら、寝食忘れて好きなことに打ち込みそうです。もちろん日本人全員というわけでなく、それは全体の3割くらいでしょうが、それでも生活ためではなく、何か自分の好きなことに没頭できるというのは、間違いなく幸福であるといえます。

しかし、これができるのは、たぶん、世界でも日本という国だけだろうし、日本がそれだけ特殊だからだろうと思っています。

古事記でも神様(アマテラスオオミカミ)をはじめ、機織りをしていたくらいです。もちろん労働というよりも、そうすることが好きだからでしょう。そのDNAを受けついている(とされている)のですから、まあ日本人だったら大丈夫でしょうが、それでも、もし日本でベーシックインカム導入の国民投票があったなら、生真面目な国民性を反映して、否決になるのだろうなと思っています。

だけど、どんなに逆らっても人類は、宇宙の理(ことわり)には逆らえないし、暗闇の夜の時代から明るい昼の時代へと移行して行くのは間違いないでしょう。そして、お金の心配をする必要のない時代もくるのでしょう。できれば、私が現在のように、元気で動き回れる若さと精力を保っている間に、完全に昼の時代に移行してほしいと思っています。

AI(人工知能)の成長スピードは、日々、いや毎時間というより毎分ごとに進んでおり、とっくの昔に人類を追い抜かしているでしょう。現代は、それらが小出しに本当に少しずつ、世の中に出てきている時代なんだろうと思っています。
だけど、私は、悲観論よりも楽観論、いやもっとざっくばらんに言うと、将来が、どういう世の中になるか興味がつきないのです。長生きして、どういう世の中になるか、見てみたいのです。とはいえ、昼の時代への生き方のポイントは、今ここを生きるということ。

とにかく、あと2週間足らずの任期まで、まじめにきちんと今の職場に働きに行きます。

今回もお読みいただきましてありがとうございました。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

by:Karamellzucker  by Karamellzucker

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

クリックするだけで無料メルマガ登録できます。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ



スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1363-53d5ea72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド