銀行の相続セミナーに参加してきました   ブログ第152日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

今日は、博多区で開かれた銀行の相続セミナーに母と参加してきたヒュギエイアです。
母が、バスに乗って天神まで来るので、郵便局で待ち合わせしました。
母は家から自宅で採れたレモンとほうれん草とピーマンを持ってきてくれました。結構重いです。

それから大丸に行き、そこでランチでお蕎麦を食べた後、お腹いっぱいになったので、博多座まで歩いて行きます。
会場に着くと大きく広い会議室に2名ごとの資料とペットボトルの水が置いてある長テーブルが3列、ずらっと並んでいました。前の方から座って下さいと追われ座りました。

また、参加者には、ボーイさんがカップに注いてまわるコーヒーがふるまわれており、眠くならないのでよかったと思いました。
そして時間が来て、来年、27年度から新しく変わる相続税についての、講師の税理士の話がありました。
正面前方の画面にスライド資料を見せながらですが、これからあと、1か月で今まで無税だったところにも相続税が、かかるようになってきており、相続手続きが面倒になったことがよくわかりました。

どんな家庭でももめる要素があるのが相続。
きちんといろいろなことを決めておかないといけないんだなと感じました。

そして参加者の男性(推定60代後半くらい)からの質問があり、みな耳をそばだてました。
「タンス預金で、まごにお年玉としてお金を渡しているが、それも使い方を書かないとダメだろうか?渡してしまったら、孫が何に使うかわからないし」と言っていました。
講師の男性は、
「まあお年玉はですね。」
と言いかけていたら、くだんの男性が
「いや、孫は未成年だけど、何百万とお年玉であげたんで。自分では使うことないし」
えっ、と耳を疑いました。
お年玉で何百万

そして母と
「ふつうのお年玉はその100分の1くらいでしょ」「持ってる人は持ってるね」と言い合っていました。
まあ、その孫羨ましいですが(笑)

でも長引きそうなだったので「講師はこの時間が終わったら、個人的に話に来て下さい」と言っていました。
まったくの赤の他人だけど、その孫の金銭感覚はズレたりしないだろうか?急に宝くじがあたって大金が入った人が、ほとんど人生破滅している話を読んでいるので、いろいろ考えてしまいました。
しかし、この人の質問もなんだかな~。
公の立場だと、税理士の人も建前論しか言えないでしょうに(笑)

そのあとは、生命保険会社の女性講師の話です。
この人の場合は、スライドで、いろんな遺産相続ケースを見せてあり、もわかりやすい事例が満載でした。

例えば夫婦2人。ご主人は医師。子供は息子1人と娘2人。
そうしてご主人が死亡。
残された財産で、息子が医院と土地を相続、娘2人は現金で遺産をもらう。

という話ですが、息子さんが後日、高額な相続税を払うのに現金がなくて大変困ったという話をしました。
この場合、この息子さんは金融機関からお金を借りて高額な相続税を払って解決したと言うことですが、相続税の金額も含めて土地、建物の相続は考えないといけない、ということです。

そのあと、生命保険だと受取人名義を書き換えるだけで、相続ができるからいいということを言っていました。

ここらあたりは、ふ~ん、そうかと思うしかありません。
生命保険も多種多様にあるので、どういうものがいいかは、やっぱり自分で勉強しないと、的外れなものになりそうです。

そして、資料にあった銀行のエンディングノートである引き継ぎノートについての説明です。
これに、遺言やら銀行の資産、医療・介護、貢献、相続、葬式、供養について書き込むようになっています。

私もこれに書き込んでみようかと思います。

ふと、十数年以上も前、よく通っていた喫茶店で、子持ちのおじさんと初婚で結婚した女性の話を思い出しました。
彼女は美容師として長年働いてきたのですが、脳溢血で倒れてそのあと、遺言書を書いたそうです。
「その時に、一緒に暮らしている連れ子をとてもかわいがっており、その子も自分に懐いていたのに、でも自分の財産を残そうとしたのは、血のつながったほとんど会うことない甥っ子にしか残すことしか浮かばなかった。」
「血とはうらめしいもんだなと思った」
と言っていたことを思い出しました。
その時には、若かったし、そういうものなのか~と全く他人事で聞いていました。

とにもかくにも、人は生きるのも死ぬのも自分一人では無理なんだと思った相続セミナーでした。

今回もお読みいただきありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

健康になる貢献ができる、ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

1381390675105ローフード

 驚きの美肌になる3日間酵素ジュース断食のご案内

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/925-989f6c24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド