数十年に一度の大雨で思うこと

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2018/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/08

7月に入って台風7号が過ぎたと思ったら、今度は数十年に一度の大雨です。

201753玄海国定公園の海

今週に実家に帰省しており、大雨の時には、避難勧告が何度も携帯に入りました。各地区からの分がそれぞれ入るのです。
マイクによる避難勧告の放送も1日に何度かありました。メールの避難勧告の文には、お水と、食料と、寝具を持って来て下さいと書いています。確かに、一度に大勢の人たちが、小学校や公民館に避難しに集まっても、寝具が準備されているわけでもなく、それは仕方がないかなと思います。でも、現実問題として、お年寄りだと、そういうものを準備して、大雨や台風の中を避難しに行く方が大変ですし危ないです。

テレビでは避難途中で遭難した人や、交通機関ストップの様子が次々に映し出されていました。
うちは住宅街にあるので、山や河川からは離れています。家でじっとしているのが一番安全ということで、家にいました。母は、仲良しの一人暮らしのおばさんに気遣う電話をしていました。足が悪いのです。遠くに住む子ども達(息子と娘)と電話で話していても、やっぱり近所の人のそういう電話は、勇気を与えるようです。

また、近所の一人暮らしのおばさんから電話がありました。
その人曰く、「〇〇さん(その人の裏側に住む夫婦の奥さん)から、一人暮らしだらから大丈夫かなという電話があって嬉しかったので、あんたにもかけた」ということでした。
母も、その人に電話しようとしていたのですが、日頃は電話が嫌いと言って、立ち話はしても電話で世間話をすることがないので、ためらっていました。でも、そのおばさんから、そういう電話をもらって母も喜んでおり、夜に、母が電話したおばさんからかかってきた電話にそのことを話していました。

みな老人の一人暮らしで車の運転はできません。だからこそ、こういう時に、気遣いの電話が嬉しいのです。
お年寄りは足が悪い人が多く、避難場所に行くことは、現実的に難しいのです。だから、今回のような場合は、地理的と家屋に問題がなければ、年老いた人たちは家にいた方が安全です。今回は、私が帰省していたので、気分的に母には安心感を与えていたのです。

とはいえ、地震や地盤沈下が起こったりしたら、やっぱり避難所に行くしかないでしょう。夏でも冷たくて固い体育館の床にプライバシーもなく生活するということは、体にダメージを与えそうです。それでも、マイ布団を抱えていけるかというと微妙です。寝具は、キャンプ用の寝袋を買っておかないと、布団セットは無理だなと感じました。

それと、日頃から避難に慣れるようキャンプのような体験型の練習をしておかないと、いざという時には、どうしたらいいかわかりません。とはいえ、心配や不安を抱えてそういう練習をするのではなく、新しい経験をつむ感覚で取り組んでいけたらいいかもしれないと思った大雨の日でした。

サムハラ文字

写真)サムハラの神代文字

神代文字ですが、この文字を印刷して持ち歩くだけでも効果があるといわれています。
よかったら試されてみて下さい。

フリー写真 ビジュー1

1381390675105ローフード

ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

お申し込みはこちらから

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

クリックするだけで無料メルマガ登録できます。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ
51Gm1VN7QFL.jpg

電子書籍  https://www.amazon.co.jp/dp/B01JG9CI5K




スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/1897-a40cbf44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド