FC2ブログ

貯金力アップ! マネーセミナーに参加してきました。

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

6月16日(日)は、新聞社が主催した
「貯金力アップ! マネーセミナー
講師は、ファイナンシャルプランナー 藤本ゆう子先生のセミナー」に参加しました。

藤本ゆう子
 藤本 ゆう子 先生

天神で開かれたものは、13時半から15時半の2時間でした。

スライドと自身の経験からの話は、説得力がありとてもわかりやすいです。
ちょっとシェアすると
・お金は目標を持ってためること、
・いつまでにいくらかかるかを把握すること
短期、中期。長期の3つの財布を作ることが
が大切です。
ライフイベントシートを作り、
自分の年齢や、子供たちの年齢、子供たちが中学入学など撮った時に、お金がいくらかかるかを表にしておくと、ぶれないのです。
すごいところは、住みながら、双六のように、住まいのグレードが上がっていったこと。面白かったです。

保険についての選び方も良かったです。
約40社の保険会社がありますが、その中で1,500~2,000くらいの保険商品が出てきます。
しかし、保険商品の大まかなパターンは3つです。
例として30歳から60歳まで1000万円の保険があるとします。

①定期保険
これはある年齢から何例までの保証するもの、いわゆる掛け捨てと言われるものです。
1千万円の保険だったとして、これは30歳から50歳までの期間内に亡くなると、1千万円が受け取人に入るけれど、60歳以降だと入りません。といってもかけた本人ではなく、受け取りに入ることは言うまでもおありません。

②養老保険
生死混合保険ともいわれます。これも30歳から60歳まで1000万円おものとして、年をとるについれて、だんだん、死亡した時の金額が減っていきます。ただ、60歳を過ぎてくると、利子をつけて戻ってきます。だけど、これには、医療はつけない方がいいです。

③終身保険
 こえはそのまま死ぬまでです。30歳から入ったとして、60歳を過ぎても大丈夫です。これに特約保険をつけていた方がいいのです。めったにならない重篤な病気になっても医療保障を充実させておくと、安心ということです。

他にもいろいろあったのですが、一番なことは、お金を貯めるということは、決めて何かしら行動した方がいいのです。金融商品を探す。とか少しでも銀行口座で引き落としを始めるとかです。

そして、アンケートのあとは、希望者に個別面談をしてくれるということで、翌日、日曜日の午前中にお願いしました。一番目でした。

また、セミナーのあった土曜日は、偶然にも友達も参加していました。その後、久々に友達と、ゆっくり2時くらい話せて良かったです。

そして、今日、日曜日に、事務所に、お伺いしました。そして、気になっている、リバースモーゲージのことを尋ねました。
なんだかんだ言っても、借りた利息がかかってくるので、売るなら、きっぱり売った方がいいみたいです。といっても別に家を売るということではなく、知識としてしっかり持っていることが気持ちを安定させるのだなと思いました。

本当に、参加して良かったマネーセミナーでした。

今回もお読み下さりましてありがとうございます。

サムハラ文字

写真)サムハラの神代文字

神代文字ですが、この文字を印刷して持ち歩くだけでも効果があるといわれています。
よかったら試されてみて下さい。

フリー写真 仲良しな羊としか

1381390675105ローフード

ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

お申し込みはこちらから

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

クリックするだけで無料メルマガ登録できます。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ
51Gm1VN7QFL.jpg

電子書籍  https://www.amazon.co.jp/dp/B01JG9CI5K




スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1891-81136c05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド