今日、福岡に戻ってきました。  ブログ第177日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー
今日、福岡に戻ってきました。
社会人になってから、いや、子供のころから、年末年始の過ごし方は同じです。海外で過ごしたりや、外のライブを聞いてカウントダウンということはありません。

もうすぐ新年になるという夜の時間に、家族そろってお寺に鐘をつきに行き、それから、その近くの神社に新年のお参りに行く、というパターンです。
お寺では一般の人は、鐘は夜12時ちょうど、つまり新年になってからつくのです。その前に、お寺の人が除夜の鐘をついています。1月1日は人が多く、初詣から帰ってきたら1時間以上はたっています。お参りする人が多い時には2時間近くなることもあります。今年は大晦日から元旦と一月二日までは、粉雪が舞い寒さが強かったせいか、いつもより神社の参拝者は少なかったのです。

今年はお寺の鐘をつく順番が私は、108番でした。これは煩悩の数を表す最後の数字で、いいのか悪いのか、ちょっとわからないのですが、私達家族の前にいた、友達と一緒だった中学生か高校生と思しき男の子が、「自分は108番をとりたい」と言って、私達の前にいたところから友達と一緒に移動して、私のすぐ後ろに並びました。私は「お兄ちゃん、何か(状況判断が)甘い気がするよ」と思ったのですが、口に出しては言いませんでした(^^;)なんせ、たまたま列が並んであったからその最終地点に、私達家族が並んだにすぎないし、それは単なる予感だったからです。

そして、鐘をついた順番にもらう紙に書かれていた番号は、私が108番。

CIMG8051.jpg

それは鐘をついた後からだったので、その男の子に変わってあげることはありませんでした。別に私はそういう番号に全然こだわりなかったので、私が108番と最初からわかっていれば、順番を変わってあげても良かったのですがね。

109番の番号札を、ボーゼンと見ていた男の子。ちょっとだけ可哀そうに思いました。
まあ、考えようによっては、煩悩が終わった最初の数だから、それもまた善しだと思うのですが、まあ、この男の子もこれを機に、物事の詰めを、もうちょっときちっと見定めるようにして生きていくことでしょうから、それもまた善しでしょう。

そこはまた鐘をついた後、箱の中でくじをひけます。他にも、お神酒や甘酒、おでんも大なべに作って、お寺に来た人たちにふるまっています。毎年のことですが、なんとも太っ腹で親切なお寺です。こういう寺はどんどん栄えていくように思います。しかも空くじナシなのです。当たったものは、私と甥っ子が小餅、母と義弟は果物の缶詰、妹は軽くてふわっとした、青い模様のあるひざかけでした。妹はさっそく息子にそれをあげます。母心です。

CIMG8050.jpg

そして、神社ではお参りをした後、これも毎年恒例にしている景品付きおみくじを引いたのです。だいたいそこでは、いつも竹のお箸か、いいところ竹のしゃもじばっかりだったのに、今年は小ぶりの熊手のお守りが当たりました(^^)

CIMG8049.jpg

そして元旦。お節料理を食べたあと、家族で行った多賀神社でも、お参りのあと、私は、景品付きのくじをひくのです。これも毎年、私だけの恒例です。ここでは「ひつじの置物」が当たりました。まあ、なんというか今年は、縁起物が、まさに縁起物っぽい感じだなと思いました。

という感じで始まった今年の仕事始めです。今日から、やるべきことをやって今年も精進していきます。

今回もお読みいただきありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

ともに成長し健康貢献のできる、ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

 驚きの美肌になる3日間酵素ジュース断食のご案内

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ


スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/955-7dde421a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド