またジムのスタッフが辞める    ブログ第155日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー
久しぶりにジムに行き筋トレしました。
おしらせの壁に、ジムのスタッフの退職のお知らせが貼っており、水泳やジムのコーチの退職挨拶が載っていました。
最近会った時には何も言ってなかった、筋トレのインストラクターが、今年いっぱいで退職するということです。

先月に引き続き、今月も正社員のジムのコーチが退職しようとしています。辞めようとしているのは、今年30歳の男性コーチです。今日、そのコーチと会ったので、話を聞いたら、辞めて県外の実家に帰るということ、あと何をするかまだ何も決めてない、まず1月2月はゆっくりする、ということです。

そうなんだと思いました。この人のレッスン講座に、時間が合わず、ほとんど入ることなかったのですが、こういう仕事は若い時でないと難しいのでしょう。ジムのインストラクター(コーチ)が、年をとってできないか、と言えば、できないわけではありません。きちんと節制をしていたら男性だったら50代前半まで体は動かせるでしょう。ただ、こういったジムのインストラクターは、やっぱりアイドル的な要素を求められるでしょうし、若い方がお客さんが入り易いというのはあるでしょう。また、たとえ学生のバイトでも若いジムのコーチはやっぱり体が動くし、ものごとを頼みやすい、というのもあると思います。

しかし、ジムでコーチをしていたことも、いい経験になるだろうし、その仕事を楽しいと感じているなら、いいことだと思います。
一生続けられないから意味がないのではなく、若い一時期しかできなくても、自分がその期間、精一杯やることをやり、楽しい充実した時間を過ごせたなら、それはそれで意味のあることでしょう。

今度、辞める男性コーチは、新しい道で違う価値のあるものに出会うでしょうし、今までの仕事の経験を踏まえてよりよいものしてゆけるでしょう。

人は、いつも一期一会を生きています。

私も、今の仕事をあと何十年もやれるのか、と言われれば、やっぱりそれは無理でしょう。正直なところ、あと10年かなと思っています。もちろん、それは今そう思うことで、その時になったら、イヤ全然、平気!と思うかもしれません。
また、やり方を変えたり、工夫すればできないことはないでしょうが、そこまで無理してやろうと思う気力が、なくなっているかもしれません。

現実的な目線で物事を考えるなら、10年を目途に!というのが妥当なところだろうし、それを計画して行動していこうと思います。

人の仕事の段階は大きく3段階で

1)成長・発展させること

2)誰か後継者を作って引き継いでもらうようにすること

3)そこから引退して静かに見守るか、徹底して黒子・影に徹して後継者の支援する

かなと思っています。

永久な拡大路線はナシ、というのは企業も人も同じです。いつかは衰退期や終りの時期がある、ということです。
ただ私は、現在の仕事においては成長・発展の時期です。もちろん、ある程度になったら、自分がやってきたことを誰かに引き継いでもらいたい、とか引き継いでいってもらえる価値あるものにしておきたい、というのはあります。今は、とにかく、現在歩いている道を、さらに歩んでいくだけです。

そして、ともに手を携えていける生徒さんと出会うことを楽しみにしていきます。

今回もお読みいただきありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

ともに成長し健康貢献のできる、ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

 驚きの美肌になる3日間酵素ジュース断食のご案内

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ





スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/930-17657783
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド