へちま襟コートだと自転車では防寒にならない    ブログ第736日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

今週の土日は、寒い寒いと天気予報で言われていたけれど、雪にならずに良かったです。しかし確かに風は、昨日から冷たかったです。

摩周湖と斜里岳その2

私の場合、マイカーは自転車ですが、こういう日には防寒着が大切です。
頭には、帽子をかぶり耳を寒さから保護しています。これによってもだいぶ違っていきます。
また、防寒着の丈の長さが10cm違うと、素材が温かくても、自転車では太ももに寒さが直撃し、寒さが全身をおそってきます。
そして、問題は首元です。日頃は、そうでもないのですが、寒い日だとへちま襟のコートは、暖かくありません。防寒着の機能としては今一つなのです。
でも単に、歩く場合だと、へちま襟の下にマフラーをすれば大丈夫ですが、私のように自転車だと、向かい風の冷気が胸元から入り込み、結局体全体が冷えてしまうのです。おしゃれなデザインであっても、風邪をひきそうなものでは、防寒着として役に立ちません。というわけで、今もっているロングコートは、失敗でした。

また、以前よりも年齢を重ねると、寒さの堪え方が違っています。前はもっと寒さに強かったような気がするのですが、ここのところ、冷えがダイレクトに響きます。というわけで、首元までしまるタイプのロング丈の防寒着を買いました。これはとても暖かいです。
だけど、今までのへちま襟のロングコートはどうするか?
あまり着てないのですが、去年クリーンングに出しており、ビニール袋そのままです。で、母に電話して、母に着てもらうようにしました。それほど着たわけでもなくクリー二ングにもだしており、十分着られるのですが、リサイクルショップにもっていっても、売れるかどうか微妙なところです。
といって、捨てるということもできません。箱に詰めて無料で送って、引き取ってくれるところの会社に送るより、まだ着てもらう方が、私にはうれしいです。母が着てくれるというので、さっそく宅配で送るようにしました。幸いに、今日の夜に集荷に来てくれます。
母からは、私が帰省できる時でいいと、言われたのですが、その時には暖かくなっており、それだとロングコートの意味はありません。それに、着ないものがワードロープに並んでいるのも、断捨離的にも運気にも良くありません。

最近、断捨離や、しなければいけないことは、マメに早めにするようにしています。そうするとちょっとだけいい感じになります。
今日もコートの断捨離ができたし、やるべき小さなことはやれたので、良かったです。

さあてと、明日からの仕事にそなえて、今日は早めに寝るようにします。

今回もお読み下さりましてありがとうございます。
健康であることに感謝して、あなたの健康を祈ります。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ

51Gm1VN7QFL.jpg

電子書籍  https://www.amazon.co.jp/dp/B01JG9CI5K





スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1523-43accb8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド