友達と話して感心され褒められて気分が良くなりました   ブログ第575日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー
おたふく風邪がもう治ったと言っていいヒュギエイアです。

ha_365.jpg

友達と電話で、おたふく風邪のことなどを話をしていて、自分で健康にしていくところがすごいとほめられました。普通だったら、もう少し治るのに時間がかかるでしょうし、おたふく風邪になって気分的に落ち込むこともあるのに、すごいというのです。

自分では特にすごいとは思わなかったのですが、友達のほめ言葉はいい気分にさせてくれます。
「おたふく風邪に限らずバセドウ病も自分で治しているし」、と言われたのですが、私は何か病気になっても、その病気自体に関心を持たず、いかに健康になるかに目を向けています。それは特別なことではなく、普通のことだと思っていました。だけど、「そこが普通の人はなかなかできない」と友達はいうのです。

私は、「これはローフードの知識を得たから強くなれたんであって、もし知らなかったら落ち込むだろうし、がっくりくるだろうけど、健康になる方法を知ったらから強くなったんだよ」と答えました。
お陰さまで、肉体に不愉快な症状が出た時、なぜそうなったかと原因を調べてそれがわかり、病名もわかったら、もうそこで納得できるし、そうだったのかとある意味、安心もできます。そして、あとは回復や健康になるために日々生活していくだけです。友達に言わせると、そこがすごいというのです。ふふふっと嬉しくなりました。

そして、人の関心の向ける方向という例で、数年前によく行っていたお店のスタッフの話をしました。
そこはランチタイムで若い20代前半から半ばの男性が3人で働いていました。お店にはipadがあり、時々、話題に出てきたもので何かわからないものを探すことをしていました。

ある日、荒れる成人式の話になりました。とんでもない恰好で集まる人たちがいる、ということでスタッフの一人が、さっそくipadで検索します。そうしたら次々に、花魁風の崩れた着物を着たギャル(死語)が出てきます。最初はそれを見て私も笑っていましたが、次々に見ていると本当に気分が悪くなりました。
3人の若者たちは、それらを見ながら、口々に「うわっ!」「汚い」「バカ」「蛾」「バイ菌」と、ひどいことを言っていました。年齢だけいえば、その画面に出てくる女性たちは、十分彼らの恋愛ターゲットゾーンに入る女性たちだし、若く肉体の露出も多めだから、魅力的かといえばそうではないのです。ただ、そういう割には、一人のスタッフは次から次へと画面を見ていくのです。

好感を覚えないものを、なぜ、そんなに次々見れる?と不思議になりました。「もうよしなよ」と言いかけましたが、口にはしませんでした。だけど、彼の感覚が理解できませんでした。ipadでは、汚ギャルではなく、若く可愛い振袖姿の女性も検索したらいっぱい見ることができます。なのになぜ、そういう悪趣味と言っていいものを見続けるのか、わかりませんでした。

その話を友達にしたのです。そうしたら、その話にも感銘を受けていました。

「そうなんですよね。望む姿のものを見ていけばいいのに、なぜか不安にかられるようなものばっかり見てしまうのだから、そういうものを見るように、こうなりたいものを見続けていた方が絶対いいのに」と言いました。人は、つい暗い方向、不安な方向に、目を向ける性質があるのかもしれません。だけど、それは、そういう方向に向かって進んで行っているようなものです。
本当に望む方向を見て行動していった方がいいのです。

例えば、婚活している人がいるとして、結婚できなかったらどうしようと嘆いて暗くなったり、無理に合コンに行くより、仲良しのカップルの話を聞いてまわり、自分もこういう家庭を持ちたいと、いいイメージを持つようなものです。友達は、婚活中の妹にぜひ教えてあげようということになりました。
そして、「今日はいい話を聞いて、まるでカウンセリングかセミナーを受けたかのような感じ」とまで言ってくれました。私こそかなりほめられて気分が良くなりました。

それで面倒でずっとしなかったことをする気になりました。大したことではないのですが、アロンアルファを買ってきて、割れているカメラのふたをくっつけること、靴のちょこっと剥がれているヒールの角の皮の部分をはりつけること、お風呂の戸のタオルをかける取っ手の割れているところをくっつけるということです。

カメラのふたは、上からセロテープを貼っていたのですが、早くアロンアルファでくっつけておかないと、ふた自体を落としてしまうことになりかねません。しかし面倒だったのです。
靴の皮の剥がれた部分も、ほおっていると、そこからもっとひどくなります。お風呂のドアのところのタオルかけのところもです。テープを張っていたのですが、それもアロンアルファをつけてくっつければいいのです。
あと、椅子の底に貼ってあった音を消すフェルト布もはげていました。これは糊でもいいのでしょうが、アロンアルファの方が効果は高いのでしょう。

ただアロンアルファは、近所の100円ショップではなく、ちょっと遠いホームセンターにしかなかったのです。そこに行くエネルギーがなかったり、そこに行った時には、買うのを忘れてしまっていたのですが、友達のほめ言葉で、ぐ~んとやる気がでました。友達と話したあと、自転車で30分かけていきました。そこでは必要なアロンアルファだけ買いました。こういう場合、せっかく来たのだからと、つい要らないものまで買ってしまうことが多いのですが、何せ気分がいいので、必要なものだけを手に入れると満足したのです。

そして、家に帰って、面倒でずっとしておらず、しなければと気になっていた4つの小さな修繕をしたのです。そうしたらまた気分が良くなりました。あと、他にも何か修繕するものはないか探したのですが、今のところこれくらいです。

気分をあげて日常生活でのささやかな修繕をすることで、さらに気分がよくなるます。

そういう気持ちにしてくれた友達に感謝したのでした。

今回もお読みいただきましてありがとうございました。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

by:Karamellzucker  by Karamellzucker

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

クリックするだけで無料メルマガ登録できます。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ


スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1375-7b2b0b04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド