地元のプチ有名人たち  ブログ第598日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

久しぶりにあるお店に行きました。

たまたま、カウンターであるスタッフと座って話していたら、男性が入ってきて一つ開いたイスに座りました。その男性はよく来ているお客さんのようでスタッフも、その男性と話しだしました。
そして、何気に、そのスタッフが、外を見ていて
「モフモフがいる」というので、後ろを振り向いたら、
白い毛がふさふさ犬が乳母車に乗せられており、おじいさんが乳母車をおしていました。夫婦でその老犬を散歩しているそうです。
「あの犬はモフモフというん?」
「いや、そういう感じだから」といい
その夫婦は、よく店の前を通るそうです。その犬の顔は、人間から愛されている犬の顔に見えました。黒目が大きくで妙に可愛いのです。
「あの犬は幸せだよね」
と皆で意見が一致しました。

そこから、そのエリア限定のプチ有名人という話になりました。
なんでも「ごろにゃん、ごろにゃん」と口ばしりながら、道を歩いていく年配男性。
「それは、何?ごろにゃんにどういう意味がある?」
「さあ、口癖んでしょうね」
「なんだ、そりゃ」
まあ、特に、害のない、可もなく不可もないプチ有名人。見てみたいかといえば、別に~です。

あと初老の男性で、やっぱり人に妙に絡んでくるおじさんがいるそうです。一見強面とか。まあ、会わなくていいと思います。

また、そこの地元限定の有名どころとしては、夜中コンビニ近くの、40代くらいの太ったおばさんストーカーがいるというのです。通称ボンビー。あるゲームのキャラそっくりとか。もしゃもしゃパーマーをかけて生活に疲れた感じが漂わせて、チャリンコを押しているといいます。深夜たまたまそのスタッフが、コンビニから出てきたら、そのおばさんに出くわし、しかも、ちょうど信号が赤で、立っていたら微妙に後ろの方に立たれており、怖かったといいます。
その人は、コンビニ近くに住んでいるらしく、その店近くの別お店の男性店主らが4~5人で歩いていると、やっぱりストーカーちっくについていき、中の一人から「ついて来たらダメ」と、ダメ出しされていたといいます。しかもだいたい、出没時間は、夜中2時くらい。そりゃあ、おばさんとはいえ、夜中、後ろについて来られたらちょっと怖いかも・・・。
話を聞くだけだと、笑えるけれど、自分がその立場だったら・・・。う~ん、やっぱり怖い。私は出歩かない時間帯だけど、場所は近くです。そういう人がいるんだ~と思いました。

そのおばさん、無害かもしれないけれど、それでもじっと後をつけられたら怖い、という若い男性スタッフ。まあ笑いながらですが。
しかも並ぶ時に、微妙に自転車で微妙に斜めの位置に立つといいます。あるとき、そのスタッフが信号を待っていたら、そのおばさんが来たんで、赤にもかかわらず走って渡り、お店に中に入って隠れたといいます。「そのおばさん、妙に信号は守るので、良かった」
他人事と思って笑う私と男性客。
お客の男性も、「そのおばさん、この店に連れてきたら、その人に飲み物1杯サービスしたら」と悪乗りしていいます。
ますます、可笑しくなって笑う私。しかし、まあ、やっぱり会わなくていいか・・・。

他にも、70代後半で腰が曲がったおばあさんで、杖をつきながら悪態もつき、誰彼かまわず、人の好さそうな人に話しかけ、「小泉が悪い」と政治批判をしている人が出てきました。理論が途中でめちゃくちゃになるのです。
「ああ、その人知っている」と私。
私も、いきなりその人から話しかけれれたのです。しかも2回ほど。最初は、天神にある市役所の食堂でです。次は、バスを待っていたら、急に現れて話しかけられたのたのです。やっぱり、この近くなのかもしれません。途中、意味不明になって、うっとうしくなり、さっさと退散しました。やっぱり、このエリアで有名人だったのです。

他にもいたのですが、普通の人とギリギリボーダーのラインのレベルです。害はなく、自分の行動を、いちいち説明していくのです。トイレを貸して下さい、といい、そのお店の外にある、トイレに行きます。黙って使っても全然問題ないのですが。
そして10円を渡そうといいます。トイレ代なのか、といえば、そうではない。う~ん、意味わからない。私は、その人に何度か遭遇しています。
まあ地味と言えば、地味。笑えるといえば、笑える。

そういえば、以前は、六本松の地下鉄の入口前で午前中に、歌と手で振り付けしながら、神を賛美していた、どこかの宗教を信じている男性がいました。たまたまですが、数回見ていたので、マンション建設前の時は、その男性の日課だったのかもしれません。今は工事をやっているので、邪魔で追っ払われたのでしょうが、別のところでやっているのでしょうか?

そういえば、ちょっと違うところの橋の下にいた、ホームレスのおじさんはどうしたのかな?と思います。
割と身ぎれいにしていたし、デッキチェアもあったし、持っているものも、きちんとしていました。新聞も読んでいたし、インテリだったのかもれません。まあ、生活が向上して、雨露しのぐ家屋に住めるようになったらいいのですが・・・・。

人は誰しも、みな妙で可笑しな部分があります。自分に害にならないかぎり、そういう人がいた方が面白いです。またそういう人でも生きていけるのも都会のゆとりです。

たまに人恋しくなれば、そういう話の聞けるお店が行けることも、人生味わい深いなあと思った一時でした。

今回もお読みいただきましてありがとうございました。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

by:quatre mains  by quatre mains

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

クリックするだけで無料メルマガ登録できます。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ



スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1401-359b1905
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド