お守りなどの捨て方   ブログ第618日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

要らないものはなるだけ少しでも、捨てに行っているヒュギエイアです。

CIMG9925.jpg

たとえば段ボール。
何かが送られてきた時に、段ボールの空き箱ができます。ためて近所のリサイクルボックスに、届けてもいいのですが、1つでも持っていきます。最近、youtubeで、いかに捨てるかというものを聞きまくっており、この「たった1個のゴミでも捨てる」、ということが、いかに大切かと、身に染みたのです。ま、それほど、しょっ中、段ボールがでるわけではないので、溜まるまで持っているより、さっと持って行くことが大切だなと思います。

部屋の中には、お正月に、お宮参りの福くじで当たった熊手があります。小ぶりなものですが、数年前のものです。また数年前の干支の貯金箱があります。陶器のもので使えるのですが、今とは違う干支です。以前なら、そのまま使っていたのですが、これはやっぱり違うだろうと思いました。お守りにも賞味時期があり、お正月に手にしたものは、1年かなと思います。ただ、人からもらったものは、ずっと置いていてもいいとは思っていますが、これもやっぱり限度があるのかもしれません。

しかし、お守りは捨て方が難しいです。
普通の一般ゴミとして一緒に捨てることに、なぜか、心理的に抵抗があります。しかし、それらを、もらったところは、別々の遠い神社です。近くの護国神社に電話して、尋ねてみました。もしそれらを、「ゴミとして捨てていいですよ」、と言われたら安心して捨てられると思ったのです。そうしたら、引き取ってくれるということだったので、そこに2つを持っていきました。

そのあと、妙にすっきりしました。それらは、本当に小ぶりのものだったにも関わらず、空間ができて、すっきりしたのです。ここまで来るのに時間がかかりましたが、今、結構いい調子で断捨離ができています。
もっと断捨離を進めて、本当に必要なのモノ、好きなものに囲まれるようにしていきます。

今回もお読みいただきましてありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの幸せを祈ります。

by inthebag golf
by inthebag golf

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

クリックするだけで無料メルマガ登録できます。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ

51Gm1VN7QFL.jpg

電子書籍  https://www.amazon.co.jp/dp/B01JG9CI5K





スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1426-93829481
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド