NHKあさイチ「酵素の実力」の内容について

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

futta1310m.jpg
酵素とは何ですか?と尋ねられると簡単に説明するのが難しいです。
ざっくり言えば物質、分子 または一種の栄養素といえばいいのかもしれません。私たちの身体の中には潜在酵素として消化酵素と代謝酵素があります。そして食べ物自体も食物酵素を持っています。
それらがうまく働いていればいいのですが、暴飲暴食すると消化酵素が多く必要になります。そして足りない分は代謝酵素から使われるのです。これを分りやすく説明しているのが次のものです。
http://www.pika831.com/zixyouhoupezi/kousonohanasi/01/

その酵素について先日HNKで特集があり多くの人がそれを見て誤解をするかもしれないと、私が所属する協会から下記の内容が送られてきましたので転載します。

NHKあさイチ「酵素の実力」の内容について">NHKあさイチ「酵素の実力」の内容について

鶴見酵素栄養学協会 (2012年4月27日 16:04)
今回4月23日朝にNHKで「あさイチ」という番組の中で「酵素の実力」という酵素に関する特集が放映されました。しかし、ここで放映された酵素に関する内容は極めて誤解を招く、或いは間違っている内容であるために、我々鶴見酵素栄養学協会(蘇生会)としましては異議を唱えざるをえなくなりました。
そこで、その放映された内容を記し、そのどこが我々鶴見酵素栄養学協会側の見解と違うのかを検証し酵素の本当の姿を示し、皆様に真実を知って頂きたいと思います。
なお、我々鶴見酵素栄養学協会(蘇生会)の見解とは我々個人の見解ではなく、現在世界的に支持され、アメリカの大学でも採用されているエドワード・ハウエル博士が提称した「酵素栄養学」がベースの見解であることをお断りしておきます

☆「酵素の実力」という番組で愛知学院大学教授 大澤俊彦氏という方が述べた内容はおおむねつぎのようなことです。

『酵素は30~60℃まで活性化し70℃以上で働かなくなる。それ故、少し加熱(70℃)した方が良い。一度低温で蒸し、ゆっくりと70℃以下の調理が良い。朝、ジュースだけというのは、ビタミン、ミネラルは摂れるからお薦めだが、酵素を摂るといったことから考えると意味がない。胃酸で酵素は失活する。pH3以下で、プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)は失活(働きを失う)した。酵素もタンパク質だから、胃酸で分解してしまう。生の食材(ジュースなど)を摂っても胃で働かないから生で摂らなくても良い。胃に入るまでが勝負なのだ。酵素は下ごしらえをしっかりすることが肝心。下ごしらえが、人間がやらなくてはならないこと(分解)を事前にしてくれる。これらはキウイのプロテアーゼを調べた結果、判断した。また、ジューサーは、低速も高速も大差はない。』

《鶴見酵素栄養学協会の見解》
まず、この特集の最も誤解を招きそうなところは、このキウイフルーツのプロテアーゼが70℃まで生きている活性を示し70℃を境に失活するという箇所です。これは、キウイフルーツのもつある種のプロテアーゼで実験しているのですが、この実験はあくまで特殊だと思われます。確かにこの実験のように70℃まで生きていて活性を示すプロテアーゼもいることでしょう。しかし、一般的にはかような例は稀です。普通は48℃で2時間、50℃で20分、53℃で20秒で失活することが判っています。その根拠は極めて多くのアメリカやヨーロッパでの実験で証明されています。このキウイフルーツのプロテアーゼは70℃まで生きることが出来た特殊な例にしか過ぎません。酵素の種類は体内には3000種類と言われていましたが、2005年頃から20000種類以上存在することが言われるようになりました(アメリカ ヒューストンのトランスフォーメーション発)。またプロテアーゼも9000種類以上体内に存在するということも言われるようになりました。それ故、どのプロテアーゼを使って実験したかで、失活する温度に違いが出てくるのは当然です。問題はこの特殊なプロテアーゼ(70℃まで失活しない)を使ってあたかも「酵素は何でも70℃まで失活しない」として酵素の代表のようにテレビ(それもNHK)で発表した事です。テレビでは48℃で失活するのは間違いと報道されましたが、それこそ間違いなのです。
キウイ~1

 テレビで放映された酵素の活性温度は上図のようです。しかし、ここにも書かれてはいますが、これはあくまでキウイフルーツのある種のプロテアーゼの働きでしか過ぎません。これをもってして「酵素は全てこうだ」などということは全くできません。むしろこんな例は大変特殊なのです。もちろん逆に全てが48~53℃で失活するということもありません。このように70℃まで大丈夫な酵素もいるのです。
でも、絶対的に言えることは「すべてが70℃で失活するわけではなくむしろ特殊」だということです。ここで一般に示されている資料を提示します。

(ヒュギエイア注:ここの部分が転載できませんでしたのでURLでご覧ください)

東コネチカット州立大Dr.Ross Koning からの資料がこの図です。この図にあるOptimumとは最適温度ということ。
この40℃を過ぎると酵素はどんどん失活していき47~48℃近くでもう働かないという失活状態データーがこの図です。そしてこういうデーターがこの他に極めて多数出ています。


(ヒュギエイア注:ここの部分が転載できませんでしたのでURLでご覧ください)


☆次に問題なのは『酵素はpH3以下の胃酸で失活する。だから酵素として生のものを食べる意味はない酵素は食べる前に下ごしらえとしての役割しかない。また酵素はタンパク質だから胃酸で分解してしまう』ということ。

《鶴見酵素栄養学協会の見解》
この話は全く酵素のことが判ってない見方です。この酵素は次のことが正解です

1.胃酸で失活するようにみえる酵素もあるが、そういった酵素は腸に入り腸のpH6,5で再び蘇えり腸で酵素として働く。

2.胃酸で死なないで、胃酸で働く酵素も多々ある
胃内での酵素の安定性に関しては次の図3~図11で示しましたが、かように胃酸で活性化する酵素も多いいのです。つまりNHKの大澤氏の見解の『胃酸で失活。だから酵素は外から摂っても意味がない』というのは全くの間違いなのです。

(ヒュギエイア注:ここの部分が転載できませんでしたのでURLでご覧ください)


もし、胃酸で失活して酵素を外から摂っても意味がないとしたら、では野生動物は何故「生食」オンリーなのでしょうか?酵素は生のものにしか存在しないのですから野生の動物は限りなく酵素食なのです。
胃に入って酵素が働くから野生の動物は生食オンリーなのです。よしんば胃酸で失活するように見えても、ほとんどは腸に入り復活して活動するのです。このことは1985年エドワード・ハウエル博士がEnzyme Nutritionで発表して明らかになりました。それ以来このように『酵素は胃酸で失活するから外から摂っても無意味』と言う人はいなくなりました。しかし、もう27年も経ってこの昔の間違った論旨をテレビで発表し放映するとは呆れて物も言えません。

☆次に『酵素はタンパク質だから胃酸で分解してしまう』について。
《鶴見酵素栄養学協会の見解》
これはかなり昔に決着のついた話です。酵素は「タンパク質という殻に包まれた生命力のある媒介物」であり酵素=タンパク質ではありません。タンパク質には酵素の入っているものもあるが、おおむね入っていないものがほとんどです。タンパクという鎧をまとわないと行動できないためタンパク質という殻に身を入れているだけでしか過ぎません。それにしても「胃中の胃酸でタンパクである酵素が分解してしまう」などと言った人は酵素栄養学の歴史の中でもいないのではないでしょうか?酵素はタンパク質では全くない独自の媒介物質なことはこの50年の酵素栄養学の研究で明らかになっています。


☆次に『ジューサーは低速も高速も関係ない』について
《鶴見酵素栄養学協会の見解》
食物は何でもそうですが、すりおろしたりするとすぐ酸化が始まります。すりおろした後、酸化を見る指標の過酸化物価を見ればわかりますそして高速でのすりおろしは摩擦熱がかかります。高速になればなる程酸化がしやすくなるのは過酸化物価で測れば一目瞭然です。その酸化をさせたくないためにお蕎麦をひく時は極めて低速の石臼を使うのです。高速でひくと風味が失われ、大変まずくなるのは酸化するからです。ジューサーでも同様です。高速ではやはり摩擦熱が高くなり酸化しやすいのです。だから石臼原理の低速ジューサーの方が酸化しにくく体にはベターとなり良いのです。
天下のNHKが放送したことで、多くの人達が間違って信じてしまったら大変な罪な話です。
これを聞いて「酵素は外から摂らなくていいんだ」とか「酵素は下ごしらえしか意味がないんだ」などと思った人が多々いるかもしれません。
それを信じて生の物を摂らない人も出て来かねません。そこで、酵素は抗酸化な食物の代表です。それ故、生を摂らないということは病気に結び付くと言えます。あえて我々鶴見酵素栄養学協会としましては、かような反論を展開させて頂きました。どうかこれを見、読んで、真実を知って頂きたいと願わずにはいられません。


                                        2012,4,26


ヒュギエイアです。
新鮮な果物や生野菜を多くとることで酵素が体にみなぎります。
またお通じがよくなります。
食べ過ぎると老化に繋がるのはこの酵素を大量に使うからです。
小食や断食をする人が若返るといわれるのは、酵素を無駄使いしないからだと思います。
暴飲暴食をつつしみ、新鮮な果物や生野菜を多くとって下さい。

今回もお読み下さりありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

somachito_newsankin_L.jpg 乳酸菌ソマチット2ℓ 6,300円

乳酸菌ソマチット 乳酸菌とソマチットが一緒になったもの

somachito_L.jpg 液体ソマチット 2ℓ 5,250円(税込)

安心食市は、酵素をたっぷり入っている食品を取り揃えております。
安心食市 http://ansin-shokuiti.ocnk.net/
もよろしくお願いします。

ポチッとクリックお願いします。

スポンサーサイト
この記事へのコメント
野生動物は生食のみなのは、貴重な酵素を摂るためとありますが、人間以外の動物は加熱などの調理をすることができないので当たり前なのではないでしょうか。
また、失活するしないに関わらず酵素を摂るという行為自体ナンセンスです。なぜなら、体内酵素を経口摂取で補うことは不可能ですし、体外消化酵素を補うためなら胃腸薬を飲むのが一番手っ取り早いです。
2016/07/06(水) 00:01 | URL | #-[ 編集]
上記のコメントに全く同感です。
20000もの酵素があると説明しておきながら、酵素をひとくくりにして説明している時点でナンセンス。
ジューサーで酸化もナンセンス。
そもそも、蕎麦を石臼で挽くのは、摩擦熱で風味が飛ぶのを避けるためであって、酸化云々は無関係。
散々酸化を引き合いに出してるのに、ジューサーとスロージューサーで酸化度合いを比較したデータが一切ないのも、差が無いため。
そもそも、わずかなエネルギーしか加えていないのに発熱するだの、
発熱したところで、微々たる差なのに、酸化が進むだの、
ありえない主張が一番ナンセンス。
2016/09/06(火) 22:15 | URL | #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/473-059071af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド