冷え症に効くお風呂の入り方  ブログ第201日目

私が経験から得たおいしい食と健康と開運になる情報を紹介してます。また福岡市内で料理教室 「健康ごはん。」をしています。092-707-0173 info@ansin-shokuiti.net  叡知の館(えいちのやかた) リンクフリー

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

実家でテレビを見ていたら、冷え症に効くお風呂の入り方をやっていました。

http://sayakoaneko.xsrv.jp/archives/1361

参考になるのでメモとして書いておきます。

まずお風呂の温度は、40℃くらいがいいということです。
それ以上のお湯は、頭の交感神経が活発になりすぎて、全身の神経が興奮したりするようになります。そしてリラックスの副交感神経とがうまく切り替われなくなるのです。

体では血管の拡張と収縮を繰り返しています。熱いお風呂に長時間つかると、交感神経を優位にさせて血管を収縮させてそれが冷えにつながるそうです。

高い温度の入浴で一度自律神経が乱れると、なかなか元に戻りにくく、慢性的な乱れが冷え性悪化につながるといいます。

湯船につかるのは全体で15分まで。かけ湯をした後、首までつかるのを5分としたら、あとは胸のところまで出してお湯につかるのが10分くらいの。首までつかる 1: 上半身出してつかる 2 の割合でお湯に入ります。

そして、意外なことに塩分の多い温泉が、冷えに効くということでした。テレビでは、1週間くらい地元の塩化物泉に毎日、お風呂の入り方を守って入浴した、ものすごく冷え症の主婦が、1週間くらいで冷え症が治っていたことは驚きでした。

そうだったのかと思いました。
私はお風呂は好きですが、あまり長く使っているとのぼせるので、5分くらいしか湯船につかることができませんでした。これは良かったのです。
ただ冬は寒いのでお湯の温度を42℃にしていたのですが、今度から40℃にしようと思います。
といってもお湯がたまってもすぐに入ることなく、何だかんだしていたので、入る時には、40℃くらいになっていたのでしょう。それでもそっちの方が、冷え症にとっていいということがわかり、知らなかったとはいえ、運が良かったのだと感じました。

また、今日から貼るカイロを使うのは止めました。確かにこれは心地よくくせになるのですが、よっぽど寒い外気に出ていかない限り、ずっと暖かいカイロを貼りつけたままにするのも、どうなんだろうかと思ったのです。

今日は、比較的暖かいです。

寒さは人の気持ちを萎縮させ、不安や心細さを強く感じさせるようになります。それが長時間続くと、人は肉体的にも精神的にも弱ってくるので、早めに対策を立てた方が賢明かと思います。

今回もお読みいただきありがとうございます。
健康であることに感謝してあなたの健康を祈ります。

500ピクセル 261116 ロースムージーアート

ロースムージー1級講座に関して

お申込み・お問合せはこちらからどうぞ

1381390675105ローフード

ともに成長し健康貢献のできる、ローフードマイスター講座を学んでみませんか?

お申し込みはこちらから

 驚きの美肌になる3日間酵素ジュース断食のご案内

● 私が教えるローフードのレッスン(基本編)についての説明と料金の案内です。

● ローフードでデトックス!食べるほど、若く美しく健康になるヒミツ




スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/tb.php/982-79c3d63c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド