3日目の宮古島のワークと68年ぶりのスーパームーンが心に残った   ブログ第658日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

いよいよ最終日です。
CIMG0188.jpg

早いものですが、今日はスーパームーンの日です。それが68年ぶりとかで、宮古島では、夕方6時ごろに沈む夕日と上るスーパームーンが同時に見えるといいます。

朝、8時45分にチェックインして大型バスに乗り込みました。バディーでもありスタッフでもあるSさんは早めに来て、ロビーで皆を待っていました。まっつんが、いつも参加者がいるかどうかのチェックをします。大変だなあ、よくなっているなあと感心しました。

バスが出発しました。途中の景色が、どこも南国と異国と別世界を感じさせます。
そして途中に通称おっぱい山といわれる平らなところに2つの盛り上がった山が並んでいるところに停まります。
これは、おっぱいに似ていると言うのですが、宮古島が、ムー大陸の一部であった頃の、神殿の門の後だったのではないか、とか他にもいろいろなことが言われています。写真では、山はmそれほど盛り上がってないように見えますが、肉眼ではもっと山が高かったのです。

CIMG0169.jpg

写真)おっぱい山

ここでも、みなで写真を撮っていきました。集合写真のボーズは、一つはおっぱいつかみ、もう一つは、おっぱいを胸で隠すボーズ。
それから、ワークのために大型バスに乗り込み、灯台を目指します。ここで東屋のような建物のところに降りました。

CIMG0180.jpg

写真)東屋

こういう場所もスムーズに使えることが、間違っていないという事象になるといいます。
ここでのワークは、この東屋をお母さんの子宮として、参道から生まれた、そこのスタート地点です。灯台までの道が、自分が今まで生きてきた年齢だとします。30歳なら灯台までが30で割って道を進みます。40歳なら40で割り、50なら50で割ってそれぞれの年齢で気になっていたところの自然の様子み見るのです。

CIMG0181.jpg
たとえば、3歳のころの周りの風景で、花がほほ笑んでいた(ように見える)とか、鳥の声のさえずり、虫が飛んでくること、
半径5メートルで近づいてくる、鳥や虫は事象として、自然がいろいろな答えを教えてくれていると言います。

私は自分の今までの人生で、つらいこと、苦しいことが、が多いと思っていたのですが、なんと、それぞれの思い出の時代で、何もなく、風が爽やかで釈迦頭の実も実り、~と飛んでくるしじみ蝶など、どれもスムーズな象徴なことばかりです。
ええっと思いました。意外でした。

私は2番目に出発したのですが、できるだけ離れて出発するようにということでした。私の前は男性でしたが、先に行っており、見えません。灯台に到着してもその男性はいません。スムーズに灯台にたどり着いたのですが、人がおらず、急に心細く不安になりました。ここで間違ってないよねと確認したくなりました。しかし、ワークですから、バディーSさんや白川さんに電話して尋ねるのもためらわれました。少し後戻って見たら、どこかの団体客が歩いて来ていて、それにちょっとほっとしました。なかなか他の人が来なかったのですが、ようやくポツリポツリとセミナー参加の人が来て、安心しました。

それにしても、人によっての受け取り方も様々で、同じ道を歩いてたのに、設定が違うと、そんなこと(=事象)があったんですか~ということもありました。りえ先生とみなで、灯台のふもとでいろいろと話します。私が、大変と思ていたこともスムーズでいい事象ばっかりだったことを話したら、「そういういこともある」と言われました。

で、帰りはリボーン(reborn=再生)です。今現在の年齢(灯台の位置)から、東屋(死ぬ時)までが、自分のこれからの人生です。どの道を通って帰ってもいいのですが、3つある道の内、真ん中の道を行こうと思いました。そこで事象が、いろいろなことを教えてくれるのです。
CIMG0182.jpg

また、行き(自分の半生)では、人が見えなかったことが不安だったので、今度は数人が行ってから背中が見える状態で行こうとしました。しかし、真ん中の道を選んで歩くうちに、後悔し始めました。風が爽やかでなく、特に目を見張る植物もなく、面白くないのです。ただ、若く素敵なカップルが前の方からきたり、私の後ろを追い越して言ったり、2人の女性連れが追い越して行ったりと、パートナーがいる人が、けっこう目につきました。団体もどっと来ました。だけど風景が今一つで、心が浮き立ちません。

う~ん、これは、何の事象なのか、60代、70代に設定した時ほど、にぎやかですが、私は、爽やかな海風を感じる道を歩けばよかったと思いました。だけど草というかススキが茂っており、横切れません。そうして同じセミナー参加者で、前を歩いている人が、芝生のようになっている小高い山を、左に横切っているのを見て、私も安心して横切って行きました。

あとで、みなが帰りバディー同士で話し合った時に、ベテランバディーSさんから割と、シビアに指摘されました。
「嫌だと思ったらそのまま進まず、元来た道に引き返して、後戻りしてから違う道を行っても良かった」
とのことです。
そうだったのかと思いました。こうでなきゃ、と決めて頑固にそれを行くよりも、柔軟に臨機応変に行きます。
Sさんの道は海沿いでしたが、そのSさんももしかしたら、自分が、将来、不倫をしたらどうしようと、思うような事象が出ていたのでした。

それからまた大型バスに乗り込んで、そのあとは、食事に向かいます。食べるところは、コンビニの上にあるお店です。そこでは、宮古島でとれる調味料がありました。会席御前でしたが、お腹いっぱいで苦しいくらいでした。再びバスに乗った時に、吐きそうなくらいでした。これは単なる肉体的な疲労感であり、会席御膳は美味しかったです。
それから、大型バスは、砂浜が美しい鏡山に向かいました。

CIMG0186.jpg
CIMG0187.jpg
CIMG0189.jpg
CIMG0190.jpg

ここでみなで皆でジャンプして集合写真をとります。男性と女性に分かれるのですが、ドローンで写真を写すと全体が撮れるのでした。
たまたま若くかわいい女性2人組が、写真を撮ってくれるといいました。連写して撮るといいですよと、若い女性は、てきぱき説明して撮ってくれました。
こういう親切は人たちに合うのもいい事象です。私たちの一人も彼女たちの写真を撮ってあげました。みなニコニコして彼女たちもジャンプしたら拍手をしました。若いっていいもんです。

そして15時に集合場所に戻りました。最初のパイナガビーチで、みなでミーティングです。ここも誰も使っておらずついています。
アンケートを書き、今回、学んだことや気づいたことをシェアします。

私は、今回、盛沢山のことがあり特に午前中のワークが消化不良でしたが、かなりこれから変化成長すると感じました。
何を望むのか、どうありたいのか、人生の目指すものは何か、これを自分自身や自然に問いかけて答えを見つけながら生きています。
感想でまっすんが感極まって語ったことが印象的でした。本当に皆のために一生懸命働いていました。
これはすごい勉強と成長になったろうなと感じました。ビーチで、一人一人語り、飛行機で早く帰らなければいけないグループのために3台タクシーをまっすんは呼んであげていましたが、そこでも2台しか来てなくて、まっすんを慌てさせたのでした。

そうして人数が半分以下になったところで、また荷物を持って先ほどの、アトールエメラルドに戻りました。そこで、みな飲み物を注文し、荷物の整理をしたり、思いや下を買ったりと、夕方5時半ごろまで様々に過ごしました。

私は帰りは4人でタクシーを呼び、宮古島の空港を目指しました。バディーSさん、白川さん、私と、東京から参加の男性1人です。途中で68年ぶりのスーパームーンの話になりました。
夕方6時をちょっとすぎたころ、道の下の方にまっかになったスパームーンを見ることができました。空港で降りて、そこから見えるスーパームーンです。

CIMG0193.jpg

夜6時20分くらいのスーパームーン、
肉眼では大きく見えるのに、写真で撮るとあまりよく写らないのが残念ですが、波動の高い宮古島で出始めのスーパームーンを見られたことが、よき事象としてこことに残りました。

また、荷物を預けたのですが、私はちょうど600000番でした。こういうのも珍しいですし、何の事象かなと思います。

そして、ANA1730便、18:45分宮古島発、18:30分那覇空港着。乗り換えで、ANA1216便、那覇空港20:00発、福岡空港着21:40分着に、無事に帰路につきました。
そうして、地下鉄とバスで帰ったのですが、肌寒くかったです。雨が降った後のようで傘がいらなかったのは良かったです。家に帰る着いたのは11時を過ぎていました。
眠くて倒れそうでしたが、ぎりぎり荷物をほどき、洗濯機を回しました。これで濃くて充実したセミナーが無事に終了したのでした。


スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1468-55d89971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド