焼酎甲類を使ったカクテルセミナー in 豪華客船マリエラ号

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2018/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/08

CIMG1483.jpg

火曜日は、無事に、2件の郵便物を受け取ったヒュギエイアです。
タッチの差で宅配のお兄さんと行き違い、結局三度目の正直で注文品を受け取りました。ただ、もう1件の郵便物は、友達からのものと思っていたのが、自分がオーダーしたデビットカードだったです(苦笑)

そして、水曜日は、携帯に福岡市内の電話番号がありました。また、臨職の他の課からのオファーかなと思いました。ここのところ2件ほどあったのです。昼休みに電話をかけ直すと違っていました。なんと新聞社からでした。応募して落ちていたものが、キャンセルが出たとかで、繰り上げ当選になったのです。これも福岡市内に住んでいるから声がかかったのでしょう。

今日は、客船マリエラ号に乗っての焼酎甲類を使ったカクテルセミナー2018です。
しかも、夕方6時40分までに博多埠頭に来て下さいといいます。
私は、六本松バス停から乗ったままで行ける薬院駅から博多駅の大博通り周りのバスで行こうとしました。これは夕方5時50分発です。ただ、向こうの方のおすすめは、天神のソラリアステージ前からバスに乗ってくることです。そちらの方が断然近いといいます。

そうかと思いました。それで、仕事が終わりすぐに家に戻り、バスに乗って天神まではスムーズに行けました。夕方6時には天神につきました。だけど、ソラリアステージ前からの博多埠頭行きのバスは、18時30分です。しかも、そこから15分かかると電光掲示板に出ています。それで、タクシーで行くことにしました。博多第一ターミナルについて830円と思ったら、ストップしたところで880円になりました。まあ、でも、良しとしましょう。

埠頭自体には、あまり来ることないのですが、余裕の6時20分には、博多埠頭に到着しました。手続きして、7時からの乗船に備えます。

CIMG1484.jpg

マリエラ号です。
船内が、湾内の景色を見ながらのレストランになっています。

CIMG1485.jpg

テーブルがグループごとに私の席は、A8です。隣の女性とあいさつして色々話すと、その方のご主人が仕事で来れなくなったので、私が代わりに来れたことがわかりました。熊本から来られた方です。その方の息子さんは福岡に住んでおり、最初は息子さんが代わりにと参加しようということだったのですが、息子さんも仕事で来れなかったのです。

そ主催者から、「500名以上の応募があった中で、50名の当選です。6%の当確率なので、みなさん、持ってます」と言われ、そうかもと思いました。何だかんだでツイています。

司会者から今回のセミナーの協賛会社の社長の紹介とあいさつの後、講師の媚山達己(こびやま たつき)氏が紹介されました。
この方は、バーテンダーとして、ものすごい賞を色々取っており、雰囲気のある大人の男性です。凄腕バーテンダーという風格があります。
CIMG1493.jpg

まず焼酎の乙と甲の説明からです。知らないことばかりでとても興味深いです。
そして、媚山氏のデモンストレーションの後、最初の食前酒と、食中酒は、説明を聞いて皆で作りました。

CIMG1491.jpg

氷を4~5個入れた後、コップ3分の1以内の焼酎を入れ、そこで素早く10回かき混ぜます。ここにもちゃんとした理論があります。
焼酎の風味とアルコール度数を下げないためでした。そして、やさしくローズソーダをグラスに8割ほど入れます。タンブラーは、カクテルの中に静かに入れ、1回のみ、そうっと下からすくうだけです。何回もかき混ぜると苦みがでるのです。
そうして作ったカクテルは、今まで飲んだ中で一番おいしいカクテルになりました!

印象的なことは、レモンの絞り方です。
皮をむいてレモン絞り器に上から押さえるようにして最後には指で皮むきレモンを押して絞ります。そうするとまろやかです。皮がついたまま、まるで親の仇のようにねじって絞ると、レモンの苦みが出るのです。これはとても参考になり、これを知っただけでも来て良かったと思いました。そうやって上から押して絞った皮むきレモン汁は、とてもまろやかです。このことは、プロと言われる人たちも知らないことが多いといわれていました。恥ずかしながら、私も知りませんでした。

また、レモンの皮を少量入れる場合は、厚切りレモンを半分の皮を取り、指でねじってカクテルのそうっと入れると香りが立ちます。そのちょっとした入れ方の違いが、味に歴然として違いをもたらしてくるのです。

また料理もおいしかったです。

CIMG1487.jpg

生タコのカルパッチョ 梅肉ソース
シャキシャキポテトのからし風味添え

CIMG1495.jpg

次の食中カクテルは、焼酎 トニックウォーター ブルーキュラソー ライム12分の1カット

これも氷と、焼酎の混ぜ合わせ方と、何でもやさしく注ぐことで、味が格段に違ってきます。とてもまろやかでおいしく苦みのないカクテルでした。ハッキリ言って今ままで飲んだことのないおいしさです。なるほど、ちょっとしたコツがあるのだとわかりました。そして、料理にもかなり応用できることなのだと思いました。

これも氷と焼酎は、入れて30回ほどかき回しましたが、他のものを入れてからは、全体として1回下からそうおっとタンブラーで動かすだけでした。
また、氷が、製氷機が作られてるようになり、レストランやバーで使われるようになってから100年ほどで、バーテンダーの中には、氷とお酒の関係がよくわかってない人が多いということ。

またストローの話になりました。なぜ、アメリカでは2本ストローをさして飲み物に出てきます。これは昔ワラでストローがでてきた名残です。また、。缶ビールもストローで飲んだ方が美味しいということ。舌先でのビールの味わいが、直接舌の真ん中にくるためであるということです。これはみな、え~と意外さに驚いていました。

また、アメリカとイギリスのハイボールの由来の説の違いの話も面白かったです。

そして、お得知識として。
京都などの観光都市に行って、本当に美味しいお店に行こうとしたら、10年以上ちゃんと営業しているバーに行き、そこのバーテンダーに教えてもらうと本当に美味しいお店を教えてくれるということです。なぜなら、バーというのはいろいろな人が集まってきて、ものすごく生身の情報が入ってくるからです。会社などの情報は自分のところに優位なことを載せているから、なぜ、このお店がこんな値段を取るのだということもあるといいます。

あま、外国人などは、その点、フェイスブックやツイッターで生身の人間の情報から仕入れてくるので、かえって彼らの方がおいしい店を知っている場合もあるということです。
なるほど~とこの点も目から鱗でした。

CIMG1497.jpg

ハモのすり身が入ったシンガポール風スープ

CIMG1498.jpg

パン

CIMG1501.jpg

チキンのソテー カレー仕立て べトナム風

CIMG1499.jpg

ナン

料理も本当に美味しいです。船が時々揺れますが、これは酔っているのか揺れているのかわからないねと隣の女性と話しました。

CIMG1500_201805232359305a9.jpg

フローズンのゆずリキュールのカクテル(焼酎、ゆずリキュール ポカリスエットをフローズンにして)
これは教師側が作りました。

CIMG1502.jpg

フローズンのパッションフルーウリキュール(焼酎 パッションフルーツリキュール オレンジジュース グフス)

これも講師側の作ってきたカクテルで、これもやさしい味わいです。酔っていても悪酔いしないお酒です。
バーテンダーの腕の違いというのは、確かにあるんだ~と実感しました。

ここから20分ほど、夜景を見ての休憩タイムです。3階に行き、マリエラから夜景を楽しみました。ただ、残念なことに、デジカメではよく映りません。

CIMG1515.jpg

CIMG1505.jpg

その間に大抽選会の準備と、デザートとコーヒーの準備がされていました。

CIMG1517.jpg

玄米抹茶ムース 白ゴマのジェラート

CIMG1520.jpg

コーヒー

残念でしたが、大抽選会では何も当たりませんでした。かなり豪華な景品が出ていたのです。ここで豪華景品が当たった人は、どこまでも持っている人です!
それでも、テーブルの上にあった、カクテルを作るための使いかけの焼酎類は、希望者が持って帰ってよいということで、私は焼酎甲類をもらいました。

そして、あっとういう間にセミナーの時間は終わり、船は博多ふ頭に到着しました。
とても満足しました。

帰りにテーブル隣の女性と一緒になり、天神までバスで一緒に帰りました。
「もしかしたら、またどこかでお会いするかもしれませんね」、と互いに言って別れました。その方が「あなたが一緒でよかった」と数回言ってくれたのが嬉しかったです。そして、その女性は今夜は、福岡市に住む息子さんのところに泊まるそうです。一期一会です。
今回は、料理のコツや、お酒を飲んで悪酔いしない体験をした貴重でラッキーなセミナーでした。

サムハラ文字

写真)サムハラの神代文字

神代文字ですが、この文字を印刷して持ち歩くだけでも効果があるといわれています。
よかったら試されてみて下さい。

81b50493-s.jpg

1381390675105ローフード

ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

お申し込みはこちらから

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

クリックするだけで無料メルマガ登録できます。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ
51Gm1VN7QFL.jpg

電子書籍  https://www.amazon.co.jp/dp/B01JG9CI5K



スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1885-0652323d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド