家庭でできるシミ抜き講座に行ってきました。  ブログ第640日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

福岡サテライトで開かれた、家庭でできるシミ抜き講座に行ってきました。

a223707cc49643a1b7425cf473e87f9e-06bfd7e6352bb3a2581d1a02fe526a2047df0e93_201610211626528c6.jpg

講師は福永 真一先生です。染み抜き修復師、染匠技術部会代表取締役です。
2時から4時まででしたが、知らないことが多くとても参考になりました。

シミといっても奥が深いです。
例えば、ソースや、カレーなどの食べ物の場合です。
水系の汚れはお水で落とし、油系の汚れは油で落とすというのが原則です。

だから、ソースのような場合だと、慌てずに、
① 布かナプキンのようなもので汚れを吸わせ、決して拭き取らない。こすっては絶対ダメということです。
② 洋服の素材と色を見る。
③ 綿、ナイロン、ポりエステル以外のものはプロに出すというのが鉄則です。
そして、
洗濯機で洗うのですが、差材の洗濯表示に従って洗うようにするということです。

口紅などはクレンジングオイルを使って汚れを落とします。

ただ洗濯でも、綿、麻、毛、絹のような天然素材と、化学繊維でも洗い方が違って違ってきます。
綿はたいてい大丈夫で家でもいいのですが、麻は微妙なところです。毛と絹はプロに出した方が無難なようです。

化学繊維でも再生繊維のレーヨン、キュプラ、テンセルは自宅の洗濯は可能ですが、半合成繊維のアセテート、トリアセテート、プロミックスや合繊繊維の「ポリエステルやナイロン、アクリルはプロにまかせましょうということです。

漂白剤は、単に白くなっているだけで、汚れが落ちているわけではないのです。
だから汚れを落とすことを、その繊維の色がそれによって色落ちしてしまったことは別物です。よくクリーニング店などで、しみ抜きの看板がかかっていますが、染色できないシミ抜き屋さんは大したことがないということです。
ここが、クリーニングに出すポイントだということです。

へ~と思うことだらけでした。また今年12月1日から繊維製品の洗濯の取り扱い絵表示が変わります。これは私が行っていた職場の健康フェアでも紹介していたことですが、まだまだ認知はされていません。12月1日から衣服についてくる洗濯のタグが、国際基準になってきます。http://www.barcode-net.com/chisiki/washing-mark.html

慣れるまでは、今までの方がいいように感じます。関係ないことですが、洋服メーカーはこういう表示が変わる場合のタグ作りは面倒だし、いつまで古いものをつけるかということは、頭が痛いだろうなと感じました。

それと万能シミ抜きの作り方も教えてもらいました。

① 重曹 1 : 大手メーカーの酸素系液体漂白剤(ワイドハイターや手間なしブライト) 3 の割合を加えて液体を作ります。
それを、筆かスプーンでもいいのですが、シミにつけます。

ちなみに、家庭で使える溶剤は決まっており、プロが使っているものは家庭の排水溝では流せないので、複雑なものはやっぱりプロに出した方がいいようです。そしてこの酸素系液体漂白剤ですが容器が特殊であり、個人で作ろうとしても液体は無理なので粉にしかできないというのも興味深い話でした。

② やかんに3分1ほどの水を入れて沸騰させ、注ぎ口から蒸気を出してそこに、万能しみ抜きを塗ったシミを、蒸気に当てるのです。そうすると面白いようにシミが落ちます。
だけどこれが効くのは、天然繊維の綿と合繊繊維のポリエステル、ナイロンとアクリルの場合です。

とてもためになった講座でした。福永氏はクリーニング店のプロからも相談を受けるプロです。シミ抜きは、奥が深く面白いので、さわりだけだったのですが、知って良かったと思いました。
ただ、言わずもながですが、シミをつけないようにすることが一番です。それでもつけてしまったら、慌てず適切に対処して、お気に入りの洋服は長く大切に着ていこうとおもいます。

今回もお読みいただきましてありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

眠る子犬と子猫

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

クリックするだけで無料メルマガ登録できます。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ

51Gm1VN7QFL.jpg

電子書籍  https://www.amazon.co.jp/dp/B01JG9CI5K


スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1449-8096d64e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド